現在位置

ホーム > 市政情報 > 市長室 > 市長の動き > 市長の動き 過去の動き(一覧) > 2014年(平成26年) > 市長の動き 2014年(平成26年)11月分

更新日:2020年10月29日

市長の動き 2014年(平成26年)11月分

ここから本文です。

2014年11月

11月30日(日曜)

第51回関西広域連合委員会・関西広域連合議会に出席しました

第51回関西広域連合委員会・関西広域連合議会に出席した様子大阪府立国際会議場で開催された第51回関西広域連合委員会・関西広域連合議会に出席しました。広域連合委員会では、衆議院議員総選挙実施に当たっての緊急アピールや関西広域・文化振興計画の改定(中間案)などについて協議が行われました。

11月28日(金曜)

平成26年度神戸市技能功労者表彰式に出席しました

平成26年度神戸市技能功労者表彰式に出席した様子本表彰は、一生を専ら同一職種に専念し、優れた技能を持って社会に貢献してきた技能職者の功績をたたえ、技能水準の向上と職種の発展に資することを目的として昭和44年から実施しています。久元市長は、今年度受賞された21職種39名の技能職者に対し、「技能は、マニュアルで身に付けられるものではありません。長年の経験を次世代へ引き継いでいただきたい」とエールを贈り、一人ひとりに賞状と楯を贈呈しました。

ブリスベン姉妹都市委員会神戸代表責任者 ロス・ハンフリーズ氏の表敬を受けました

ブリスベン姉妹都市委員会神戸代表責任者 ロス・ハンフリーズ氏の表敬を受けた様子ブリスベン姉妹都市委員会神戸代表責任者である,ロス・ハンフリーズ氏の表敬を受けました。来年,神戸市とブリスベン市が姉妹都市提携30周年を迎えることをふまえ,市長は記念行事などについてハンフリーズ氏と意見交換を行いました。

KOBE公民連携フォーラムin神戸ITフェスティバル2014に参加しました

KOBE公民連携フォーラムin神戸ITフェスティバル2014に参加した様子デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)で開催された「KOBE公民連携フォーラムin神戸ITフェスティバル2014」にパネリストとして参加しました。パネルディスカッションでは、「オープンデータと公民連携の新たな可能性」と題して、オープンデータを活用して公民連携を進める意義や効果、課題などについて議論を深めました。

11月26日(水曜)

婦人市政懇談会垂水区総括集会に出席しました

婦人市政懇談会垂水区総括集会に出席した様子垂水区総括集会では、「ごみ問題」「地域交通の問題」「空き家対策」の3項目の要望をお聞きしました。久元市長は「垂水区は合計特殊出生率が全区の中で1番高く、子育てがしやすい環境だと考えています。区の総括集会を通して、特にバス問題など全市にまたがる課題が明確になってきたので、今後も力を入れて取り組んでいきたい」と話しました。

第2回定例市会第7日

神戸市名誉市民の称号贈呈の件及び人権擁護委員候補者推薦の件を市会に提案し、同意及び支障なしとの答申を得ました。また、平成26年度神戸市一般会計補正予算などの諸議案を提案いたしました。

11月25日(火曜)

定例会見

定例会見の様子定例会見において、「神戸マラソンへのお礼会」「震災20年の取り組み『山田洋次監督を招いての対談・その他事業の進捗』『モザイク観覧車での市民メッセージ募集』」「水素エネルギーの活用 ~関西初の燃料自動車『ミライ』導入~」について話をしました。内容は、次のとおりです。

市長定例会見の内容(11月25日)

11月23日(日曜)

神戸マラソンの表彰式に出席しました

神戸マラソンの表彰式に出席した様子市民広場のステージで、男子優勝のハロン マレルさん、女子優勝の齋藤公美さんなど、上位入賞者(男女各8位まで)の健闘を称え表彰式を行いました。久元市長は、齋藤さんに、賞状などを授与し、健闘を称えました。

第4回神戸マラソンに参加しました

第4回神戸マラソンに参加した様子爽やかな晴天のもと、久元市長の号砲により「第4回神戸マラソン」がスタートしました。スタートセレモニーでは、「震災復興から20年目のありがとう」特別企画として、宮城県仙台南高校、県立星陵高校、市立葺合高校による合同合唱の終わりに、約2万人のランナーが黄色の手袋を空にかざし、黄色のひまわりが咲き誇りました。また、有森裕子さん、朝原宣治さん、高石ともやさん、佐藤江梨子さんらが参加し、ランナーにエールを送りました。

11月22日(土曜)

