現在位置

ホーム > 市政情報 > 市長室 > 市長の動き > 市長の動き 過去の動き(一覧) > 2016年(平成28年) > 市長の動き 2016年(平成28年)4月分

更新日:2020年10月29日

市長の動き 2016年(平成28年)4月分

ここから本文です。

2016年4月

4月29日(金曜)

インフィオラータこうべ「北野坂」2016のオープニングセレモニーに出席しました

インフィオラータこうべ「北野坂」2016のオープニングセレモニーに出席した様子今年で20回目の開催となる「インフィオラータこうべ・北野坂」のオープニングセレモニーに出席しました。久元市長は会場での熊本支援募金活動等に触れ、「神戸と熊本の絆を大切にしていこうという応援が行われている。ほかの地域のためにもある神戸でありたい」と述べ、「穏やかな光のもとでインフィオラータを楽しみましょう」とあいさつしました。

第87回兵庫県メーデー神戸中央大会に出席しました

第87回兵庫県メーデー神戸中央大会に出席した様子「第87回兵庫県メーデー神戸中央大会」に出席しました。久元市長は、メーデーの参加者からの熊本地震に対する力強い支援に対し感謝の意を述べ、「神戸市からも様々な分野で職員派遣等の支援を行っており、今後もステージの変化に応じた支援を行っていく」と述べました。また、「地域社会が抱えている様々な課題から決して目を背けることなく、公正で隅々まで目が行き届くような行政を展開していきたい」とあいさつしました。

4月28日(木曜)

第1回子育て施策に関する有識者会議に出席しました

第1回子育て施策に関する有識者会議に出席した様子神戸2020ビジョンで掲げる「若い世代の結婚・出産・子育て・教育を優先できる社会システムづくり」のうち、子育て施策の具体化を図ることを目的とした有識者会議が開催されました。久元市長は、「神戸の特性を踏まえ、結婚・妊娠・出産・乳幼児期・保育園・幼稚園・小学校・中学校・高校という子どもの成長過程に合わせた切れ目のない子育て施策のあり方について議論いただきたい」と述べました。

「KOBE PRアンバサダー」任命式を行いました

「KOBE PRアンバサダー」任命式を行った様子外国人から見た神戸の魅力やまちの情報を、SNSを通じて英語で発信し、国内外における神戸の認知度向上を図るため、神戸市在住・在学・在勤・の外国人19名を「KOBE PR アンバサダー」に任命しました。久元市長はアンバサダーの方々に任命状を渡し、「皆さんの投稿を楽しみにしています」と述べました。

平成28年度第1回兵庫県市長会総会に出席しました

平成28年度第1回兵庫県市長会総会に出席した様子平成28年度第1回兵庫県市長会総会に出席しました。地方創生に係る財源確保や公共施設の老朽化への対策に関する財政支援等、県や国に対する要望として各市から提出された議案の審議を行い、13件の議案が採択されました。

4月26日(火曜)

定例会見

定例会見の様子定例会見において、「平成28年熊本地震への現時点での対応」・「久元市長の海外出張-ブリュッセル対日投資セミナー(ベルギー)、世界経済フォーラム・アフリカ会議(ルワンダ)への参加-」について話をしました。内容は、次のとおりです。

市長定例会見の内容(4月26日)

4月25日(月曜)

平成28年度 第1回「デザイン都市・神戸」創造会議に出席しました

平成28年度 第1回「デザイン都市・神戸」創造会議に出席した様子平成28年度 第1回「デザイン都市・神戸」創造会議に出席しました。久元市長は、「『デザイン都市・神戸』をさらに進めていくために、また、若者に選ばれるまちになるために、クリエイティブな発想で今年度も大きな成果を出していただくようお願いしたい」と述べました。

4月22日(金曜)

神戸ビエンナーレ組織委員会に出席しました

神戸ビエンナーレ組織委員会に出席した様子「神戸ビエンナーレ」組織委員会に出席しました。委員会では「神戸ビエンナーレ2015」の検証報告書等が承認されました。久元市長は、「神戸ビエンナーレは一つの区切りを迎えたものと考え、来年の神戸開港150年に併せて、海や港を中心に「神戸開港150年記念アートプロジェクト(仮称)」を開催し、継続的に神戸の芸術文化の振興を図っていきたい。委員の皆様方には、引き続き、当アートプロジェクトに対しご支援・ご協力をお願いしたい」と述べました。

