現在位置

ホーム > 市政情報 > 市長室 > 市長の動き > 市長の動き 過去の動き(一覧) > 2014年(平成26年) > 市長の動き 2014年(平成26年)9月分

更新日:2020年10月29日

市長の動き 2014年(平成26年)9月分

ここから本文です。

2014年9月

9月30日(火曜)

JFAこころのプロジェクト「夢の教室」開催に係る協定締結式に出席しました

JFAこころのプロジェクト「夢の教室」開催に係る協定締結式に出席した様子「夢の教室」の主催者である日本サッカー協会 大仁会長との協定締結を行いました。このプロジェクトでは、様々なジャンルのアスリートが小学校の教壇(5年生対象)に立ち、「夢を持つこと」、「仲間と協力すること」の大切さを子供たちに伝えています。久元市長は、「アスリートが子供たちに直接自身の言葉で体験を語ることは、今後の生き方、考え方に大きな影響を与える大変有意義な取り組みである」とあいさつしました。

9月29日(月曜)

第10期 親善大使「スマイル神戸」の表敬を受けました

第10期 親善大使「スマイル神戸」の表敬を受けた様子KOBE観光の日である10月3日から1年間、市内外のキャンペーンやイベント等で神戸のまちの魅力を広く発信する親善大使「スマイル神戸」第10期3名の表敬を受けました。久元市長は、「神戸は国際都市です。海外からの旅行客にも積極的に神戸の魅力をアピールしてください」と述べました。

9月26日(金曜)

第2回定例市会第3日

前日に引き続き平成25年度決算に関連して、行財政改革2015、三宮周辺地区の再整備、自殺者対策などについて質疑がありました。久元市長は行財政改革2015について、「現計画は27年度末までであり、次期計画の取り組み内容はこれから検討する。検討にあたっては、事業のあり方や仕事の仕方を見つめ直したうえで、仕組みそのものを変えていくという観点から考えていく」などと答弁しました。

9月25日(木曜)

第2回定例市会第2日

平成25年度決算に関連して、決算の評価と課題、神戸医療産業都市の今後、アベノミクスと連動した景気対策などについて質疑がありました。久元市長は決算の評価と課題について、「財政対応力を着実に回復させることができたが、市税収入の大幅な回復は見込めないことなどから、引き続き厳しい財政状況が続くものと予想される。聖域なき行財政改革や税源の涵養(かんよう)に資する施策の推進などにより、財政対応力を強化し、市民サービスの向上と未来に向けた都市づくりに取り組む」などと答弁しました。

9月22日(月曜)

神戸・ブリスベン教育交流受入生徒の表敬を受けました

神戸・ブリスベン教育交流受入生徒の表敬を受けた様子姉妹都市オーストラリア・クイーンズランド州・ブリスベン市からコリンダ・ステイト・ハイスクール(中・高校生10名と引率教員の2名)の表敬を受けました。久元市長は、「日本文化や神戸での経験、神戸の友人との友情を思い出として持ち帰り、今後の人生に活かしてください。両市・両国の親善をより深める架け橋として、平和で豊かな社会づくりに活躍していただきたい」と述べました。

定例会見

定例会見の様子定例会見において、「ラグビー日本代表戦へのエール ~ラグビー・ワールドカップ誘致に向けて~」「第2回 人口動態に関する有識者会議」「東日本からの被災者に対する市営住宅入居期間延長」について話をしました。

市長定例会見の内容(9月22日)

9月20日(土曜)

「第2回大学生と神戸市長との円卓会議」に出席しました

「第2回大学生と神戸市長との円卓会議」に出席した様子第2回円卓会議では、神戸市内在住・在学の学生21人が参加し、「ひとの活性化」をテーマに率直な意見交換を行いました。学生からの意見を踏まえ、久元市長は「ターゲットを明確にした情報発信をすることが大事だという気付きを与えてもらった」と話しました。

9月19日(金曜)

