現在位置

ホーム > 市政情報 > 市長室 > 市長の動き > 市長の動き 過去の動き(一覧) > 2014年(平成26年) > 市長の動き 2014年(平成26年)1月分

更新日:2020年10月29日

市長の動き 2014年(平成26年)1月分

ここから本文です。

2014年1月

1月31日(金曜)

2014南京町春節祭のオープニングセレモニーに参加しました

2014南京町春節祭のオープニングセレモニーに参加した様子神戸市の地域無形民俗文化財にも指定され、今年で第26回目の開催となる旧暦のお正月をお祝いする「2014南京町春節祭」のオープニングセレモニーに出席しました。久元市長は「南京町商店街振興組合の皆様をはじめ多くの関係者の方々が神戸の元気・賑わいのために熱心に活動されておりますことに改めて敬意を表します。南京町の皆様そしてご来場の多くの皆様の今年一年がすばらしい一年でありますようにお祈り申し上げます」とあいさつしました。

1月30日(木曜)

宮崎県副知事が来訪されました

宮崎県副知事が来訪された様子平成26年秋に、「神戸~宮崎」を結ぶ新たなフェリー航路が就航します。これを契機に神戸・宮崎間の交流を深めるため、宮崎県稲用副知事が来訪されました。稲用副知事と久元市長は「神戸~宮崎」を結ぶ新たなフェリー航路を活用した神戸と宮崎の関係強化を図っていくことを確認しました。

1月29日(水曜)

「灘区新年のつどい」に出席しました

「灘区新年のつどい」に出席した様子灘区民ホールにおいて「灘区新年のつどい」が開催されました。久元市長は、新年の祝賀とともに、「灘区では、摩耶ビューラインのケーブルが昨年リニューアルされ、ケーブル駅へのアクセスとして「坂バス」が運行されるようになり、ケーブル利用者で賑うとともに、坂道の多い地域の南北交通としても重要な路線となっている。神戸市では南北交通の整備は重要であると認識しています」「にぎわいのあるまちづくりを皆さんの声を伺いながら進めていきたい」とあいさつしたあと、自治会、婦人会、老人会をはじめとする関係団体、関係機関など約200人の出席者と懇談しました。会場は新年の新たな思いに包まれ、和やかなつどいとなりました。

「神戸消費者フェスティバル」に参加しました

「神戸消費者フェスティバル」に参加した様子神戸文化ホールで開催された「神戸消費者フェスティバル」において、久元市長は「市民の安全な消費生活の確保のために、神戸市も消費者相談の窓口である生活情報センターの体制をもっと維持して拡充していかなければならない、「消費者市民社会」の実現に向かって、一緒にがんばっていきたい」とあいさつしました。また、約700人が参加した会場では、阿南消費者庁長官の講演と、パネルディスカッションが、熱心に行われました。

「Re-Kobe」メンバーとの意見交換を行いました

「Re-Kobe」メンバーとの意見交換を行った様子昨年10月の市長選で投票率向上をめざす活動を展開した学生団体「Re-Kobe」のメンバーが市長を訪問し、活動報告を行うとともに、若者の声を市政に反映させる方法などについて意見交換を行いました。この中で久元市長は「市政に関する若者の意見を募るため、大学生との円卓会議を設けたい」と述べました。

1月28日(火曜)

定例会見

定例会見の様子定例会見において、「長田区通り魔事件(1月27日夜・発生)への注意喚起」「こうべWエコ発電プロジェクト」「神戸未来都市創造プロジェクトの推進」「有害鳥獣対策への取り組み」について話をしました。内容は、次のとおりです。

市長定例会見の内容(1月28日)

医療×ITベンチャーサミットに出席しました

医療×ITベンチャーサミットに出席した様子医療・ライフサイエンス関連企業とITベンチャー企業のビジネスマッチングイベント「医療×ITベンチャーサミット」に出席しました。「神戸の強みである医療関連企業の集積をITを使ってどう生かすか、積極的にディスカッションして欲しい」とあいさつしました。

1月24日(金曜)

小豆島町長が来訪されました

小豆島町長が来訪された様子神戸と小豆島間には、平成23年7月からフェリー航路が就航しています。同航路を活用し、人的・物的な交流を引続き深めていくため、小豆島町塩田町長とジャンボフェリー株式会社 加藤会長、京都造形芸術大学 椿昇(つばきのぼる)学科長、京都造形芸術大学ヤノベケンジ教授が来訪されました。アート(芸術)を利用した小豆島町、神戸市の関係強化など、神戸と小豆島の協力関係を一層深めていくことを確認しました。

