現在位置

ホーム > 防災・安全 > 神戸市消防局 > 消防の概要 > 消防署 > 垂水消防署 > 垂水消防署 火災予防と防災

更新日:2020年12月3日

垂水消防署 火災予防と防災

ここから本文です。

  • [12月3日]霞ヶ丘防コミ防災訓練(霞ヶ丘西地区)を実施しました! を更新しました
  • [12月2日]舞子防コミが総合防災訓練を実施しました を更新しました
  • [11月5日]西脇地区防福祉コミによるブロック訓練を実施しました! を更新しました
  • [10月28日]霞ヶ丘防コミ防災訓練を実施しました!を更新しました

 

このページでは、火災予防にまつわる法令や防火・防災に関係する情報、また区民の皆さんが参加する防災福祉コミュニティなどの防火・防災活動について、紹介します。

 

霞ヶ丘防コミ防災訓練(霞ヶ丘西地区)を実施しました!

令和2年11月29日(日曜日)に、歌敷山公園で霞ヶ丘防災福祉コミュニティのブロック訓練が行われ、地域住民など約50名が参加しました。

訓練内容は、以下の6訓練です。

1.避難訓練 2.消火器取扱い訓練 3.天ぷら火災燃焼実験

4.車いす取扱い訓練 5.土嚢作成、取扱い訓練 6.簡易トイレ展示、見学

各訓練の指導は霞ヶ丘防災福祉コミュニティが行い、地域の防災リーダーとしての自信が付いたご様子でした!

今後も防災福祉コミュニティを中心に、地域の防災力を向上させていきましょう!!

簡易担架 天ぷら

消火訓練

舞子防コミが総合防災訓練を実施しました

令和2年11月28日、舞子防災福祉コミュニティが細道公園にて総合防災訓練を実施しました。

今年度は新型コロナウイルス感染防止にも配慮し、参加者を限定するだけでなく、訓練内容も変更して避難訓練のみを行いました。

避難訓練として、地域住民は10時30分に細道公園に到着するよう自宅を出発し、避難場所までの所要時間、避難経路上の危険箇所の確認、避難ルートの再確認などを行いました。

このように継続して訓練を実施することが、地域の防災意識を高める良い機会になればと思います。

舞子防コミ訓練no

西脇地区防福祉コミによるブロック訓練を実施しました!

令和2年10月25日(日曜日)、狐坂公園で西脇地区防災福祉コミュニティによるブロック訓練が行われ、地域住民など約50名が参加しました。

例年行っている水消火器による消火訓練と簡易担架作成訓練のほか、実際にオイルパンに火を点け、粉末消火器を実際に放出させて消火する訓練を行いました。

いつどこで発生するかわからない災害に備え、参加者は積極的に訓練に取り組んでおり、地域住民の防災意識の向上を図ることができました!!

消火器実放射訓練 簡易担架作成訓練

水消火器による消火訓練 講評

霞ヶ丘防コミ防災訓練(霞ヶ丘東地区)を実施しました!

令和2年10月18日(日曜日)、五色山東公園で霞ヶ丘防災福祉コミュニティブロック訓練が行われ、地域住民など約60名が参加しました。

今年は、例年の消火器取扱い訓練や簡易担架作成訓練に加えて、新たな訓練メニューとして車椅子を活用した要援護者避難支援訓練や土嚢作成訓練なども実施しました。

新型コロナウイルス感染拡大防止に配慮しながらの訓練となりましたが、積極的に訓練に参加する方や教わった内容をメモに取る方など、意欲的な方も多く活気ある訓練となりました。

霞ヶ丘防災訓練1 霞ヶ丘防災訓練2

霞ヶ丘防災訓練3 霞ヶ丘防災訓練4

霞ヶ丘防災福祉コミュニティ、ブロック訓練を実施!

令和2年2月15日(土曜)、歌敷山公園で霞ヶ丘防災福祉コミュニティブロック訓練が行われました。地域の方々など約70名が参加し、防災福祉コミュニティの方の熱心な指導のもと、災害に備える訓練を実施しました。
訓練は、避難訓練、消火器取扱い訓練、煙体験、簡易担架作成&搬送訓練、心肺蘇生法&AED取扱い訓練をそれぞれ実施しました。

訓練に参加したことがあっても、何年もの月日が経つと、忘れてしまうことが多々あります。いつ発生するかわからない災害のために、毎年地域の防災訓練などに参加し、自分の命、大切な人の命を守れる備えをしましょう!

消火器取扱い訓練 煙体験

簡易担架作成&搬送訓練 心肺蘇生法&AED取扱い訓練

「霞ヶ丘小学校防災訓練」を実施しました!

