茅葺民家の保全活用

ここから本文です。

保全活用の取組み

神戸市には北区・西区を中心に約800棟の茅葺民家が残っています。茅葺民家は神戸の歴史や文化を伝える大切な資源であることから、茅葺民家の保全活用の取組みを行っています。
「神戸かやぶき古民家倶楽部」では茅葺民家の魅力やイベント情報等の発信をすると共に、茅葺に関する相談を受付けています。

神戸かやぶき古民家倶楽部(外部リンク)

平成27年度 茅葺民家に関する調査結果について

神戸市内には、北区や西区を中心に多くの茅葺民家が残っており、神戸の風景をつくる大切な資源だと考えています。
そこで、平成27年度に茅葺民家がどのくらい残されているのか、また茅葺民家の所有者の方々はどのようなことをお考えなのか、調査を行いました。
調査にご協力いただきました所有者の皆さま、ありがとうございました。
このたび、調査内容の整理を終えましたので、結果を公開いたします。

建物調査について

神戸市教育委員会による平成2年度、平成6年度実施調査等より所在が確認された茅葺民家968件に対して、平成27年7月~平成27年8月の期間、現地調査を行いました。
結果、神戸市内には820棟の茅葺民家が残っていることがわかりました。

建物調査結果について(PDF:532KB)

所有者意向調査

先述の平成27年度建物調査において、所在が確認された茅葺民家811件(付属棟を除いた数)のうち、所有者もしくは居住者がわかった茅葺民家721件に対して、アンケートを送付し、意向調査を行いました。
(ただし、文化財指定されているものを除く。)

  • 回収期間:平成28年2月22日~3月7日
    (ただし、締切を過ぎて回収したものも集計)
  • 回収数:325通(回収率45.1%)

所有者意向調査結果について(PDF:806KB)

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

都市局景観政策課 

〒651-0083 神戸市中央区浜辺通2-1-30 三宮国際ビル6階