神戸マラソン前日レセプション・記者会見に出席しました

神戸マラソン前日レセプション・記者会見に出席した様子神戸マラソン実行委員会会長、兵庫県副知事、招待選手、ゲストランナー、フレンドシップランナーらとともに前日レセプション・記者会見に出席しました。久元市長は、「神戸の街の再生復興の象徴が神戸マラソンであり、たくさんの皆様から応援していただいています。明日も天気がよく、素晴らしい大会になると思います」と語りました。

神戸アスリートフェスタ2014に出席しました

神戸アスリートフェスタ2014に出席した様子アスリートネットワークの柳本晶一さん、朝原宣治さん、岡本依子さん、福島千里さん、長崎峻侑さんが神戸ポートアイランドホールに集まり、神戸の子どもたちを対象にしたスポーツ教室「神戸アスリートフェスタ2014」が開催されました。久元市長は、400名の子どもたちに、「トップアスリートのパフォーマンスにふれ、スポーツに親しむきっかけづくりにしていただきたい」とあいさつしました。

11月21日(金曜)

神戸マラソンEXPOのオープニングセレモニーに出席しました

神戸マラソンEXPOのオープニングセレモニーに出席した様子神戸国際展示場で開催された「神戸マラソンEXPO2014」のオープニングセレモニーに出席しました。セレモニーには、スペシャルゲストとして五輪メダリストの野口みずきさんが出席して共にテープカットを行い、第4回神戸マラソンが開幕しました。

「KOBE FLWOER HEART(神戸フラワーハート)」オープニングセレモニーに出席しました

「KOBE FLWOER HEART(神戸フラワーハート)」オープニングセレモニーに出席した様子神戸産の花のPRイベント「KOBE FLOWER HEART~神戸の花であなたに あの人に幸せを~」のオープニングセレモニーに出席しました。神戸産のカーネーションやビオラで装飾された会場で、久元市長は、「神戸で素敵な花がつくられていることを多くの方に知っていただき、また神戸を神戸産の花であふれる街にしたい」とあいさつしました。

11月20日(木曜)

駐大阪・神戸 米国総領事の表敬を受けました

駐大阪・神戸 米国総領事の表敬を受けた様子駐大阪・神戸米国総領事館アレン・グリーンバーグ総領事の着任に伴う表敬訪問を受けました。グリーンバーグ総領事は、「神戸と米国総領事館の交流は古くから続いており、引き続き神戸との関係を大切にしていきたい」と話し、久元市長は、着任のお祝いを述べるとともに、医療産業や防災分野での他都市への貢献について紹介し、「グローバル化が進み、神戸もこれから新しいことに積極的にチャレンジしたい。今後、総領事のアドバイスをいただきたい」と述べ、G8サミット誘致への協力も依頼しました。

英語による政策討議に参加しました

英語による政策討議に参加した様子「神戸を訪れた外国人にとってホスピタリティあふれる街になるために、どう仕掛けるべきか」をテーマにした英語による政策討議に参加しました。参加職員に対し、久元市長は「外国人旅行者へのホスピタリティ向上のため、Wi-Fiや多言語での観光案内等の推進に取り組んでいるが、さらに何ができるか意見を出していただきたい。語学力や討議力を試す場ですが、これからも率先して英語を使用してください」とあいさつしました。

環境と新冷媒国際シンポジウム2014開会式に出席しました

環境と新冷媒国際シンポジウム2014開会式に出席した様子より環境に配慮した新しい冷媒の開発などに関する研究発表の場である「環境と新冷媒国際シンポジウム2014」の開会式に出席しました。久元市長はあいさつで「1994年に第1回目が開催されて以来、震災後も神戸で開催し続けていただいていることに深く感謝します。今回のシンポジウムでは活発な議論を通じて国際的な環境問題の改善に大きく寄与されますことを期待しています」と話しました。

11月19日(水曜)

JICA研修員の表敬訪問を受けました

JICA研修員の表敬訪問を受けた様子JICAが主催するコミュニティ防災研修に参加した14か国19名の研修員の表敬訪問を受けました。久元市長は、「阪神・淡路大震災の教訓で結成された『防災福祉コミュニティ(BOKOMI)』について研修で学んでいただいたことを、自国に帰られてから自主防災の結成や取り組みに役立てていただきたい」と話しました。

2016年神戸サミットの実現へ!池上彰氏の講演会に参加しました

2016年神戸サミットの実現へ!池上彰氏の講演会に参加した様子市では、2016年に日本での開催が予定されている主要国首脳会議(サミット)の神戸での開催を目指し、誘致活動を実施しています。サミットの開催意義を多くの皆様にご理解いただき、開催誘致に向けた機運醸成を図るため、池上彰さんをお招きし「世界の課題と日本の役割」をテーマに講演いただきました。久元市長は主催者あいさつで「神戸サミットの実現に向けて、関西一丸となって取り組みを進めています。皆様方にもぜひご理解・ご支援を賜りたい」と話しました。