「こうべ長寿祭2014全国シルバー合唱コンクール」に出席しました

「こうべ長寿祭2014全国シルバー合唱コンクール」に出席した様子毎年神戸で開催される「全国シルバー合唱コンクール」は今回で23回目を迎え、埼玉県や長崎県など、全国から合計40団体が参加されました。久元市長は、入賞された団体に対して表彰を行い、「全国各地から神戸に足を運んでいただきありがとうございました。今後も、日頃の合唱活動に研鑽を積まれ、来年も出場してください」と述べました。

9月18日(木曜)

第2回定例市会第1日

平成25年度神戸市一般会計歳入歳出決算、平成26年度神戸市一般会計補正予算などの諸議案を市会に提案いたしました。

9月16日(火曜)

「土砂災害対策に関する有識者会議(第1回)」に出席しました

「土砂災害対策に関する有識者会議(第1回)」に出席した様子土砂災害から神戸市民の安全・安心を守るために必要な施策について検討する有識者会議(第1回)に出席しました。久元市長は、「神戸は、大きな被害のあった広島と同じく大変もろい地層であるなど、その自然特性などから考えると、土砂災害については他の自治体に比べてより力を入れて対策を講じなければなりません。専門的な知識・知見をお持ちの委員の皆さんにご意見をいただいて、神戸市として必要な対策を進めたい」とあいさつしました。

9月15日(月曜・祝日)

市内最高齢者を訪問しました

市内最高齢者を訪問した様子敬老の日に、市内最高齢者の玉井すぎのさん(112歳)を訪問し、長寿をお祝いしました。久元市長は、玉井さんに花束をお渡しするとともに、「来年も来ますので、お元気にお過ごし下さい」と述べました。

9月14日(日曜)

平成26年度神戸市母子寡婦福祉大会に出席ました

平成26年度神戸市母子寡婦福祉大会に出席した様子神戸文化ホール中ホールで開催された「平成26年度神戸市母子寡婦福祉大会」に出席しました。久元市長は、「子どもの将来がその生まれ育った環境によって左右されることが無いように、神戸市としてもひとり親家庭の支援施策の拡充に取り組んでいきたい。また、『母子福祉センター』が10月から『ひとり親家庭支援センター』に名称変更されるが、皆さんには更なるひとり親家庭への支援の充実にお力添えいただきたい」と述べました。

9月13日(土曜)

中高生しゃべりばに参加ました

中高生しゃべりばに参加した様子ユースプラザKOBE・EASTにて開催された「中高生しゃべりばwith神戸市長」に参加しました。東灘区、灘区、北区に在学・在住の中学生、高校生9名と「自然のまち神戸を守る」をテーマに活発な意見交換を行いました。中学生・高校生が発表した『中高生フォトコンテスト』の企画についても高く評価され、「ぜひ一緒に取り組みましょう」と激励しました。

9月12日(金曜)

神戸市商工団体優良従業員合同表彰式に出席しました

神戸市商工団体優良従業員合同表彰式に出席した様子神戸市商店街連合会、神戸市商工団体総連合会、一般社団法人神戸市機械金属工業会、神戸市小売市場連合会の各団体において永きにわたり勤務し、他の模範となる優良従業員67名の表彰式に出席しました。久元市長は「阪神・淡路大震災で打撃を受けた神戸経済の中で、数々の苦難を乗り越えご尽力されてきた皆様に深く感謝を申し上げる。今後も後進の指導や、震災20年を迎える神戸をもっと賑わう街にするためにご活躍いただきたい」とあいさつしました。

神戸商工会議所より神戸市政に対する要望書を受け取りました

神戸商工会議所より神戸市政に対する要望書を受け取った様子久元市長は、神戸商工会議所の大橋忠晴会頭から「平成27年度神戸市政に対する要望」について、要望書を受け取りました。主な要望項目として、「大阪湾岸道路西伸部の早期事業化」や「関西3空港一体運用の早期実現と神戸空港の機能強化」、「三宮駅周辺都心部の再整備とデザイン都市の具現化」などが挙げられ、意見交換を行いました。

9月10日(水曜)

定例会見

定例会見の様子定例会見において、「海外出張報告」「第1回土砂災害に関する有識者会議の開催」「空き地、空き家が地域と新たな担い手により再生」について話をしました。
内容は、次のとおりです。

