更新日:2021年4月1日

北野町山本通都市景観形成地域

ここから本文です。

面積

約32ha

指定(告示)年月日

1979年10月30日(神戸市都市景観条例に基づく都市景観形成地域等として指定)
2006年2月1日(景観法に基づく景観計画に移行)/同日施行

建築物・工作物等に関する行為の届出について

景観計画区域内において、建築物等の新築・増築・改築・移転、外観を変更することとなる修繕・模様替・色彩の変更等を行う場合には、届出が必要です。

届出様式

屋外広告物の表示等に関する行為の制限について

景観計画区域においては、景観計画に定められた屋外広告物の表示等に関する制限が神戸市屋外広告物条例に基づく許可基準になっていますので、事前に景観政策課にご相談ください。

屋外広告物の許可申請

伝統的建造物群保存地区

北野町・山本通都市景観形成地域のうち、伝統的な建造物が集中している地区については、文化財保護法に基づく「伝統的建造物群保存地区」に指定しています。
保存地区内において、建物などの新築、除却、土地の形質の変更などを行うときは、許可申請が必要です。

北野・山本地区景観ガイドライン

北野・山本地区の個性ある景観をまもり、そだてるために

明治以来、多くの外国人が日本人と共に住み続けてきた北野・山本地区は、異国情緒豊かな住宅地として、また洗練されたファッションタウンとして、神戸を代表する地区となっています。
神戸市では、このような個性的で優れた景観をまもり、そだてるために、この地区を「景観計画区域(北野町山本通都市景観形成地域)」および「伝統的建造物群保存地区」に指定し、建築物などの新築等にあたっては基準に基づく誘導を行っています。
まちの景観を本当に良くするためには、建物を設計したり利用する人々が建物を計画する際にそのまちの姿を十分に理解し、まちなみの理想と将来像を考えることが大切です。その上で景観基準を守る姿勢が求められるのではないでしょうか。
このようなことから、北野・山本地区景観ガイドラインでは、地区の状況を整理するとともに、建築物等の計画・設計にあたっての配慮事項をガイドラインとしてまとめています。

(※A3用紙に両面印刷のうえ、二つ折りにしてご使用ください。)

問い合わせ先

  • 景観計画区域の届出について
    神戸市 都市局 景観政策課(北野町山本通都市景観形成地域担当)
    電話 078-595-6727
  • 伝統的建造物群保存地区の許可申請について
    神戸市 文化スポーツ局 文化財課 文化財保護活用係
    電話 078-322-5798

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

都市局景観政策課 

〒651-0083 神戸市中央区浜辺通2-1-30 三宮国際ビル6階

電話 078-595-6727