バングラデシュ人民共和国の地方行政大臣の表敬を受けました

バングラデシュ人民共和国の地方行政大臣の表敬を受けた様子コンドカール モシャラフ ホセイン バングラデシュ人民共和国 地方行政・農村開発・協同組合省大臣の表敬を受けました。大臣が「バングラデシュは日本から経済・技術面の協力を受けるなど緊密な関係にある。経済発展に伴い都市の規模が拡大しているが、廃棄物処理場などインフラ整備が追いついておらず、神戸の取り組みに学びたい」と述べ、久元市長は「ごみの分別・運搬・焼却・埋立を一連のシステムとしてマネジメントしていくことが必要であり、クリーンセンターの視察などをぜひ役立ててほしい」と応えました。

4月19日(火曜)

甲南大学と包括連携協定を締結しました

甲南大学と包括連携協定を締結した様子甲南大学と本市3校目となる包括連携協定を締結しました。甲南大学とは、これまで個々の事業目的に沿った協定等を締結し、交流を深めてきましたが、今後は神戸の魅力創出・発信、地域振興、地域課題の解決、スポーツ・健康等幅広い分野で連携の強化を図ります。

市長臨時会見の内容(4月19日)

ハンブルク桜の女王の表敬を受けました

ハンブルク桜の女王の表敬を受けた様子ドイツ・ハンブルクで昨年5月「初代ハンブルク桜の女王」に選ばれたラウラ・グレーヴェルトさんの表敬を受けました。日本に留学経験があり日本語も堪能なグレーヴェルトさんは、「神戸は山も海もある憧れの街。ハンブルクとは港町としての共通点もある。神戸の良さをもっとアピールしたい」と述べました。久元市長は、「神戸とドイツの縁は古く、神戸の人々は洋菓子などドイツからものづくりを学んできた。今後、より多くのドイツの人たちに神戸を訪れていただきたい」と応えました。

4月18日(月曜)

「海事クラスターシンポジウム」に出席しました

「海事クラスターシンポジウム」に出席した様子「海事クラスターシンポジウム」に出席しました。久元市長はあいさつで、「港なくして神戸の繁栄はなかった」と改めて港の重要性について述べました。シンポジウムでは、神戸大学大学院教授の竹林幹雄氏と衆議院議員の盛山正仁氏による基調講演と、神戸を代表する企業の方々によるパネルディスカッションが行われ、神戸港の課題や今後の展望について熱心な議論が行われました。

臨時会見

臨時会見の様子臨時会見において、「神戸市と株式会社NTTドコモとのICT及びデータ活用に関する事業連携協定」について話をしました。内容は、次のとおりです。

市長臨時会見の内容(4月18日)

4月15日(金曜)

「公益財団法人計算科学振興財団第3回戦略会議」に出席しました

「公益財団法人計算科学振興財団第3回戦略会議」に出席した様子計算科学振興財団では、スーパーコンピュータ「京」や「FOCUSスパコン」をはじめとするスパコンの産業利用促進や研究支援を行っており、久元市長はその運営方針等について兵庫県知事や財団理事等と議論を行う戦略会議に出席し、「現在スパコンの利用が少ない分野にも焦点を当て、更なる企業の利用を促進してほしい」などと意見を述べました。

婦人市政懇談会報告集会に出席しました

婦人市政懇談会報告集会に出席した様子平成27年度婦人市政懇談会報告集会があすてっぷKOBEで開催されました。久元市長は、昨年12月に神戸市婦人団体協議会からいただいた要望書「人にやさしいまち神戸をめざして」に応え、平成28年度予算を踏まえた神戸市の考え方や現況について説明しました。

4月14日(木曜)

臨時会見

臨時会見の様子臨時会見において、「日本初!世界トップレベルのアクセラレータ「500 Startups」がアクセラレーションプログラムを神戸で実施します!」について話をしました。内容は、次のとおりです。

市長臨時会見の内容(4月14日)

4月13日(水曜)

第2回G7神戸保健大臣会合推進協議会総会に出席しました

第2回G7神戸保健大臣会合推進協議会総会に出席した様子G7神戸保健大臣会合に向けた、「第2回G7神戸保健大臣会合推進協議会総会」に会長として出席しました。総会では、歓迎レセプションや講演会などの関連事業の実施を決定しました。久元市長はあいさつで、「神戸医療産業都市の成果や蓄積された災害医療の経験など、会合を契機に神戸・兵庫の取り組みを発信し、他の地域、世界に役立てたい」と述べました。

