更新日:2019年11月20日

平成29年度人権啓発イベント情報

ここから本文です。

神戸市では、『憲法週間』(5月)、『心かよわす市民運動』月間(8月)、『人権週間』(12月)を中心に、講演会、映画会など心あたたまる楽しいさまざまなイベントを開催しています。

みなさんも、ご家族、ご友人等お誘いのうえどしどしご参加ください。

イベントの詳しい内容、参加方法等については、順次ご案内させていただきます。

各区人権講演会を開催します

12月4日から12月10日は「人権週間」です。
市民のみなさんに人権について考えていただくため、人権週間の期間を中心に市内各区で人権講演会を開催します。
下記リンク先に、市内各区で開催する人権講演会一覧があります。
開催日時・場所・申込方法等一覧で記載しています。
なお、申込方法、申込締切日は、開催区によって異なりますのでご注意ください。
是非この機会にご参加ください。

シッティングバレーボール人権教室を開催いたしました

平成29年9月20日(水曜日)、神戸市立井吹の丘小学校にて、シッティングバレーボール人権教室を開催いたしました。
シッティングバレーボールは、パラリンピックの種目であり、常に臀部の一部を床につけたまま行うバレーボールです。
今回の教室では日本代表選手を含む選手の方に来ていただき、子どもたちと選手のみなさんでパスの回しあいをしたり、クラス対抗で試合をしました。
障害者と健常者が同じスポーツで楽しむこと、また「障害があることは決してかわいそうなことではありません。」「困っている人がいたら手をさしのべてください。そうすればみんなが幸せになれます」という選手の言葉から、子どもたちは様々なことを学びました。

バレー1

バレー2

「心かよわす市民のつどい」を開催します(イベントは終了しました。ご来場の皆様、ありがとうございました。)

神戸市では、市民のみなさんに家庭や地域、学校、職場など、身近なところで人権の大切さについて考えていただこうと、毎年8月を「心かよわす市民運動」月間として、啓発事業を実施しています。「心かよわす市民のつどい」も、その一環として実施しています。

日時

8月22日(火曜)
13時30分から15時50分(13時00分開場)

場所

神戸文化ホール・中ホール(神戸市中央区楠町4-2-2)
(神戸市営地下鉄西神山手線、大倉山駅下車すぐ)

定員

800名(先着順、要事前申込)7月11日(火曜)より受付開始
★一時保育 1歳6ケ月~就学前のお子さま対象。無料。定員10名(先着順)
※神戸文化ホール内託児室にて
申込詳細は、下記「申込方法」をご覧ください。

プログラム

  1. 佐野有美さん写真人権啓発映画「カラフル」(31分)
    家庭の中にある人権課題を取り上げ、1人ひとりが「人権」に対する意識と知識を高め、家庭内で話し合うきっかけにしていただける作品。
  2. 人権講演 私が「あきらめない心」を語るなら~マイナスをプラスにして努力する~(90分)
    講師 佐野有美さん(車椅子のアーティスト)
    (手話通訳、要約筆記あり)

講師プロフィール
1990年生まれ。愛知県出身。先天性四肢欠損症で生まれ、あるのは短い左足と3本の指のみ。
高校在学中、チアリーディング部に所属し、地元マスコミで話題となる。
生まれつき手足の欠損というハンディがあるからこそ語れる「あきらめない心」「感謝の気持ち」「チャレンジ精神」など、さまざまな想いを講演やメディアを通じ精力的に発信中。
2011年6月、自らの詩集「あきらめないで」から選ばれた詩が曲になり、テイチクエンタテインメントからCDを発売。アルバム「あきらめないで」は2011年、第53回、輝く!日本レコード大賞の「企画賞」を受賞。

入場料

無料(ただし、事前に申込が必要)

申込方法

7月11日(火曜)より、先着順申込み受付開始します。
電話またはFAXで下記へ申込み受付後、入場券を送付します。
FAXの場合は、郵便番号、住所、名前、電話番号、参加人数、一時保育希望の場合は、お子さまの名前・年齢・性別を記入してください。
なお、一時保育を希望の方は、7月31日(月曜)までにご連絡をください。
申込先
神戸市イベント案内・申込センター 年中無休 受付時間 9j時から21時
電話 078-333―3372 FAX 078-333―3314

主催

神戸市・神戸市教育委員会

「心かよわす親子映画大会」を開催します(イベントは終了しました。ご来場の皆様、ありがとうございました。)

