現在位置

ホーム > ビジネス > 入札・契約 > プロポーザル > こうべ小学校校舎増築他工事 設計業務

更新日:2020年11月24日

こうべ小学校校舎増築他工事 設計業務

ここから本文です。

  • [9月2日]公募を開始しました。
  • [9月15日]公募の受付を終了しました。
  • [11月24日]審査結果を公表しました。

こうべ小学校は、市内でも人口の集中が著しい中央区の都心エリアに位置しており、児童数の増加に伴い、運動場に暫定校舎を設置して必要な教室数を確保しています。
しかし、当該小学校区においては今後も複数のマンション建設等が計画されており、児童数の増加が見込まれることから、将来的にさらに教室が不足することが懸念されています。
以上のことから、本事業では、新たな校舎を増築することにより、過密化対策及び受入れ体制の確保を図ります。

委託先設計事務所の募集及び選定にあたっては、下記の通り公募型簡易プロポーザルを実施しました。

審査結果

1.特定された委託先候補事務所

  • 株式会社 山本設計・株式会社 新日本設備設計(設計共同体)

【総評】
 本プロポーザルでは、既存校舎との一体性と連続性のある屋内外の空間構成やデザインに加え、隣接する「相楽園」等の周辺環境に配慮した外観デザイン、外構計画について提案が求められました。また、「居ながら工事」を想定し、学校運営への影響を低減するとともに、敷地の高低差や暫定校舎が近接していることにより十分な工事ヤードが確保できないことを踏まえ、工期短縮に寄与する工法や部材の選定、ローリング計画等の建築計画の考え方が示されているかが評価のポイントとなりました。
 特定された委託先候補事務所の提案については、「屋根と緑」の風景が連続する修景デザインを設計コンセプトとして、勾配屋根のデザインや敷地西側への棚田状の学習園の配置、敷際緑化など既存校舎や周辺環境を意識した外観デザインや外構計画が検討されていました。
 外観は見た目のボリュームを分けることに加え、小庇や下屋(ピロティ)によって高さ方向の分節化を行い周辺環境に配慮されている点や、建物全体を北側に寄せることで周辺への圧迫感を低減するとともに、南側に工事ヤードの確保が可能となり施工性や経済性にも配慮されている点が高い評価を得ました。
また、内部空間では、廊下への木製ベンチの設置や多目的スペース「創造ハウス」の設置など多様な学びに対応する設えの提案に加え、換気や通気、手洗い場の位置など感染症予防対策に配慮した検討がなされていました。
 建築計画の考え方については、工区をほぼ等分に分けて施工することで工期ロスを軽減し、下屋の構造を鉄骨造とすることで、工事ヤードが終盤まで利用できるなど工期短縮の現実的な考え方が評価されました。

2.募集・選定結果
参加表明書提出者:8者
ヒアリング対象事業者:5者(五十音順)

  • 株式会社 エーアンドディー設計企画
  • 株式会社 三弘建築事務所・株式会社 エスディーネットワーク(設計共同体)
  • 株式会社 綜企画設計・株式会社 大畑正彦建築設計事務所(設計共同体)
  • 株式会社 相和技術研究所
  • 株式会社 山本設計・株式会社 新日本設備設計(設計共同体)

業務の概要

1.業務名称
「こうべ小学校校舎増築他工事 設計業務」

2.施設概要
・予定敷地:神戸市中央区中山手通4丁目23-2
・構造規模:RC造5階建(校舎棟)、平屋(体育倉庫、石灰倉庫)
・延べ面積:約4,600平方メートル(校舎棟)、約60平方メートル(体育倉庫)、約10平方メートル(石灰倉庫)

3.施設内容・必要書室
[増築]
校舎棟
・構造・規模:鉄筋コンクリート造、地上5階建て、最上階プール、延べ面積 約4,600平方メートル、1棟
・必要諸室:普通教室(17室)、学習室(2室)、多目的室(3室)、特別支援教室(1室)、
 特別教室(図工室・理科室・PC室)、クラブハウス(1室)、給食室(1室)、
 配膳室(1室)、ランチルーム(1室)、教具室(1室)、プール、プール付帯施設(更衣室・倉庫・MR)
体育倉庫
・規模:平屋、延べ面積 約60平方メートル、1棟
石灰倉庫
・規模:平屋、延べ面積 約10平方メートル、1棟

[内装改修]
既存校舎棟(北校舎、給食室棟)
・改修対象:職員室、校長室、事務室、保健室、更衣・休憩室、会議室(前室・倉庫含む)

4.設計内容
・校舎棟、体育倉庫、石灰倉庫の増築に係る基本設計及び実施設計業務 一式
・既存体育倉庫、プール、学習園の解体撤去に係る実施設計業務 一式
・既存北校舎、給食室棟の内装改修に係る実施設計業務 一式
・上記に伴う積算、透視図・日影図作成、各種申請書類作成業務 一式
・上記に伴う電気、機械設備工事の基本設計及び実施設計業務 一式

委託先候補事務所の特定方法

委託先候補事務所の特定は、神戸市建築工事設計監理外注委員会(神戸市が行う建築工事等の設計監理業務に関する事務の公正、的確な執行を確保するために設置された委員会。以下、委員会とする。)の審議によって行われます。
事務局及び委員会は、「参加表明書」による一次審査を行い、その後、「調査表」及びそれに基づくヒアリングの内容による二次審査を行い委託先候補事務所の特定を行います。

1.一次審査:参加表明書の評価(ヒアリング対象事業者の選定)
 「参加表明書評価要領」に基づいて「参加表明書」の評価を行い、上位5者程度をヒアリング対象事業者として選定します。

2.委託先候補事務所の特定
(ア)ヒアリング対象事業者とし選定された者に対して、調査表作成及びヒアリングに関する説明会を実施し、調査表の作成等について説明を行います。
(イ)説明会後、概ね2週間程度の期限内にプロポーザル調査表を提出していただきます。
(ウ)委員会評価委員が、調査表の内容に関し、ヒアリングを実施します。
(エ)委員会において、各委員の評価の合計点により順位付けし、委託先候補事務所を特定します。

3.契約金額について
委託先候補事務所として特定された場合、契約については神戸市規定の委託料の範囲で契約締結に向けて交渉を行います。

スケジュール

  • 参加表明書の提出期限 9月15日(火曜日)12時必着
  • 一次審査の結果通知(参加表明書審査) 9月下旬
  • 調査表作成及びヒアリングに係る説明会 9月30日(水曜日)14時
  • 質疑の提出期限 10月2日(金曜日)12時
  • 質疑回答 10月7日(水曜日)
  • 調査表の提出期限 10月14日(水曜日)12時必着
  • 二次審査(ヒアリング審査) 10月16日(金曜日)午前
  • 二次審査結果の通知 10月末

公募関係資料

様式

その他

本公募は、設計案の選定ではなく、設計者の選定を目的に行うものです。委託先候補に決定した場合でも、調査表の提案内容が設計業務において必ずしも採用されるとは限りませんので、予めご了承ください。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

建築住宅局技術管理課 

〒651-0083 神戸市中央区浜辺通2-1-30 三宮国際ビル4階