定例会見

定例会見の様子定例会見において、「ICTで魅力的な「まちづくり」を-神戸市オープンデータ活用推進-」について話をしました。内容は、次のとおりです。

市長定例会見の内容(4月13日)

4月12日(火曜)

「健康“生き活き”羅針盤リサーチコンプレックス」協議会及び事業開始記念シンポジウムに出席しました

「健康“生き活き”羅針盤リサーチコンプレックス」協議会及び事業開始記念シンポジウムに出席した様子多種多様な研究の融合、研究成果の事業化支援、先端研究・起業・経営等に関する人材育成プログラムの提供により、人の「健康」を増進させることを目的に、文部科学省から全国で唯一正式採択された「健康“生き活き”羅針盤リサーチコンプレックス」協議会及び事業開始記念シンポジウムに出席しました。久元市長はあいさつの中で、「提案自治体として最大の努力をさせて頂く」と述べました。

4月9日(土曜)

「我が名は鶴亭―若冲、大雅も憧れた花鳥画」の開会式に出席しました

「我が名は鶴亭―若冲、大雅も憧れた花鳥画」の開会式に出席した様子「我が名は鶴亭―若冲、大雅も憧れた花鳥画」(平成28年4月9日(土曜)~平成28年5月29日(日曜日))の開会式に出席しました。主催者の一人としてあいさつをした久元市長は、「伊藤若冲と同時代に活躍し、池大雅とも交流のあった画家鶴亭の作品の数々をぜひ楽しんでほしい」と述べました。

4月8日(金曜)

神戸婦人大学の入学式に出席しました

神戸婦人大学の入学式に出席した様子神戸婦人大学入学式に出席しました。久元市長は、「昨年は戦後70年、震災後20年の節目の年。神戸市民は励まし、助け合いながら戦災と大震災を乗り越えてきた。神戸は人とまちの魅力が結びついてつくりあげられている。これからは、顔の見える地域社会をどうつくりあげていくかが課題。さまざまな分野を楽しく学習し、地域に還元していただきたい」と述べました。

4月6日(水曜)

久光製薬スプリングスに「神戸市スポーツ特別賞」を贈呈しました

久光製薬スプリングスに「神戸市スポーツ特別賞」を贈呈した様子「2015/16 V・プレミアリーグ女子」で、見事2年ぶり5度目の優勝を勝ち取った久光製薬スプリングスに「神戸市スポーツ特別賞」を贈呈しました。久元市長は表彰状とトロフィーを手渡し、「勝ち続けることが非常に難しい中、よく頑張ってくれた。プレミアリーグでの活躍は素晴らしかった」と称えました。

駐大阪中国総領事の表敬を受けました

駐大阪中国総領事の表敬を受けた様子劉毅仁駐大阪中国総領事の離任に伴う表敬を受けました。総領事が「日中間で初めて神戸と天津が友好都市提携を結ぶなど、神戸と中国の縁は深い。これからも中国からの訪問者を増やすなど関係を強化したい」と述べ、久元市長は、「神戸には多くの中国の方がお住まいになり、経済のみならず芸術や文化面など様々な交流を続けてきた。世代を越えた交流を活発にしていきたい」と応えました。

平成28年 消防団長・支団長辞令交付式を開催しました

平成28年 消防団長・支団長辞令交付式に開催した様子4月1日付けで、新たに消防団長になられた方に久元市長から辞令が交付されるとともに、新たに支団長になられた方に北、西の各消防団長から辞令が交付されました。また久元市長は、退団される前団長・支団長に感謝状を贈呈し、ねぎらいの言葉を述べたほか、新しい団長・支団長に対して「安心で安全な神戸市の実現にご協力いただきたい」と期待の言葉を述べました。

4月2日(土曜)

ストリートミュージアム作品収蔵式典に出席しました

ストリートミュージアム作品収蔵式典に出席した様子三宮センター街で、アート作品を道路に埋め込むストリートミュージアムの11作目収蔵式典に出席しました。今回の作品は、作家・加藤委氏が「生きる力」を力強く表現した「神戸サンカクノココロ」です。久元市長は、三宮センター街2丁目商店街振興組合の久利理事長のご挨拶に続き、「神戸の顔として、これからも神戸のまちを盛り上げていただきたい」と述べました。

過去の動き

久元市長の動き 過去の動き(一覧)へ

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

市長室秘書課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館15階