トレーサビリティ

ここから本文です。

トレーサビリティとは、製品の流通経路を生産段階から最終消費段階(場合によっては廃棄段階)まで追跡が可能な状態をいいます。追跡可能性とも言われます。
簡単にいうと農場から食卓までどのように生産されたかを知ることができる。また、何か事件があった時にはその原因がどこにあったかを突き止めることができるシステムです。
現在は食品(牛肉以外)のトレーサビリティと牛肉のトレーサビリティがあります。

牛肉のトレーサビリティ(国産牛肉の安全・安心確保のために!)

2004年12月から、「牛の個体識別のための情報の管理及び伝達に関する特別措置法」(牛肉トレーサビリティ法)の施行により、国産牛肉については、牛の出生からと畜場(食肉処理場)で処理されて、牛肉に加工され、小売店頭に並ぶ一連の履歴を10桁の個体識別番号で管理し、取引のデータを記録することになりました。

耳標1耳標2

  • 牛が生まれたら、牛の両耳に耳標を装着します(取り外し禁止)。
牛の出生から消費者に提供されるまでに必要な手続きについて
手続き
出生 出生の届出(生年月日、牛の種別など)
転出の届出(転出年月日など)
他の農家への移動など 転入の届出(転入年月日など)
転出の届出(転出年月日など)
とさつ とさつの届出(とさつ年月日など)
個体識別番号を表示
枝肉
番号の表示・引渡し記録とその保存
部分肉(卸売業者) 番号の表示・仕入れと販売の記録とその保存
精肉(小売店) 番号の表示・仕入れの記録とその保存
消費者 (独)家畜改良センターのホームページにアクセスし、精肉などに表示された
個体識別番号を入力することでその牛の情報をみることができます。

個体識別番号からなにがわかるのか?

1.その牛の情報

出生年月日、性別、母牛の個体識別番号など

2.その牛を管理した者の情報

管理者の氏名、飼養施設の所在地、飼養の開始年月日など

3.その牛のとさつ・死亡の情報

とさつ・死亡の年月日、と畜場(食肉センター)の名称など

  • 住所、氏名は本人の同意が得られている場合のみ公開となります。

詳細は農林水産省のホームページ(トレーサビリティ関係)をご覧ください。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

健康局保健所食肉衛生検査所 

〒653-0032 神戸市長田区苅藻通7-1-20