現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2021年3月 > ユニバー記念競技場が第20回アジア競技大会(2026/愛知・名古屋)のサッカー競技会場に仮決定されました

更新日:2021年3月30日

ユニバー記念競技場が第20回アジア競技大会(2026/愛知・名古屋)のサッカー競技会場に仮決定されました

ここから本文です。

記者資料提供(令和3年3月30日)
 第20回アジア競技大会(2026/愛知・名古屋)は、アジア・オリンピック評議会(OCA)が4年に1度主催するアジア最大のスポーツの祭典で、2026年に愛知県・名古屋市を開催都市として日本国内で開催されます。
 同大会で実施するサッカーについて、本日開催された公益財団法人愛知・名古屋アジア競技大会組織委員会の理事会において、ユニバー記念競技場(神戸市須磨区)が、その競技会場として仮決定されました。

1.サッカーの競技会場について

(1)今回仮決定した競技会場

       ・ユニバ―記念競技場(兵庫県)

       ・名古屋市瑞穂公園ラグビー場(愛知県)

       ・長良川競技場(岐阜県)

  ・小笠山総合運動公園エコパスタジアム(静岡県)

  ・京都府立京都スタジアム(京都府)

  ・長居陸上競技場(大阪府)  

(2)既に仮決定済みの競技会場(全て愛知県)

  ・豊田スタジアム

  ・名古屋市港サッカー場

  ・ウェーブスタジアム刈谷

<参考>第20回アジア競技大会(2026/愛知・名古屋)(概要)

(1)大会期間

 2026年9月19日(土)から10月4日(日)まで〈16日間〉

(2)実施競技数

  約40競技(想定)

  ※現時点の実施決定済の32競技と、仮決定済の会場は別添資料のとおり

(3)参加国数

  アジア45の国と地域

(4)選手団(選手・チーム役員)

  最大15,000人

【第20回アジア競技大会(2026/愛知・名古屋)仮決定済競技会場一覧】

                                                                                                                        (2021年3月30日現在)
kaizyouitiran

※網掛の競技会場が、2021年3月30日開催の公益財団法人愛知・名古屋アジア競技大会組織委員会の第4回理事会において仮決定したものです。

※仮決定した競技会場については、OCAやアジア競技連盟(AF)等との調整及び新たな施設の整備等により、変更の可能性があります。

参考

公益財団法人愛知・名古屋アジア競技大会組織委員会の記者発表資料はこちら(PDF:1,016KB)です。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

文化スポーツ局国際スポーツ室 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館17階