更新日:2019年11月20日

平成30年度人権啓発イベント情報

ここから本文です。

神戸市では、『憲法週間』(5月)、『心かよわす市民運動』月間(8月)、『人権週間』(12月)を中心に、講演会、映画会など心あたたまる楽しいさまざまなイベントを開催しています。

みなさんも、ご家族、ご友人等お誘いのうえどしどしご参加ください。

イベントの詳しい内容、参加方法等については、順次ご案内させていただきます。

区民講演会を開催します

12月4日から12月10日は「人権週間」です。
市民のみなさんに人権について考えていただくため、人権週間の期間を中心に市内各区で区民講演会を開催します。
下記リンク先に、市内各区で開催する講演会一覧があります。
開催日時・場所・申込方法等一覧で記載しています。
なお、申込方法、申込締切日は、開催区によって異なりますのでご注意ください。
是非この機会にご参加ください。

心かよわす市民のつどい(終了しました)

神戸市では、市民のみなさんに家庭や地域、学校、職場など、身近なところで人権の大切さについて考えていただこうと、毎年8月を「心かよわす市民運動」月間として、啓発事業を実施しています。「心かよわす市民のつどい」も、その一環として実施しています。

概要

  • 日時 平成30年8月22日(水曜)13時30分から15時45分(13時開場)
  • 会場 神戸文化ホール・中ホール(神戸市中央区楠町 4-2-2)
  • 定員 約800名
  • 入場料 無料(ただし、事前に申込が必要)
  • 一時保育 一時保育は実施しません。お子様と入場していただけます。
    ただし、周囲の方へのご配慮をお願いしています。

プログラム

ダニエル カールさん(タレント、山形弁研究家)講演会(90分)

ダニエル カールさん<講演テーマ>
「ダニエル流コミュニケーション術」
~多文化共生をめざして~
今回は、「ダニエル流コミュニケーション術」と題して、どのようなコミュニケーションをしていけば、お互いの違いを認め合える多文化共生社会を実現していけるのかについて講演していただきます。

<プロフィール>
1960年、アメリカカリフォルニア州モンロビア市出身。
大学卒業後、文部省英語指導主事助手として山形県に赴任し、3年間英語教育に従事しました。現在は東京に居をおき、翻訳・通訳サービス会社を経営する社長です。好奇心旺盛な性格とバイタリティある行動力そしてユーモア豊かなサービス精神、それに加え3年間の山形での生活で鍛えた山形弁。
ドラマ、司会、コメンテーターなど、何でもこなすマルチタレント。

人権啓発映画「わっかカフェへようこそ」(27分)

企画 東京都教育委員会 2016年制作

東京下町の路地裏に和カフェがオープンするところから物語は始まる。
今回は「インターネットによる人権侵害-三色団子の向こう側-」と「外国人の人権-コンペイトウの来た道-」の2つのエピソードを上映します。
このエピソードを通して、自分も相手も大切にすることができる、自分なりの「ココロ まじわる ヨリドコロ」をつくりながら、自分には何ができるのかを考えるための作品となっています。

申込方法

7月9日(月曜)から先着順受付開始
電話またはFAXで下記へ申し込み受付後、8月上旬頃から順次入場券を送付します。
FAXの場合は、郵便番号、住所、名前、電話番号、参加人数を記載してください。

お問合せ先・お申込先
神戸市イベント案内・申込センター
電話 078-333-3372(さぁ、みんなに)
FAX 078-333-3314
年中無休 9時から21時

主催

神戸市・神戸市教育委員会

心かよわす親子映画大会(終了しました)

親子で人権の大切さについて考えていただこうと、親子映画大会を実施します。

概要

  • 日時 平成30年8月6日(月曜)
    午前の部 10時から12時35分(9時30分開場)
    午後の部 13時30分から16時5分(13時開場)
  • 会場 神戸文化ホール・中ホール(神戸市中央区楠町 4-2-2)
  • 定員 午前・午後の部ともに市民一般800名
    大人だけでも入場していただけます。
  • 入場料 無料
  • 申込 事前申込不要。当日先着順で入場。
  • 一時保育 一時保育は実施しません。お子様と入場していただけます。
    ただし、周囲の方へのご配慮をお願いしています。

プログラム

アニメーションで学ぶ!「ゲーム機、スマホ安全教室」(21分)

<制作会社 株式会社コムパレット 2016年作品>
ゲーム機やスマホに潜む危険性を「ミニドラマ」で気付き、安全に利用するための知識や心構えを「まとめ」で学べる、小学生・保護者・先生対象の情報モラルのアニメーション作品です。

「ズートピア」(109分)

<配給:ディズニー 2016年作品>
第89回アカデミー長編アニメーション賞受賞作品。
動物たちが高度な文明社会を築いた世界「ズートピア」を舞台に、ウサギの女の子ジュディが夢をかなえるために奮闘する姿を描いたディズニーアニメーション。
肉食動物、草食動物の互いの違いを認め合いながら、協力して理想の社会を作っていくことの大切さを訴える作品です。

お問合せ先

神戸市イベント案内・申込センター
電話 078-333-3372(さぁ、みんなに)
FAX 078-333-3314
年中無休 9時から21時

主催

神戸人権啓発活動地域ネットワーク協議会
○神戸地方法務局 ○神戸人権擁護委員協議会
○(社福)神戸市社会福祉協議会 ○神戸市

子ども・じんけんサッカー教室(終了しました)