「中央区民新年のつどい」に出席しました

「中央区民新年のつどい」に出席した様子相楽園会館で開催された「中央区民新年のつどい」に出席し、参加された約140人の区民の方々と歓談しました。久元市長は、「神戸の玄関である三宮を中心とした神戸の都心を賑わいのあるまちにつくっていくため、市役所の職員一同力をあわせて、スピーディーにしっかりと頑張っていきたいと思いますので、皆様の力強いご支援、ご理解、ご教示をいただきたいと思います」とあいさつしました。

「ヴィッセル神戸 U-18」の表敬を受けました

「ヴィッセル神戸 U-18」の表敬を受けた様子ヴィッセル神戸の清水 克洋 代表取締役社長、野田 知 U-18監督、後藤 雄治 U-18コーチ、石末 龍治 U-18コーチ(GK担当)、原 美彦 U-18コーチと10名の選手が、久元市長を表敬訪問しました。2013Jユースカップ 第21回Jリーグユース選手権大会での優勝の報告を聞いた久元市長は、「年末に大変よいニュースを届けてくれました。引き続き、選手の皆さんはトップチームを目指して頑張ってください」とエールを送りました。

1月23日(木曜)

第41回関西広域連合委員会に出席しました

第41回関西広域連合委員会に出席した様子第41回関西広域連合委員会が開催され、久元市長が出席しました。会議では、次期関西広域連合広域計画や生涯スポーツの大会である関西版マスターズなどについて協議が行われました。

1月22日(水曜)

第147回2014夏「日本グランドシューズコレクション」の開会式に出席しました

第147回2014夏「日本グランドシューズコレクション」の開会式に出席した様子神戸国際展示場で開催される日本最大級の靴の展示会「日本グランドシューズコレクション」(1月22日~23日)の開会式に出席しました。久元市長は主催者である組合の正木理事長らとともにテープカットを行い、引き続き、季節を先取りした今夏の最新モデルの靴が展示された会場内を一巡しました。

「災害対策セミナーin神戸 地域防災シンポジウム」に参加しました

「災害対策セミナーin神戸 地域防災シンポジウム」に参加した様子神戸国際会議場で開催された「災害対策セミナーin神戸 地域防災シンポジウム」において、「阪神・淡路大震災から19年が経過したが、その経験と教訓を忘れることなく引き継ぎ、伝えていかなければならない」とあいさつしました。また、防災功労者・ともにつくる安全で安心なまちづくり賞として、貢献のあった方々を表彰しました。

1月19日(日曜)

久光製薬スプリングスに「神戸市スポーツ特別賞」を贈りました

久光製薬スプリングスに「神戸市スポーツ特別賞」を贈った様子平成25年度天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会(女子)で2年連続4回目の優勝を果たしました久光製薬スプリングス(練習拠点神戸市西区)に、「神戸市スポーツ特別賞」を贈呈しました。久元市長は、グリーンアリーナ神戸で開催されたV・プレミアリーグ女子2013/14久光製薬スプリングス対日立リヴァ-レの試合前に、久光製薬スプリングスの萱嶋部長、安保監督代理、石田主将に、表彰状・トロフィー・花束を渡しました。

1月17日(金曜)

「神戸市震災19年追悼の集い」に出席しました

「神戸市震災19年追悼の集い」に出席した様子阪神・淡路大震災から丸19年を迎え、震災から生まれた「きずな・支え合う心」を語り継いでいくため、「神戸市震災19年追悼の集い」が開催されました。久元市長は「震災の経験と教訓を風化させることなく、次の世代に語り継いでいくため、これからも市民の皆さまとともに、震災に対する備えを怠ることなく、安全で安心なまちを築く決意です」と追悼のあいさつを述べました。

ひょうご安全の日のつどい「1.17ひょうごメモリアルウォーク2014」「1.17のつどい」に参加しました

ひょうご安全の日のつどい「1.17ひょうごメモリアルウォーク2014」「1.17のつどい」に参加した様子阪神・淡路大震災を忘れずに語り継ぐため毎年1.17に開催される、ひょうご安全の日のつどいの「1.17ひょうごメモリアルウォーク2014」「1.17のつどい」に参加しました。「1.17ひょうごメモリアルウォーク2014」では、西5kmコースでスタート宣言をしたあと「神戸市立中央体育館」から「1.17のつどい」の会場であるHAT神戸なぎさ公園まで歩きました。