神戸市では、市民のみなさんに家庭や学校、地域、職場など、身近なところで人権の大切さについて考えていただこうと、毎年8月を「心かよわす市民運動」月間とし、映画会や講演会などの啓発事業を実施しております。
「人権」は特別なものではなく、みなさんがごく普通に暮らしている毎日にいつもかかわっているものです。そして、お互いの人権を尊重することで、人と人との絆はさらに深まるのではないでしょうか。
みなさんも、この機会に”やさしさ”や”思いやり”、”共に生きることの素晴らしさ”を見つめ直してみませんか。きっと「人権の尊重」への第一歩となるはずです。

日時

8月2日(水曜)
午前の部 9時45分から12時45分(開場 9時15分)
午後の部 13時30分から16時30分(開場 13時00分)

場所

神戸文化ホール・大ホール(神戸市中央区楠町 4-2-2)
(神戸市営地下鉄西神山手線、大倉山駅下車すぐ)

上映映画

親子えいがチラシ「スマホの安全な使い方教室」~気をつけようSNSのトラブルに~(23分)
<企画・制作:東映株式会社 教育映像部 2015年作品>
個人情報の取り扱い、SNSに潜む危険など最新のトピックを取り上げ、スマホの安全な使い方を学んでいきます。

「くちびるに歌を」(132分)
<配給:アスミック・エース 2015年作品>
アンジェラ・アキの名曲「手紙~拝啓 十五の君へ~」をモチーフに、新垣結衣の主演で映画化。元天才ピアニストと噂される音楽教員と中学生合唱部員との心の交流を描いた作品。

(c)2015『くちびるに歌を』製作委員会
(c)2011中田永一/小学館

定員

午前の部・午後の部ともに2000名

対象

市民一般(大人の方だけの入場も可能です)

入場料

無料。事前申込不要。
当日先着順にて入場していただけます。
ただし、定員になり次第、入場をお断りします。
会場の混雑状況によっては、開演の1時間前より入場整理券を配布します。

一時保育

一時保育は実施しません。
小さなお子さまも一緒に入場して頂けます。
ただし、他のお客様へのご配慮をお願いします。

問合せ先

神戸市イベント案内・申込センター
電話 078-333-3372(さぁ、みんなに)
FAX 078-333-3314
年中無休 9時~21時

主催

神戸人権啓発活動地域ネットワーク協議会
(神戸市、神戸地方法務局、神戸人権擁護委員協議会、神戸市社会福祉協議会)

子ども・じんけんサッカー教室を開催いたしました

平成29年7月29日(土曜日)に、ノエビアスタジアム神戸の芝生広場で「子ども・じんけんサッカー教室」を開催いたしました。
ヴィッセル神戸のコーチ3名のもと、フェアプレーの大切さを教えてもらい、親子でパスの練習をしたり、親チーム、子どもチームで試合をしたりと、夏の暑さに負けずサッカーを楽しみました。
また、抽選で選ばれた10名の子どもが試合前にピッチサイド行進を行い、人権イメージキャラクターの「人KENまもるくん」「人KENあゆみちゃん」そして人権擁護委員の方々と行進しました。
この教室を通じて、「人権の大切さ」「思いやりの心」「協力することの大切さ」を子どもたちに知ってもらいました。

サッカー1

サッカー2

ラグビー人権教室を開催いたしました

平成29年6月28日(水曜日)、神戸市立港島学園にてラグビー人権教室を開催しました。
神戸製鋼コベルコスティーラーズの選手を講師としてお迎えし、パスには思いやりが大切であることを教えてもらいながらパスの練習をしたり、ラグビーボールを使ったゲームをしました。
また選手の方たちから、「ラグビーでは個性にあわせてポジションがあり、それぞれが大切な役割を果たすこと」、「国籍に関係なくコミュニケーションをとってチームワークを育てること」などを教えていただきました。

子ども・じんけんサッカー教室を開催いたします(終了いたしました。)

サッカー教室の様子サッカーを通じて、人権を楽しく学ぶことを目的とした「子ども・じんけんサッカー教室」を開催します。ヴィッセル神戸サッカースクールコーチの指導のもと、子どもだけでなく保護者の方も参加していただき、楽しくサッカーに親しんでいただけるサッカー教室です。
昨年同様たくさんの方に楽しみながら人権について学んでいただきたいと考えています。サッカー初心者も大歓迎ですので、ぜひご応募ください。

