魚崎郷地区景観形成市民協定

ここから本文です。

位置

神戸市東灘区
魚崎南町4丁目、5丁目および魚崎西町1丁目、2丁目のうち灘浜住吉川線および住吉川浜魚崎線以北の地区

協定締結日

平成10年7月13日

概要

魚崎郷の個性ある『まちなみづくり』-景観形成市民協定

魚崎町の臨海部、国道43号から南の地区は古くから魚崎郷と呼ばれ、わが国を代表する酒造地域・灘五郷の一つとして、また住吉川河畔の良好な住宅地として、固有の文化をもつまちを形成してきました。しかし阪神・淡路大震災によって、伝統的なまちなみは崩壊といえるほどに大きな被害を受けました。

個性的なまちなみをまもり、そだてることは、そこに住み働く者が「わがまち」に愛着と誇りをもつ上で重要です。そして魅力的なまちなみは、個々がバラバラに努力をしても形づくられるものではありません。

このような認識から、魚崎郷地区では建物などを新築したり増築、あるいは修繕したりする際のお互いの約束として、神戸市都市景観条例に基づく「景観形成市民協定」を締結しています。

このまちを誇りをもって次代に引き継ぐためには、先人が培ってきた歴史の流れを断ち切ることなく、これを継承し、発展させる姿勢が重要であると考えます。

建築行為などにあたっては「魚崎郷まちなみ委員会」への相談が必要です(委員会では、その計画内容が協定に適合することを確かめます)

相談の対象となる行為

  • 建築物・工作物の新築、増築、大規模の改築等
  • 塀等の外構の新設、増設、大規模の改修等
  • 屋外広告物(表示面積5平方メートル以上)の新設、内容の変更
  • 景観道路沿いにおける自動販売機の設置
  • その他、魚崎郷のまちなみ景観に影響を及ぼす行為

相談にあたっての必要図書

  1. 事前相談内容説明書
  2. その他、行為の概要を説明する必要図面

相談の時期

  • (建築確認の必要な行為)建築確認申請の前
  • (その他の行為)行為着手の前

※設計変更の可能な段階で提出をお願いします

連絡先

魚崎郷まちなみ委員会 事務局 TEL:078-842-6102(遊川方)

委員会は毎月第2木曜日19時00分~21時00分に開催しています。
(ただし都合により変更することがありますので、事前にお問合せ下さい。)

詳細情報

1.まちづくりの方向

まちの将来像

  1. 居住・生産・商業機能が調和し、共存共栄するまち。
  2. 地区の伝統を引き継いだ個性あるまち。

まちなみづくりの基本方針

  1. 居住機能、生産機能、商業機能がそれぞれの立場を理解し、調和を図るなかで、地区の複合的・総合的な環境向上を目指す。
  2. 歴史や立地条件等の地域特性に配慮したまちなみづくりを推進する。
  3. ものづくりとルールづくりの両面から、住民、企業、行政が協働して個性あるまちなみづくりに取り組む。

2.建築物等の新・増・改築などにあたって

  • 風俗営業等
    ラブホテル・パチンコ屋・カラオケボックスなど、風俗営業等は建設しません。
  • 集合住宅
    集合住宅を建設する場合は、ファミリー形式住戸の設置に努め、やむを得ずワンルーム形式住戸を設置する場合は、地区環境の悪化を防止するよう配慮します。
  • まちなみ景観への配慮
    建築行為等をする時は、魚崎郷のまちなみ景観に配慮し、下に示すルールに適合するよう努めます。

3.まちの緑化と維持・管理

  • 緑化等
    住宅や工場・店舗等の敷地、あるいは空地等は、緑化など美しく維持するよう努めます。
  • 清掃活動
    まちの清掃活動等を互いに協力して推進します。
  • 広告物
    広告物を設置する場合は、まちなみを阻害しない意匠・表示方法とします。
  • 自動販売機
    • 自動販売機は景観道路に直接面して設置しません。
    • やむを得ず設置する場合は、覆いをするなど、まちなみに配慮します。

4.まちなみ形成のルール

まちなみ形成のルールの画像

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

都市局景観政策課 

〒651-0083 神戸市中央区浜辺通2-1-30 三宮国際ビル6階