市長臨時会見の内容(9月10日)

神戸市人事委員会より平成26年度職員の給与に関する報告及び勧告を受け取りました

神戸市人事委員会より平成26年度職員の給与に関する報告及び勧告を受け取った様子神戸市人事委員会の橋口委員長から、平成26年度職員の給与に関する報告及び勧告を受け取りました。本市職員と市内民間企業従業員の給与を比較した結果、本市職員給与が、月例給、特別給ともに民間を下回っており、平成19年度以来7年ぶりに引き上げる内容となっています。

神戸市老人クラブ大会に出席しました

神戸市老人クラブ大会に出席した様子市内の老人クラブ関係者が一堂に会し、功労者の労をねぎらう「神戸市老人クラブ大会」に出席しました。久元市長は、老人クラブが日頃から地域社会で様々に活躍されていることに感謝し、健康を維持し、より一層活動を拡げていかれるよう老人クラブへの期待の言葉を述べました。

9月9日(火曜)

平成26年度 神戸市社会福祉大会に出席しました

平成26年度 神戸市社会福祉大会に出席した様子社会福祉関係者が一堂に会する社会福祉大会を開催し、市民の福祉推進の決意を新たにするとともに、社会福祉の向上と発展に貢献されて来られた方々へ市民福祉功労賞、市民福祉奨励賞、市長表彰、市長感謝状を贈呈しました。久元市長は「初めて社会福祉大会に出席させていただき、身が引き締まる思いをしています。神戸の福祉の充実のために、全身全霊を傾けていくことをお誓い申し上げたい」とあいさつしました。

地方独立行政法人神戸市民病院機構 平成25事業年度業務実績等に関する評価結果を受け取りました

地方独立行政法人神戸市民病院機構 平成25事業年度業務実績等に関する評価結果を受け取った様子地方独立行政法人神戸市民病院機構評価委員会の伊多波(いたば)委員長から、平成25事業年度及び第1期中期目標期間の神戸市民病院機構の業務実績に関する評価結果を受け取りました。平成25事業年度の全体評価は、「全体として年度計画および中期計画のとおり順調に進捗している」との結果、また、第1期中期目標期間の全体評価は、「全体として中期目標を達成した」との結果となっています。伊多波委員長は「病院運営に、地方独立行政法人化の良さが出ていると感じています」と述べ、久元市長は「良好な評価をいただき、感謝します」と述べました。

8月31日(日曜)~9月7日(日曜)

ラトビア共和国 リガ市及びフランス リヨン市を訪問しました

フランス共和国リヨン市で企業誘致セミナーを開催しました(9月5日)

フランス共和国リヨン市で企業誘致セミナーを開催した様子リヨン商工会議所において、神戸市主催の企業誘致セミナーを実施し、地元企業トップや医療関係企業の方々を前に、市長自ら神戸への投資を呼びかけました。また、セミナー前にはリヨン商工会議所のフィリップ・エロー国際委員長らと今後の交流について意見交換を行いました。セミナー後には、リヨン市のあるローヌ・アルプ州の企業開発国際局を訪問し、ピエール・ジャン バイヨーCEO代理と意見交換を行ったほか、今後相互に協力を行う旨確認しました。

ラトビア共和国リガ市のウシャコフス市長を表敬しました(9月2日)

ラトビア共和国リガ市のウシャコフス市長を表敬しました神戸・リガ姉妹都市提携40周年を記念してリガ市を訪問しました。ニルス・ウシャコフス市長との意見交換では、これまでの合唱や動物交換などの交流を振り返り、今後も文化や観光などの交流を深め、幅広い分野において協力を促進していくことを確認しました。また、リガ市民に神戸への理解と親しみを深めてもらうため、リガ市役所1階ホールにおいて、神戸の概要、主要産業やプロジェクト、物産等を紹介する神戸紹介展の開会式を行いました。

過去の動き

久元市長の動き 過去の動き(一覧)へ

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

市長室秘書課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館15階