29年サッカー教室の様子サッカーを通じて、人権を楽しく学ぶことを目的とした「子ども・じんけんサッカー教室」を開催します。ヴィッセル神戸サッカースクールコーチの指導のもと、子どもだけでなく保護者の方も参加していただき、楽しくサッカーに親しんでいただけるサッカー教室です。
昨年同様たくさんの方に楽しみながら人権について学んでいただきたいと考えています。サッカー初心者も大歓迎ですので、ぜひご応募ください。

日時

平成30年7月28日(土曜)16時から17時30分
※雨天決行
ただし荒天の場合や、災害や警報により開催できない場合もあります。
(募集チラシ等では、内容を変更しますとご案内していましたが、中止といたします。)
※当日開催される柏レイソル戦に先立って開催します。観戦チケットは各自でご購入ください。

会場

ノエビアスタジアム神戸 芝生広場

募集対象

兵庫県在住の小学生及び保護者(70組140名)
※教室の一部は、保護者の方も参加していただきます。

参加費

無料

募集期間

平成30年6月15日(金曜)~7月8日(日曜)

申込方法

下記の申込みサイトより必要事項を記入しお申込みください。(リンク先は削除しました)
(受付期間:6月15日から7月8日まで)
※応募者多数の場合、抽選といたします。抽選結果はハガキにより7月中旬ごろに通知いたします。7月18日までに結果が通知されない場合はヴィッセル神戸サッカースクール事務局(電話:078-991-7416 9時30分から18時 土日祝日)までお問い合わせください。

服装等について

サッカーボール持参(持っている人)
参加者・保護者の方もサッカーができる服装(トレーニングウェア・運動靴)でご参加ください。
(スパイク・サンダル・革靴不可)

その他

お預かりした個人情報はこの教室にのみ使用させていただきます。
当日撮影した写真はホームページ・広報等で使用いたしますのでご了承願います。

参加特典

  • ヴィッセル神戸オフィシャルグッズ
  • 人権イメージキャラクター「人KENまもる君」「人KENあゆみちゃん」マスコット人形
  • 参加者の中から抽選で10名限定で、当日、試合前に行うピッチサイド行進に参加できます。

※試合会場で「人KENまもる君」「人KENあゆみちゃん」と一緒に行進します。

ハートフル・シネマサロンを開催します(終了しました)

憲法週間(5月1日~7日)にあたり、市民のみなさんに憲法の基本理念である「基本的人権の尊重」や、さまざまな人権課題への理解を深めていただくため、人権にかかわりの深い映画を上映します。

日時

平成30年5月9日(水曜)
昼の部 13時30分から16時15分(13時開場)
夜の部 18時30分から21時15分(18時開場)

場所

神戸文化ホール中ホール
(神戸市中央区楠町4-2-2)
神戸市営地下鉄西神山手線 大倉山駅下車すぐ

作品

あした咲く 写真「あした咲く」上映時間36分(字幕・副音声付)
企画 兵庫県・(公財)兵庫県人権啓発協会 平成29年制作
テーマ 「女性の人権」~ともに輝ける社会をめざして~
出演者 舞羽 美海、岩佐 真悠子、蛍 雪次郎 他

それぞれの立場ゆえの悩みや葛藤を抱えている生き方の異なる姉妹が登場し、姉妹の対立や、父との対話、そして、地域の人々とのふれあいを通して、別の視点や価値観に気づき、自分で自分の生き方を選択し、女性はもちろんすべての人が輝ける社会の実現をめざす内容となっている作品。

(バリアフリー映画として副音声付で上映します。予めご了承ください。)

(公財)兵庫県人権啓発協会資料より

しゃぼん玉 写真「しゃぼん玉」上映時間108分 (字幕)
原作 乃南アサ
制作 『しゃぼん玉』製作委員会 平成28年作品
出演 林遣都、市原悦子、藤井美菜、相島一之 他

犯罪に手を染めてきた孤独な青年が、逃亡先の村で出会った人々との交流を通して再生していく姿を描く。親に見捨てられて人生を諦め、女性や老人ばかりを狙った通り魔や強盗傷害を繰り返すようになった青年・伊豆見。逃亡の末に宮崎県の山深い村にたどり着いた彼は、怪我をした老婆スマを助け、彼女の家に世話になることに。当初は金を盗んで逃げるつもりだったが、スマや村人たちの温かさに触れるうちに、伊豆見は失いかけていた人間性を取り戻していく。そんな中、ある事件をきっかけに10年ぶりに村に帰ってきた美知と知り合った伊豆見は、自分が犯してきた罪の重さを自覚するようになり、人生をやり直すことを決意する。

(C)2016「しゃぼん玉」製作委員会

定員

昼の部・夜の部ともに800名

夜の部の方が比較的ゆっくりとご覧いただけます。

入場料

無料(事前申込不要)
当日先着順にてご入場いただけます。
待合ロビーが狭いので、開場時間前後にお越しください。

一時保育

一時保育は行いません。
お子様と一緒にご入場いただけます。
ただし、お子様が泣いた場合等は、他のお客様へのご配慮をお願いします。

お問い合わせ先

神戸市イベント案内・申込センター
受付時間 年中無休 9時から21時
TEL 078-333-3372(さぁ みんなに)
FAX 078-333-3314

主催

神戸人権啓発活動地域ネットワーク協議会
(神戸市、神戸地方法務局、神戸人権擁護委員協議会、神戸市社会福祉協議会)

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

保健福祉局人権推進課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館8階