11月17日(月曜)

平成26年度 神戸市産業功労者表彰式に出席しました

平成26年度 神戸市産業功労者表彰式に出席した様子本市産業の発展に多大な貢献をされた産業功労者、商工業功労者、農林水産功労者、総勢70名を表彰する表彰式に出席しました。久元市長は「阪神・淡路大震災で大きな被害があったにもかかわらず、各分野で本市産業の発展のためにご尽力されたことに敬意と感謝の意を表します。これまでの豊かな知識、経験を活かし、後進の指導あたっていただきたい」とあいさつしました。

11月15日(土曜)

東日本・神戸復興交流シンポジウムに出席しました

東日本・神戸復興交流シンポジウムに出席した様子こうべまちづくり会館で開催された「東日本・神戸復興交流シンポジウム」に出席しました。久元市長はあいさつの中で、「東日本の自治体の皆さんと神戸市職員がお互いの経験を学び合い、伝え合うことは大変意義があり、これを契機に我が国の災害対応が一歩でも二歩でも前に進むことを期待しています」と述べました。

11月14日(金曜)

神戸市青少年育成委員のつどいに出席しました

神戸市青少年育成委員のつどいに出席した様子青少年育成委員として長きにわたり、見守り活動をはじめとする青少年の健全育成に取組まれた方々の功績をたたえる表彰式と講演会(神戸市青少年育成委員のつどい)に出席しました。久元市長は、委員の日頃の労に感謝の意を述べ、「多くの大人たちが子どもたちに優しく注意深いまなざしを注ぐことで、子どもたちの安全をみんなで守っていきたい」と話しました。

更生保護制度施行65周年記念 兵庫県更生保護大会(阪神・淡路大震災20年事業)に出席しました

更生保護制度施行65周年記念 兵庫県更生保護大会(阪神・淡路大震災20年事業)に出席した様子神戸文化ホールで開催された更生保護制度施行65周年記念兵庫県更生保護大会に出席しました。久元市長は、「出所者が社会になかなか受け入れられず、孤独・孤立の中で再犯に走る状況は大変憂慮すべきことです。少しでも居場所を作っていくことが社会全体の課題であり、地域の安全・安心、顔の見える地域社会をどうつくっていくか、ご意見をお伺いしながら強化・充実していきたい」と話しました。

平成26年度 神戸市文化賞・文化奨励賞・文化活動功労賞を贈呈しました

平成26年度 神戸市文化賞・文化奨励賞・文化活動功労賞を贈呈した様子神戸文化の向上と発展に多大な貢献をされている方に対して、その長年のご精進に報いるため、神戸市民の誇りとして「文化賞」を5人に、文化活動において将来を期待される方に対して、一層研鑽を積んでいただくため、「文化奨励賞」を4人に、文化活動において長年にわたるひたむきな努力を続けておられる方に対して、その功績に敬意を表し、「文化活動功労賞」を3人・2団体に贈呈し、感謝の言葉を述べました。

お茶の水女子大学名誉教授 遠山氏の表敬を受けました

お茶の水女子大学名誉教授 遠山氏の表敬を受けた様子六甲山の緑化の礎を築いた本多静六氏の曾孫、遠山益氏の表敬を受けました。遠山氏より、本多氏が六甲山で行った業績、そしてその結果として緑が豊かに広がる今の六甲山があることなどについて、昔と今の写真を見比べながらお話しいただきました。久元市長は、「先人たちの努力の賜物である六甲山の緑を、私たちは大切に守り育てていかなければいけない」と述べました。

11月12日(水曜)

平成26年度あじさい賞・地域活動賞を贈呈しました

平成26年度あじさい賞・地域活動賞を贈呈した様子長年にわたり自治会・婦人会・社会教育活動等を通じて地域の振興・市民福祉の向上に寄与された方を表彰する『あじさい賞』と、地域福祉の向上・社会教育等の地域活動に関して功績のあった住民組織団体に贈られる『地域活動賞』の合同表彰式を開催し、受賞者に表彰状の贈呈と感謝の言葉を述べました。

11月11日(火曜)

定例会見

定例会見の様子定例会見において、「阿部一二三選手(神港学園高)が柔道講道館杯 優勝」「神戸市市政功労者特別表彰の贈呈」について話をしました。内容は、次のとおりです。

市長定例会見の内容(11月11日)

11月10日(月曜)