令和2年1月28日(火曜)、霞ヶ丘小学校で総合訓練を実施しました。霞ヶ丘防災福祉コミュニティが霞ヶ丘小学校5年生の児童を対象に、避難訓練、ロープ結索、簡易担架作成及び搬送、煙ハウス体験の各種訓練を実施しました。当日は、雨の予報のため、訓練内容を変更して実施しましたが、児童達が積極的に訓練に取り組んでくれたため、活気のある訓練になりました。

訓練を通して、「命」「助け合い」「備える」ことの大切さを学んでくれたと思います。

避難訓練の様子 ロープ結索訓練

簡易担架作成及び搬送訓練 煙ハウス体験

垂水消防署長講評

迅速な救命処置で一命救う

先日、垂水消防署内で「花時計賞」を授与しました!

「花時計賞」とは、市民の行った日常生活における身近な善行や、表彰に値する行為を神戸市長が表彰するものです!今回表彰された善行の内容は以下のとおりです。

10月下旬、JR舞子駅構内で発生した救命事案(心肺停止事案)において、その場に居合わせた3名(JR西日本職員2名含む)の救命処置(胸骨圧迫、AEDによる除細動など)や119番通報により、傷病者が一命をとりとめたもの。

救急隊の現場到着時には既に呼吸、心拍ともに再開しており、見事な救命リレーの第一走者の役割を果たしていただきました。本当にありがとうございました!

花時計賞授与の様子1 花時計賞授与の様子2

「文化財防火デー消防広報訓練」を実施しました!

令和2年1月25日(土曜)、国の重要文化財である孫文記念館(移情閣)にて、垂水消防署、垂水消防団、孫文記念館自衛消防隊、舞子台防災福祉コミュニティが合同で「文化財防火デー消防広報訓練」を実施しました!

訓練当日は、消防訓練と車両展示を行いました。消防訓練は、孫文記念館から火災が発生した想定のもと、自衛消防隊による自衛消防訓練、消防隊員と消防団員による一斉放水を行い、火災発生時に備えた有意義な訓練となりました。車両展示は、消防車、救急車、消防団車の展示を行い、数多くの方に足を運んでいただきました。今回の訓練を通して、市民の皆さんの文化財愛護思想が高まればと願っています。

自衛消防訓練における初期消火の様子 自衛消防訓練での初期消火訓練の様子

一斉放水の様子

 

 一斉放水の様子

 

 

 

車両展示の様子 車両展示の様子

<文化財防火デーとは> 昭和24年1月26日に世界最古の木造建築物である法隆寺金堂の火災により、国宝である壁画が焼損したことをきっかけに、文化財を災害から守る、さらに日本国民の文化財愛護思想の高揚を目的として、総務省消防庁と文化庁が毎年1月26日を「文化財防火デー」と定めています。

年末年始消防特別警戒!

新年明けましておめでとうございます。本年も垂水消防署をよろしくお願いいたします。

令和元年度年末年始消防特別警戒さて、垂水消防署では、昨年の12月中頃から年末年始消防特別警戒を実施しました。年末年始消防特別警戒時には、消防職員はもちろんのこと、各地域の消防団員もパトロールや詰所の警備を行い、いつ起こるか分からない災害に備えていました。添付の写真は、垂水消防団西垂水分団が分団詰所で年末警備を行う様子です。各地域の消防団員の皆さん、年末の多忙な中、地域の安心安全のために警備に当たっていただきありがとうございました。

我々消防職団員は、2020年も市民の皆さまとともに、地域の安全安心を守ってまいります。

舞子防災福祉コミュニティ 総合訓練

令和元年11月29日、舞子防災福祉コミュニティによる総合訓練が舞子細道公園で実施され、地域住民や、舞子小学校の生徒など約240人が参加しました。水消火器による初期消火訓練、放水体験、煙体験ハウスを使った避難訓練を行い、地域防災力の向上を図りました。

訓練の初めに、訓練目的、内容等の説明がありました。

訓練開始

舞子小学校の児童による初期消火訓練を行いました。元気いっぱいで頼もしいですね!

水消火器による初期消火訓練の様子

公園にある小型動力ポンプを活用して川から水をくみ上げて、放水体験を実施しました!

放水体験の様子

火災による煙は、空気よりも軽く上方に滞留します。姿勢を低くして煙を吸わないようにしましょう!

煙体験ハウスでの避難訓練の様子

霞ヶ丘防災福祉コミュニティ ブロック訓練

令和元年9月29日、地域住民、霞ヶ丘防災福祉コミュニティ、五色山2丁目南自治会、五色山健寿会の方々によるブロック訓練が実施され約100人が参加しました。日頃から防災への意識を高めることで、防災力の向上を図り、地域が一体となって災害に備えていただきたいと思います。

今回は、次の4つの訓練をローテーションしながら実施しました。

  1. 水消火器による初期消火訓練
  2. 簡易担架作成及び搬送訓練
  3. 心肺蘇生法及びAED取扱い訓練
  4. 煙体験ハウスを使った避難訓練

訓練の初めに、各参加団体の代表者が挨拶を行い、これから始まる訓練の内容、訓練目的等を説明しました。

訓練開始

地震等の大きな災害が発生した場合、負傷した方を運び出す担架が近くにあるとは限りません。今回は竹筒と毛布を使って担架を作成しましたが、竹筒がなければ物干し竿でも代用できます。

簡易担架を作成し、搬送する様子

火災発生時には、煙が充満し危険な状態です。姿勢を低くして、ハンカチ等で口元を押さえ、煙を吸わないようにしましょう!

