神戸元町商店街景観形成市民協定

ここから本文です。

位置

神戸市中央区
神戸元町商店街(元町通1~6丁目の一部)

協定締結日

平成15年6月6日

概要

【目的】
神戸元町商店街は、神戸を代表する伝統的な中心商業地であり、高級・ハイカラ・エレガントな「元町らしさ」を継承・発展させ、超広域商圏をもつ専門店街としての魅力と風格あるショッピング・ストリートづくりを目的として協定を定めます。協定は、神戸元町商店街の共通ルールでであり、地元関係者間で協定し、その目的達成に努めます。

【まちの将来像】

  • 高級感のある神戸元町商店街
  • ハイカラな神戸元町商店街
  • エレガントな神戸元町商店街

【手続き】
景観形成市民協定の区域で「ルール」に関わる建築、改造、屋外広告物の掲出等をされる時は、まず、神戸元町商店街まちなみ委員会事務局(みなと元町タウン協議会事務局内)(TEL/FAX 078-391-0831)にご相談ください。

詳細情報

1.対象地区

神戸元町商店街(神戸市中央区元町通1丁目~6丁目)に直接面した沿道敷地

2.まちなみ形成のルール

区分   ルール内容
敷地 空地 未利用地(空地)は、神戸元町商店街の連続性や魅力づくりのために沿道の景観に配慮します。
駐車場 神戸元町商店街の沿道敷地は、駐車場施設に利用しません。
自動販売機 新規の自動販売機の設置は、自粛に努めます。設置する場合は、敷地内に設置し、景観に配慮した配置等に努めます。
建築物 用途

原則として建物2階部分までは非住宅用途の利用に供し、通りのにぎわいと連続性に寄与したものとします。

高級・ハイカラ・エレガントに代表させるような「元町らしい」地域の環境を阻害する施設(協定第6条)の新規建設はしません。
排煙・異臭・騒音などを発する施設で、地域の同意が得られないものは自粛します。

形態・意匠

アーケード下(建物1・2階部分)のファサードは、一体感あるものに調和します。
建物の色彩・デザインはまちなみとの調和に配慮します。
店舗の照明やショーウィンドウを工夫して、営業時間外も来街者が楽しめるようにします。

シャッターは、リングシャッターで店舗外観をみせたり、ファサードと調和した色とし、店名や営業時間を記すなどして、閉店時も店舗の並びがわかるようにします。

壁面の位置 神戸元町商店街の連続性を配慮して、壁面の位置は原則として道路境界から後退した建築計画を避けます。
協調・共同建替 魅力と風格あるストリートを目指して、可能なところでは協調・共同建替の促進に努めます。
街かど建物づくり 南北軸(通り)との交差点部は,1階角地の開放性など界隈性の向上に寄与したビルづくりに努めます。
空店舗等 空店舗・工事仮囲い等はペインティングをはじめ装飾等により、通りの連続性の確保や魅力あるストリートづくりに努めます。
看板・広告物   看板・広告物は必要最低限の規格とし、品格あるストリート形成に寄与したアートやデザイン等の工夫に努めます。
原則として、自発光式・点滅式看板広告物を自粛します。
道路敷の利用・演出   営業上の搬出入許可車輌の進入は、午後8時から翌日午前11時までとし、来街者の安全と快適な余暇サービスに努めます。また、自転車(バイク)の通行を禁止します。

関連区域

みなと元町タウン憲章

神戸元町商店街景観形成市民協定の区域は、別途、その他の自主ルール等である「みなと元町タウン憲章」の区域に含まれます。区域内で建築物の建築等をされる時は、みなと元町タウン協議会事務局(TEL/FAX 078-391-0831)にご相談ください。

みなと元町タウン憲章(PDF:3,232KB)

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

都市局景観政策課 

〒651-0083 神戸市中央区浜辺通2-1-30 三宮国際ビル6階