現在位置

ホーム > ビジネス > 勤労者福祉 > 舞子ビラ事業 > 舞子ビラ事業・不動産活用に関するプロポーザルの募集

更新日:2019年11月1日

舞子ビラ事業・不動産活用に関するプロポーザルの募集

ここから本文です。

趣旨・目的

神戸市では、神戸市垂水区に所在し「シーサイドホテル舞子ビラ神戸」として営業されている舞子ビラ事業に関し、平成24年2月に出された「舞子ビラ事業あり方検討委員会」の提言、平成24年3月の神戸市会における附帯決議等をふまえ、現状の土地・建物の信託契約を解消した上で、公募型プロポーザル方式(企画提案競技)により舞子ビラ事業を承継いただく民間事業者を募集します。
今回の公募では、神戸市財政の健全化を図ることはもちろんのこと、神戸市民および地域住民に親しまれてきた舞子ビラ事業が長期安定的かつ発展的に継続しうるような、堅実かつ実現性の高い事業提案を求めます。

譲渡対象

舞子ビラ事業は、ホテル仕様の事業用不動産と、それを利用した神戸マリンホテルズ株式会社(以下「KMH社」といいます。)の企業活動が一体となって成立しておりますので、今回の公募における不動産のうち、土地部分については神戸市からの定期借地とし、譲渡対象は、建物部分の不動産(神戸市からの譲渡)とするとともに、「シーサイドホテル舞子ビラ神戸」としての収益事業をKMH社から承継していただくこととなります。

  • 譲渡対象1:建物(本館、別館(緑風館)、駐車場棟、斜行EV棟、結婚式場棟)
    (所在地:兵庫県神戸市垂水区東舞子町18-11)
  • 譲渡対象2:「シーサイドホテル舞子ビラ神戸」としての収益事業(事業譲渡方式)
    (KMH社が所有する運営関係有形資産および従業員・顧客情報・予約・運営システム等の無形資産など)

事業承継スキーム

舞子ビラ事業は現状、神戸市が土地建物を信託団に信託し、信託団が土地建物をKMH社に賃貸するスキームで運営されています。今回の公募では、平成25年3月末までに神戸市と信託団との土地信託契約を終了し、土地建物資産を神戸市の所有財産に戻した上で、建物については新事業者に売却、土地については新事業者に事業用定期賃貸借契約により賃貸することを予定しています。また。あじさいホールについては、引き続き、市民に同ホール利用のサービスを提供していくため、神戸市民文化振興財団が新事業者より賃貸し、その管理運営を新事業者に委託する予定です。

スキーム図

公募条件

  • 建物譲渡条件
    最低売却価格 金1,200,000,000円(消費税別途)
  • 土地賃貸条件
    • 貸付方法、期間 土地事業用定期賃貸借契約 平成25年4月1日から30年間
    • 賃料 月額金11,492,000円(消費税非課税)(保証金賃料の6ヵ月分)

ホテル事業の承継条件(抜粋)

本件公募では、KMH社と公募手続外で事業譲渡契約を締結することを前提とします。

  1. KMH社の従業員(但し、役員以外の正社員・嘱託・契約社員・パートタイマー・アルバイトのうち希望者全員)を、雇用条件等処遇を同程度の条件で雇用すること。
  2. KMH社が契約当事者となっている対外契約について、KMH社の契約上の地位を基本的にすべて承継すること。
  3. KMH社に支払う事業譲渡価格は金10,000,000円(消費税別途)とすること。
  4. KMH社からの本件事業承継後、営業を休止することなく、ホテル事業を継続すること。
  5. 現在KMH社が受けている宿泊・レストラン・宴会・婚礼などの各種予約を同条件以上で引継ぎ、既存顧客に不利益を与えないこと。

選定の方法

「舞子ビラ事業・不動産活用事業者選考委員会」が、事業提案内容を審査した上で、上位提案者中の建物購入申出価格上位者を選定するコンペ方式

公募スケジュール

  1. 募集要項配布、応募予定者登録申込書受付
    平成24年9月7日(金曜)から24日(月曜)
  2. 施設見学会 平成24年10月1日(月曜)
  3. 事業提案書受付 平成24年11月19日(月曜)から22日(木曜)
  4. 事業予定者決定 平成24年12月下旬

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

市民参画推進局男女活躍勤労課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館17階