更新日:2019年11月1日

東部新都心の計画概要

ここから本文です。

東部新都心の計画概要 整備計画東部新都心(HAT神戸)は、神戸市の中心市街地である三宮から東へ約2kmの臨海部に位置する、東西約2.2km、南北約1.0kmの区域です。東部新都心の整備計画は、平成7年6月、阪神・淡路大震災からの復興をめざす、「神戸市復興計画」において、シンボルプロジェクトのひとつとして位置づけました。

これにより、大規模工場の遊休化に伴う土地利用転換に合わせ、新たな都市機能の導入、ウォーターフロントとしての整備、地域の活性化などを目的とした計画的な整備を図るとともに、震災で甚大な被害を受けた市街地の住宅や産業などの受け皿となる市街地復興の先導的役割を担うプロジェクトとして総合的な整備を進めました。

計画フレー

  • 地区面積:約120ha
  • 居住人口:約30,000人(約10,000戸)
  • 従業人口:約40,000人
  • 利用人口:約150,000人

整備の基本方針図

上空から見たHAT神戸

Next(東部新都心の計画概要(整備の基本方針)のページ)

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

都市局計画部景観政策課 

〒651-0083 神戸市中央区浜辺通2-1-30 三宮国際ビル6階