ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2022年5月 > 神戸2024世界パラ陸上競技選手権大会新たな開催期日の決定

最終更新日:2022年5月10日

神戸2024世界パラ陸上競技選手権大会新たな開催期日の決定

ここから本文です。

記者資料提供(令和4年5月10日)
神戸2022世界パラ陸上競技選手権大会組織委員会は、大会主催者である国際パラリンピック委員会(IPC)並びに世界パラ陸上競技連盟(WPA)との間で大会の開催期日について協議し、令和6(2024)年5月17日から25日に開催することで合意しましたので、お知らせいたします。
大会開催に向け、さらなる機運醸成に努めてまいりますので、応援のほどよろしくお願いいたします。

開催日程

変更前:令和4(2022)年8月26日(金曜)から9月4日(日曜)
変更後:令和6(2024)年5月17日(金曜)から5月25日(土曜)

大会名

日本語:神戸2024世界パラ陸上競技選手権大会

英語:KOBE 2024 PARA ATHLETICS WORLD CHAMPIONSHIPS

競技会場(変更なし)

神戸総合運動公園ユニバー記念競技場

参加人数(変更なし)

約100か国より選手約1,300人(うち約400人は車いす利用者)

神戸2024世界パラ陸上競技選手権大会組織委員会会⾧コメント

お待たせしました。神戸世界パラ陸上、いよいよ日程が決まりました!
世界のすごい選手達が、国際都市神戸に集まりますよ。ユニバー記念競技場で、東京パラリンピックで活躍した選手や3カ月後のパリパラリンピックのヒーロー・ヒロインに会えるでしょう。
コロナ禍が収束し、世界中から選手、メディア、観客が訪れることを願っています。そして世界のみなさんに、神戸ビーフ、美味しいお菓子、有馬温泉などを堪能して頂きたい。延期になった分、これから2年かけて、国際都市神戸のインクルーシブな街の魅力をどんどん広めいきます。みんなで盛り上げていきましょう。

神戸2024世界パラ陸上競技選手権大会組織委員会

会⾧増田明美増田会長


世界パラ陸上競技連盟(WPA)代表代理コメント

パリ2024パラリンピック競技会までのサイクルの中で世界選手権を維持するため、神戸世界パラ陸上競技選手権大会組織委員会と密接に連携し、調整を進めてきました。本大会は、日本初開催であり、東京2020大会の重要なレガシーイベントとなるため、スポーツ界にとって重要なマイルストーンとなります。

世界パラ陸上競技連盟(WPA)代表代理
国際パラリンピック委員会(IPC)
ワールド・パラスポーツ・マネージングディレクター
クリスチャン・ホルツクリスチャン

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

文化スポーツ局国際スポーツ室 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館17階