婦人市政懇談会北区総括集会に参加しました

婦人市政懇談会北区総括集会に参加した様子今回の北区総括集会では、単位婦人会より「地域交通について」「安心安全なまちづくりについて」「子育て世代に支援を!~幼稚園・保育所の増設を」「鈴蘭台駅前の再開発について」の4項目の要望をお聞きしました。これらを受け、久元市長は「今後とも北区が区民のみなさんにとって住みよいまちになるよう、各局と連携して地域の活性化に力をいれていきたい」と話しました。

11月9日(日曜)

「生物多様性シンポジウム」に出席しました

「生物多様性シンポジウム」に出席した様子シルバーカレッジで開催された生物多様性シンポジウムに出席しました。約240名の参加者に対し、久元市長は神戸の生態系が外来生物の影響を受けていることに触れ、「神戸の生態系を守るためどのように行動すべきか、シンポジウムを通じて考えていただきたい」とあいさつしました。また、みんなでつくるKOBE生きものマップ優秀投稿者の2名1団体、環境功労者・奨励者の9団体3事業者の方々を表彰しました。

11月8日(土曜)

2014全日本パンフェスティバルin神戸 開会式に出席しました

2014全日本パンフェスティバルin神戸 開会式に出席した様子神戸国際展示場で開催された「2014全日本パンフェスティバルin神戸」の開会式に出席しました。メインイベントである「日本全国ご当地パン祭り」の会場等を視察後、久元市長はあいさつで「神戸はパンのまち。本日は全国から多数のパン屋さんに出展していただいています。お越しのお客様にパンの魅力を存分に伝えていただきたい」と話しました。

「技能グランプリ&フェスタ2014」の開会式に出席しました

「技能グランプリ&フェスタ2014」の開会式に出席した様子次世代を担う子供たちをはじめ市民にものづくりの大切さや楽しさを伝え、技能への理解を深めてもらうことを目的に実施している「技能グランプリ&フェスタ2014」の開会式に出席しました。久元市長は「小さい頃から手先を動かすことは大事なことです。たくさんの子供たちにものづくりを体験していただきたい」と述べました。

11月6日(木曜)

神戸市私立幼稚園児の運動会「第31回『みんなあつまれ』」に出席しました

神戸市私立幼稚園児の運動会「第31回『みんなあつまれ』」に出席した様子市内の私立幼稚園の園児と保護者約3,700人が参加する運動会「第31回『みんなあつまれ』」に出席しました。久元市長は、子どもたちに「本番まで練習してきた成果を見せてくださいね」とエールを送りました。

第22回(平成26年度)神戸市看護のともしび賞表彰式に出席しました

第22回(平成26年度)神戸市看護のともしび賞表彰式に出席した様子長年にわたり、市内の医療機関等で勤務し、看護業務を通じた地域医療の向上に特に功績のあった看護職を表彰する「神戸市看護ともしび賞」の表彰式に出席しました。久元市長は、時代の流れや医療のあり方の変化に伴い、幅広いフィールドで活躍している看護職への感謝とねぎらいの言葉を述べました。

11月5日(水曜)

平成26年度「神戸発・優れた技術」認定証授与式に出席しました

平成26年度「神戸発・優れた技術」認定証授与式に出席した様子市内製造業のうち優れた技術力や独自製品を持つ企業を認定・支援する「神戸発・優れた技術」の認定証授与式に出席しました。久元市長は認定証を授与された4社にお祝いの言葉を述べ、「この認定を契機として、これからも技術を磨き、社業がますます隆盛となりますよう祈念します。神戸の街を元気でにぎわいのある街にするため、皆様から忌憚のないご意見をお願いしたい」と市政への協力を求めました。

婦人市政懇談会須磨区総括集会に参加しました

婦人市政懇談会須磨区総括集会に参加した様子懇談会では、連合婦人会から「ため池の造成について」「須磨海岸への公園の設置とサイクリングロードの整備について」「自転車レーンの整備について」「板宿地域福祉センターの整備について」という4目の要望をお聞きしました。これを受けて、久元市長は須磨海岸の整備について、「今回の要望を貴重なご意見ととらえ、須磨海岸の再整備にあわせて検討していきたい」と話しました。

11月4日(火曜)

神戸市老人クラブ連合会会員と市長との懇談会に出席しました

神戸市老人クラブ連合会会員と市長との懇談会に出席した様子神戸市老人クラブ連合会会員より、これからの市政に関する質問や日頃の老人クラブ活動における意見等を発表していただき、意見交換を行いました。久元市長は、「人口減少の時代に入っていく中で、皆さまができるだけ元気で、長く社会のために活動していただくことができるような社会づくりをしていきたい」と話しました。

過去の動き

久元市長の動き 過去の動き(一覧)へ

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

市長室秘書課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館15階