神戸都心夜景10選

ここから本文です。

  • [10月1日]「神戸都心夜景10選MAP」を改訂しました!

神戸市では、平成23年度に「神戸市夜間景観形成実施計画(都心・ウォーターフロントエリア)」を策定し、より魅力的な夜間景観形成を推進しています。
平成24年12月に、新たな魅力「都心・ウォーターフロント」の夜間景観の募集を行い、「神戸都心夜景10選」が選定されました。

市民公募をもとに選定した「神戸都心夜景10選」について、より広くPRを行い魅力的な夜景を楽しんでいただくために、「神戸都心夜景10選MAP」を発行しております。
「神戸都心夜景10選MAP」では、おすすめまち歩きルートや10選番外編、神戸市の夜間景観ライトアップ事業などを紹介しています。是非、MAPを片手に神戸の夜景をお楽しみください。

神戸都心夜景10選 MAP(PDF:5,215KB)

 

多言語版

神戸都心夜景10選MAP(英語版)(PDF:5,276KB)

神戸都心夜景10選MAP(簡体語版)(PDF:5,924KB)

神戸都心夜景10選MAP(繁体語版)(PDF:6,137KB)

神戸都心夜景10選MAP(韓国語版)(PDF:4,887KB)

 

1.ポートタワーなどキャラクター性の高いあかりが並ぶ港夜景

場所:高浜岸壁(中突堤周辺地区)

これぞ神戸という象徴的な夜景エリア。
神戸ポートタワー、神戸海洋博物館、メリケンパークオリエンタルホテルなどのキャラクター性の高いあかりが並び、遊覧船などの船舶のあかりがそれらと重なり合い、みなと神戸らしい風景を形成して見ていて飽きない夜景である。

地図はこちら(外部リンク)

高浜岸壁より見たポートタワーなどが並ぶみなと夜景

2.上品でまとまりのある低層部のあかりと光のエンターテイメント

場所:中突堤西側(中突堤周辺地区)

ベイエリアに広がる上質なあかりと、背景の高層ビル群のあかりが層をなして美しいビューをつくりだす様は、海外のベイエリアのような心地よさがある。
施設前には遊覧船のデッキがあり、光に縁取りされた船のシルエットが加わると港の風情はさらに格別となる。観覧車は影絵での物語のある照明演出が行われ、上品さのある光のエンターテイメントを楽しむことができる。

地図はこちら(外部リンク)

中突堤西側(中突堤周辺地区)

3.商店街の合間から突如出現する凛々しいポートタワー

場所:元町商店街(その他・都心エリア)

神戸の老舗「元町商店街」は、カーブしながら海岸を取り巻くように続いている。そのため、ある箇所から脇道を眺めた瞬間のみ、このような「知る人ぞ知る絶景」が出現する。
港とは幾分はなれたところからふと路地を眺めると、そこに愛され続けているタワーが凛々しく灯っているこの景色、ぜひ探してみてはいかがでしょうか。

地図はこちら(外部リンク)

元町商店街

4.門越しにみえるエネルギッシュな南京町のにぎわい

場所:西安門前(南京町地区)

南京町はランタンや店舗の中国風のあかりにより、個性的でエネルギッシュさをかもし出しており、神戸の夜景スポットとして欠かせない。
特に西安門前からのビューは、ライトアップされた門の向こうに店舗や街路のあかりを連続して見通すことができ、訪ねる楽しさに満ちている。
シックな大人のまちあかりが似合う神戸の中でもここだけは、派手さや元気さ・色とりどりの光が心地よい。

地図はこちら(外部リンク)

西安門前

5.ほっとする温かみのある個店と街灯のあかり

場所:乙仲通り(乙仲・海岸通地区)

様々な手づくり感のある個性的な店舗が増えてきたこのエリアは、神戸の新しい散策ポイントである。
店舗のイメージを醸しだす素敵な電球色のあかりや手書き看板を照らす間接照明など、ゴージャスではないがほっとするあかりが心地よい。道路の照明もエリアのイメージにあっている。

地図はこちら(外部リンク)

乙仲通り

6.近代洋風建築やガス灯など、歩くことが楽しい厚みのあるあかり

場所:明石町筋(旧居留地地区)

