現在位置

ホーム > 防災・安全 > 神戸市消防局 > 消防の概要 > 消防署 > 垂水消防署 > 感染予防策における火災予防

更新日:2020年8月13日

感染予防策における火災予防

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症の発生に伴い、幅広いシーンで感染予防策が必要となっていますが、火災予防も忘れてはなりません。

感染予防策を実施する際、見落としがちな点を挙げていますので、以下の点にお気をつけください。

消毒用アルコール

消毒用アルコールは引火しやすいです

  • アルコールは常温で蒸発し引火しやすいため、火気の近くで使用しないでください
  • 容器に詰め替える際は、漏れや飛散に注意するとともに換気を十分に行い、蒸気を滞留させないようにしてください
  • 容器は直射日光や高温となる場所を避けて保管してください

 

飛沫防止用シート

ビニールシートは燃えやすいです

  • 火気や白熱電球等の熱源の近くには設置しないでください
  • 感知器やスプリンクラーヘッドなどの消防用設備等の障害にならないようにしてください
  • 避難の支障とならないように設置してください
  • 難燃性、不燃性のシートや、アクリルボードなどの使用も検討してください

 

防火戸

防火戸は火災から命を守る大切な扉です

  • 換気のために臨時で防火戸を開けている場合は、火災発生時有効に閉鎖できるよう、従業員に周知徹底してください
  • 今後も開放する場合は、火災発生時に自動で閉鎖する防火戸に改修することを検討してください

 

感染予防と火災予防、どちらも大切な「いのちを守る行動」です。

どちらにも気を付けて、安全を確保しましょう!

感染予防と火災予防2

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

消防局垂水消防署総務査察課 

〒655-0052 神戸市垂水区舞多聞東1-10-30