現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2022年1月 > 学生が震災を学び、発信するイベント「1.17→」(イッテンイチナナカラ)を神戸・三宮センター街で実施します!

更新日:2022年1月7日

学生が震災を学び、発信するイベント「1.17→」(イッテンイチナナカラ)を神戸・三宮センター街で実施します!

ここから本文です。

イッテンイチナナカラのロゴ

記者資料提供(令和4年1月7日)
令和元年度より、阪神・淡路大震災を経験していない世代である大学生が中心となり、震災について学び、感じたことを発信するプロジェクト「1.17→」を実施しています。 
今年度は、神戸耐震検定や防災ワークショップ、レスキューロボットの展示などのイベントを神戸・三宮センター街1丁目で開催します。すべて無料ですので、ぜひ体験しに来てください!また、1月17日(月曜)には、「共助DXカフェ」も同時開催します。

・主催:神戸市 ・共催:(一財)神戸すまいまちづくり公社
・協力:神戸・三宮センター街1丁目商店街振興組合

日時

令和4年1月16日(日曜)、17日(月曜)11時から16時

場所

神戸・三宮センター街1丁目 西側(京町筋から生田筋)

「1.17→」イベント概要

「神戸耐震検定」

地震対策について、市民により深く知ってもらうために、学生が「神戸耐震検定」を作成しました。10分程度の検定です。ぜひ挑戦してみてください。検定を解いて、アンケートに回答いただいた方に非常食をプレゼントします!

「神戸耐震検定こども版~オキール博士からの挑戦状~」

こども向けの神戸耐震検定も学生とともに作成しました。神戸市耐震キャラクターのオキール博士からの、地震や防災についての問題に挑戦しましょう!挑戦してくれたお子さんにはプレゼントもあります。

学生による防災ワークショップ

プロジェクト活動を通して得た知識を活かして、防災グッズの工作やブロック塀の展示などの地震対策に関する防災ワークショップを学生が実施します。

レスキューロボットの展示・デモンストレーション

レスキューロボットの写真最先端のレスキューロボットを展示します。また、「World Robot Summit(人とロボットが共生し、協働する社会の実現に向けた国際的な競演会)」で行われた災害対応カテゴリーの競技の一部を、ロボットを用いてデモンストレーションします。担当は神戸市経済観光局工業課・国際レスキューシステム研究機構です。




 
※イベントは新型コロナウイルスの感染防止策をとりながら実施します。また、同感染症の状況により内容変更や中止となる場合があります。あらかじめご了承ください。

同時開催イベント「共助DXカフェ」

神戸市では、災害時応援協定事業者などと連携し、ICTやAIなど新たな技術によって「共助」を促す取り組みを進めています。

その取り組みの一環として、災害時にEV(電気自動車)の電力を利用して避難所等へ給電する新たな活用モデルをご紹介する「共助DXカフェ」を1月17日(月曜)の11時から14時30分に開催します。

主催:神戸市危機管理室

協力:AI防災協議会、日産自動車株式会社、兵庫日産自動車株式会社、ネスレ日本株式会社、株式会社神戸酒心館

学生記事の発信

「1.17→」では、学生が、震災を経験された方や震災をきっかけに様々な取り組みをされてきた方に取材をしてきました。自分たちが生まれる前の出来事やそこから現在の神戸につながる出来事を知る機会となりました。学生が取材を通して学んだこと・感じたことを、イベント当日に向けて令和4年1月9日から、noteで毎日発信していきます。(全8回)

これまでの「1.17→」の取り組み

1.17→の活動写真(令和2年度_1) 1.17→の活動写真(令和2年度_2) 1.17→の活動写真(令和元年度_1) 1.17→の活動写真(令和元年度_2)

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

建築住宅局建築指導部耐震推進課 

〒651-0083 神戸市中央区浜辺通2-1-30 三宮国際ビル5階