日時

平成29年7月29日(土曜日)16時から17時30分
※雨天決行 ただし開催困難と判断した場合は内容を変更いたします。
※当日開催される大宮アルディージャ戦に先立って開催します。観戦チケットは各自でご購入ください。

会場

ノエビアスタジアム神戸 芝生広場

募集対象

兵庫県在住の小学生及び保護者(70組140名)
※教室には保護者の方も参加していただきます。

参加費

無料

募集期間

平成29年6月8日(木曜)~7月8日(土曜)(7月14日(金曜)まで延長します)

申し込み方法

下記の申込みサイトより必要事項を記入しお申込みください。(リンク先は削除しました)
(受付期間:6月8日から7月14日まで)
※応募者多数の場合、抽選といたします。抽選結果はメールにより7月中旬ごろに通知いたします。7月22日までに結果が通知されない場合はヴィッセル神戸サッカースクール事務局(電話:078-991-7416 9時30分から18時 土日祝休)までお問い合わせください。

服装等について

サッカーボール持参(持っている人)
参加者・保護者の方もサッカーができる服装(トレーニングウェア・運動靴)でご参加ください。
(スパイク・サンダル・革靴不可)

その他

お預かりした個人情報はこの教室にのみ使用させていただきます。
当日撮影した写真はホームページ・広報等で使用いたしますのでご了承願います。

参加特典

  • ヴィッセル神戸選手サイン入りうちわ
  • 人権イメージキャラクター「人KENまもる君」「人KENあゆみちゃん」マスコット人形
  • 参加者の中から抽選で10名限定で、当日、試合前に行うピッチサイド行進に参加できます。

※試合会場で「人KENまもる君」「人KENあゆみちゃん」と一緒に行進します。

ハートフル・シネマサロン

憲法週間(5月1日~7日)にあたり、市民のみなさんに憲法の基本理念である「基本的人権の尊重」や、さまざまな人権課題への理解を深めていただくため、人権にかかわりの深い映画を上映します。

日時

平成29年5月10日(水曜)
昼の部 13時30分から16時30分(13時開場)
夜の部 18時30分から21時30分(18時開場)

場所

神戸文化ホール中ホール
(神戸市中央区楠町4-2-2)
神戸市営地下鉄西神山手線 大倉山駅下車すぐ

作品

風の匂いちらし「風の匂い」(上映時間34分 字幕・副音声付)
企画 兵庫県・兵庫県人権啓発協会 平成28年制作
出演 中村 靖日、鳥羽 潤、宮下 順子他

幼い時はお互い「大切な友達」であった主人公の二人の青年の人間関係を描きながら、健常者と障害者という壁。二人の成長と職場での人間模様を通して、社会的な課題でもある『合理的配慮』についても触れる作品。

(バリアフリー映画として副音声付で上映します。予めご了承ください。)

(公財)兵庫県人権啓発協会資料より

夕凪の街 桜の国 ちらし「夕凪の街 桜の国」(上映時間118分字幕付き)
製作 (C)2007『夕凪の街 桜の国』製作委員会
監督 佐々部 清 原作 こうの 史代
出演 田中 麗奈、麻生 久美子、堺 正章他

原爆をテーマに、過去と現代に生きる2人の女性の物語を描いたこうの史代の傑作コミックを、「出口のない海」の佐々部清監督が映画化。
原爆投下から13年後の広島に暮らす平野皆実は、被爆体験による深い心の傷を抱えて生きていた。それから半世紀後、皆実の弟・旭は家族に黙って広島へと向かう。娘の七波は父を心配して後を追ううちに、自分のルーツを見つめ直していく。

(C)2007「夕凪の街 桜の国」製作委員会

定員

昼の部・夜の部ともに800名

夜の部の方が比較的ゆっくりとご覧いただけます。

入場料

無料(事前申込不要)
当日先着順にてご入場いただけます。
待合ロビーが狭いので、開場時間前後にお越しください。

一時保育

一時保育は行いません。
お子様と一緒にご入場いただけます。
ただし、お子様が泣いた場合等は、他のお客様へのご配慮をお願いします。

お問い合わせ先

神戸市イベント案内・申込センター
受付時間 年中無休 9時~21時
TEL 078-333-3372(さぁ みんなに)
FAX 078-333-3314

主催

神戸人権啓発活動地域ネットワーク協議会
(神戸市、神戸地方法務局、神戸人権擁護委員協議会、神戸市社会福祉協議会)

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

保健福祉局人権推進課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館8階