現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年10月 > ニュージーランド競泳選手と神戸市立高等学校生徒とのオンライン交流

更新日:2020年10月5日

ニュージーランド競泳選手と神戸市立高等学校生徒とのオンライン交流

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年10月1日)
 神戸市は、2018年から東京2020オリンピック競技大会に伴うホストタウン交流事業として、ニュージーランド競泳チームとの交流事業を展開しております。市立高校生で結成した交流団が、東京2020オリンピックを目指すニュージーランド競泳選手と「オリンピック」や「スポーツ」をテーマにオンライン交流を実施します。この事業は、文部科学省WWL(ワールド・ワイド・ラーニング)コンソーシアム構築支援事業として市内市立高校の協力のもと実施されます。

1.実施概要

 (1)実施日 令和2年10月5日(月曜)15時30分から ※ニュージーランド時間:19時30分から 

 (2)交流団 7名(団長1名、交流団6名)

 ※神戸市立の高校に通い、水泳部所属で水泳の成績が優秀な生徒(神戸市水泳協会選抜)

 (3)内容 オリンピックを目指すニュージーランド選手と交流団が、普段の練習や自宅でできるトレーニング、来年への意気込みなど

 「オリンピック」や「スポーツ」をテーマに英語でインタビューを行い、交流を図るもの。

 (4)場所 神戸市立葺合高等学校 フェニックスホール(国際交流棟2階)

 (5)形式 オンライン

2.交流相手

 ・Lewis Clareburt(ルイス・クレアバート)選手ルイス選手

 専門種目:個人メドレー 

 直近の成績:2019年世界水泳選手権 400m個人メドレー 3位

 

 ・Erika Fairweather(エリカ・フェアウェザー)選手エリカ選手

 専門種目:自由形

 直近の成績:2019年ジュニア世界水泳選手権 200m自由形 1位

3.取材について

 取材を希望される場合は、10月5日(月曜)正午までに、メール連絡(intl_op@office.city.kobe.lg.jp)をよろしくお願いします。内容としましては

 ①所属(社名)②ご担当者氏名・連絡先③来られる人数とその内訳(カメラクルー・記者・技術)をご教示ください。

 また、取材時の注意事項は以下の通りです。

 【注意事項】

 ・フェニックスホール入口にて名刺をご提示ください。

 ・取材時は腕章・マスクをご着用ください。

 ・生徒の顔がはっきりと写った写真を使用される場合は、事前に学校の確認が必要となります。

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

文化スポーツ局国際スポーツ室 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館17階