近代洋風建築と新しい商業ビルが並ぶエリアでは、様々なあかりの工夫が重なる「通り」のビューが美しい。
回廊のあかり、周辺のガス灯、近代洋風建築のライトアップなど、複数の照明手法のあかりが重なり合い、歩くのに楽しい厚みのある夜景となっている「通り」のビューをぜひ見て欲しい。

地図はこちら(外部リンク)

明石町筋

7.個店と街灯が織り成す界わい性のある路地のあかり

場所:三宮センターサウス(その他・都心エリア)

地域の人々による個別店舗のあかりに工夫がみられ、路地そのものに情緒のある近景である。目線に入ってくるあかりのバランスがよく、全体的に光のスケール感がいい。
街灯も個別の店舗とイメージを合わせ低い色温度で整備され、小さいエリアながらもまとまった心地良さがあり、散策するのが楽しい。

地図はこちら(外部リンク)

三宮センターサウス

8.都心市街地からウォーターフロントにかけてのパノラマビュー

場所:神戸市役所1号館24階(税関線沿道地区)

都心市街地からウォーターフロントにかけての景色を180度以上の大パノラマで楽しむことができる。
また、天気の良い日には関西国際空港連絡橋をはじめとする大阪湾のあかりが、近景の神戸の市街地のあかりの背景として重なり、ダイナミックでランドマークを見つける楽しさのあるビューである。
夜間を含めて市民に開放された「市役所の上」というのも楽しい。

地図はこちら(外部リンク)

神戸市役所1号館24階

9.街路樹のライトアップが連続するダイナミックな見通しのビュー

場所:北野坂(その他・都心エリア)

異人館が立ち並ぶエリアの中心となる街路樹の道。
海側の神戸市庁舎がアイストップとなるダイナミックな見通しのビューは、六甲山上からの神戸夜景とはまた異なる近景と中景のコンビネーションが心地よい。
樹木はライトアップされ春から秋にかけてのそぞろ歩きが特におすすめである。

地図はこちら(外部リンク)

北野坂

10.山並みを背景とした神戸の夜景を海側から堪能する絶景ポイント

場所:ポーアイしおさい公園(ポートアイランド西地区)

神戸の夜景を海側から堪能する絶景ポイント。
市章のイルミネーションも見える六甲山系の山並みを背景に、ポートタワーや観覧車など港のシンボルのあかりが煌き、素晴らしい遠景のビューといえる。
遊覧船の航行もビューの楽しさをいっそう高めている。

地図はこちら(外部リンク)

ポーアイしおさい公園

<参考>募集・選定について

募集選定概要

  • 対象エリア「都心・ウォーターフロントエリア」(1)対象エリア
    三宮からハーバーランドまでのJR以南を中心に、HAT神戸や北野・トアロード周辺なども含む「都心・ウォーターフロントエリア」
    (※神戸市夜間景観形成実施計画の対象エリア ※右図参照)
  • (2)対象
    • 現在も存在していて、眺めることが可能な夜間景観、及び夜間景観を眺める視点場とします。
    • 選定するものは、写真の質を問うものではありません。実際の場所に足を運んで見てみたくなる魅力的な「夜間景観」とします。
    • 【夜間景観】
      • 魅力的な都心・ウォーターフロントの夜間景観を形成するものとします。
      • 対象エリア内の夜間景観が含まれていれば、遠景・中景・近景を問いません。
      • 季節や時間限定のイベントなども対象とします。
    • 【視点場】
      • 対象エリア内の夜間景観を眺める視点場(※対象エリア外を含めます)
      • 対象エリア内から対象エリア外の夜間景観を眺める視点場

選定のポイント

  • 魅力的な夜間景観を形成しているもの
  • 周辺と調和し、一体感のある夜間景観を形成しているもの
  • まちの、ランドマーク的存在となっているもの
  • 光の質が高いもの(光の色味への配慮など)
  • 引き算のデザインを意識したもの
  • 環境への配慮が見られるもの

神戸都心夜景10選のオープンデータについて

以下の情報は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス 表示2.1日本(CC-BY 2.1 JP)のもとで提供いたします。
画像をクリックするとライセンスの説明ページ(外部リンク)に移動します。

神戸都心夜景10選(EXCEL:17KB)

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス 表示2.1日本

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

都市局景観政策課 

〒651-0083 神戸市中央区浜辺通2-1-30 三宮国際ビル6階