煙体験ハウスでの避難訓練の様子

敬老の日に、「火の用心」の贈り物を!

敬老の日に「火の用心」の贈り物近年の住宅火災による死者数は1,000人前後の高い数で推移しています。このうち約7割が65歳以上の高齢者ということで、今後さらなる高齢化の進展に伴い、住宅火災における高齢者の死者数の増加が懸念されています。

「住宅防火・防災キャンペーン」(期間は9月1日~21日)では、高齢者に火災予防を注意喚起(具体的には、住宅火災警報器の設置や作動確認、寝たばこの防止やストーブ・こんろの適切な使用など)するとともに、住宅用火災警報器や住宅用消火器、さらには防炎品などを高齢者に贈ることなどを呼びかけています。

是非、皆さんも心あたりの高齢者宅を訪ねてみてください。

アジュール舞子海水浴場がオープンしました!!

アジュール舞子日程表令和元年7月11日、神戸市垂水区のアジュール舞子海水浴場がオープンしました。オープンに伴い海水浴場のパトロールを行いましたが、悪天候のためか来場者は比較的少なく事故等もありませんでした。今から多数の来場者が見込まれる土・日・祝日を中心に、垂水消防署では海水浴場のパトロールを行います。
なお、アジュール舞子海水浴場の開設期間は8月25日までとなっており、期間中は様々なイベントが開催されます。詳しくは左のパンフレットをご覧ください。
海の事故に注意し、アジュール舞子海水浴場での遊泳をお楽しみください。

市民防災リーダー研修を実施しました!!

市民防災リーダー研修1令和元年6月2日(日曜日)垂水消防署高丸出張所において、高丸地区の防災福祉コミュニティー(6地区)を対象に市民防災リーダー研修を実施しました。
神戸市では、災害時において消防など公的機関が災害現場に到着し、災害活動に着手するまでの間、近隣住民(30~50世帯)の先頭に立って防災活動を行う「市民防災リーダー」の養成を毎年行っており、今回の研修は20名に参加いただきました。
今回の研修では、

  • 消火器の取り扱い
  • 車椅子を使用した垂直避難
  • AEDの取り扱いと心肺蘇生法を行いました。

これらを受講者同士で指導する側と指導される側にわかれ、指導された班は次の班に指導するといった伝言ゲーム方式で行いました。
受講者は、ポイントをわかりやすく指導し合い、気づいた点などは皆で話し合ったりと真剣に取り組んでいました。
訓練の最後は「正常性バイアスについて」の講義を消防職員が行いました。
「正常性バイアス」とは、災害時等で危険がせまっているにもかかわらず、自分は大丈夫と思ってしまう心のメカニズムのことです。

「自分の命は自分で守る!」そのためにも各地域で行われる防災訓練は非常に重要です。新しく市民防災リーダーになられたみなさんには、防災の知識や日頃の備えを地域のみなさんに伝えていただけたらと思います。

市民防災リーダー研修2

性能検査を実施しました!

5月30日(木曜日)垂水消防署では、性能検査(せいのうけんさ)に伴う消防署長点検を実施しました。
この性能検査は、普段、現場出動する消防車両や火災現場で使用する機材と防災拠点として機能する庁舎(消防署)を万全な状態で使用するために点検・整備を職員が毎年行ってます。本日は、この1ヶ月間、職員が整備・点検を入念に行った車両・機材・庁舎を消防署長が点検しました。
消防は、火災や救急などの現場では安全・確実・迅速な活動をするため、点検・整備を行っていき、今後も事故防止に気をつけ市民の安全・安心に努めます!!

性能検査の様子1

性能検査の様子2

林野火災訓練を実施しました!!

平成31年2月23日(日曜日)神戸市垂水区下畑町字西砂山 須磨浦山上遊園「噴水ランド」にて林野火災防御訓練を実施しました。
アスファルト舗装されていない登山道を一歩一歩確実に踏みしめ、新人からベテランまでが、多くの消防装備を背負うとともに何十本の消防ホースを延ばし訓練を実施しました。垂水消防署では、注意喚起など事前広報を行い消防職員、消防団員合同による訓練を実施することで、お互いに役目を確認し区民への「安心 安全」の提供を心がけています。
また、山頂では防火広報のお手伝いをグリーンパトロールの皆様にしていただきました。
山火事は消火作業が困難な上、火が飛び移る可能性が高い危険な火災です。たばこのポイ捨てなど火災につながる行動は避けましょう。
また、職員一同この訓練での厳しさを忘れず、山火事予防に努めていきます。

放水写真

訓練写真1

訓練写真2

訓練写真3

防災福祉コミュニティについて

もしもの災害のとき、力を発揮するのは、地域住民のつながりです。
そのため、神戸市では、防災福祉コミュニティの育成・支援に力を入れています。

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

消防局垂水消防署総務査察課 

〒655-0052 神戸市垂水区舞多聞東1-10-30