眺望景観形成誘導基準

ここから本文です。

各区域の誘導基準等については、下記のリーフレットをご覧ください。

 

「建築物等の高さ」の算定の仕方

眺望景観誘導基準チェックシート(EXCEL:31KB)

(こちらのチェックシートで簡単に計算ができます)

1.計画地の緯度・経度を求める。

「国土地理院:地理院地図」をご利用ください。
(緯度・経度を求めたい場所を画面中央の十字の部分に合わせますと、下部に緯度・経度等が表示されます。)

「国土地理院:地理院地図」の閲覧はこちらから(外部リンク)

2.緯度・経度を平面直角座標系に変換する。

「国土地理院:測量計算サイト 平面直角座標への換算」をご利用ください。

  1. 「座標値の入力方法」を「数値入力」に設定する。
  2. 「測地系」を「世界測地系」にし、「平面直角座標系」を「5系」に設定する。
  3. 緯度・経度を入力。
  4. 「計算実行」をクリックし、X座標、Y座標を求める。

「国土地理院:測量計算サイト 平面直角座標への換算」の閲覧はこちらから(外部リンク)

3.標高の算定式にX座標、Y座標の数値を入力する。

算定により求められた値から計画地の地盤の標高を引いたものが、建設可能な高さとなる。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

都市局景観政策課 

〒651-0083 神戸市中央区浜辺通2-1-30 三宮国際ビル6階