1月16日(木曜)

「東灘区民のつどい」に出席しました

「東灘区民のつどい」に出席した様子東灘区内のホテルで「東灘区民のつどい」が開催され、地域団体等から約180名の参加がありました。久元市長は、不発弾処理、東灘図書館の完成、JR摂津本山駅のバリアフリー化、INAC神戸レオネッサの活躍など昨年のできごとに触れ、「今年もこのままの勢いで、東灘が元気で住みよいまちになるように、一緒に前を向いて進んでいきましょう」とあいさつし、新年を祝いました。

「北区新年のつどい」に出席しました

「北区新年のつどい」に出席した様子北区民ホールにおいて約220人の区民の方々が参加し、「北区新年のつどい」が開催されました。久元市長は「北区では地域交通の確保が重要課題と認識しています。また、鈴蘭台駅周辺では交通安全の確保やまちの活性化を図り北区の玄関口にふさわしいまちにしていくために、鈴蘭台駅前では神戸電鉄と連携し、区役所庁舎の移転も含め再開発を進めています。みなさま方からのご意見も反映させながら力をあわせて、住みよい魅力あふれるまちづくりに取り組んでいきます」とあいさつしました。

1月15日(水曜)

「垂水区民のつどい」に出席しました

「垂水区民のつどい」に出席した様子垂水区の各界を代表する約250人の方々が参加され「垂水区民のつどい」が開催されました。久元市長は「神戸には今、新しい可能性があります。この可能性を大事にし、皆さまとより一層連携しながらがんばっていきます」と抱負を述べるとともに、「高齢化が進み、いろいろな課題があるなかで、垂水区では若手クリエーターの方々の活動等、地域活動が盛んに行われていることに感謝しています。今後とも一層のご協力をお願いします」とあいさつし、出席者の皆さんと歓談しました。

「須磨区民新年の集い」に出席しました

「須磨区民新年の集い」に出席した様子シーパル須磨にて「須磨区民新年の集い」が開催され、地域団体等から約200人が参加し、新年を祝いました。久元市長は、「須磨区は、須磨海岸など身近な自然環境がまちに隣接し、史跡、名所が豊富である一方、ニュータウンを抱えるなど、大変多様性に富んでいます。また、昨年開催された、第3回神戸マラソンではランナーが多くの市民から暖かい声援をいただいたことを感謝します。今後も活力のある須磨区の実現のために、皆様のより一層のご支援とご協力をお願いします」とあいさつしました。

1月14日(火曜)

「長田区新春のつどい」に出席しました

「長田区新春のつどい」に出席した様子長田区総合庁舎において「長田区新春のつどい」が開催され、久元市長が出席しました。地域等で活動する各種団体・事業者の代表者など約200人の参加者を前に、「まちの将来を考える“くにづかリボーンプロジェクト”や、地下鉄海岸線沿線の活性化など、街のにぎわいづくりに取り組んでいきたい」とあいさつしました。

「西区民新春の集い」に出席しました

「西区民新春の集い」に出席した様子西神オリエンタルホテルで開催された「西区民新春の集い」に出席し、区民の方々約300人とともに、新年を祝いました。久元市長は「生まれ育った神戸のために、仕事をする機会を与えてくださったことは身に余る光栄であり、全身全霊で仕事に打ち込みたい。西区ができて30年以上が経ち、さまざまな課題がある中で、その課題の一つ一つを皆さんと共有し、神戸市職員一丸となって諸問題に全力で取り組んでまいりたい」とあいさつしました。

1月13日(月曜)

成人お祝いの会に出席しました

成人お祝いの会に出席した様子平成26年神戸市成人お祝いの会がノエビアスタジアム神戸で開催され、約9,300人の新成人が出席しました。式典では久元市長から会場の新成人に対し、「大人としての自覚を持ち責任ある態度で社会とかかわっていただくことを期待したいと思います。そして、ともにこの日を忘れず、元気で活躍してください。心よりみなさんの前途を祝します」と激励の言葉を送り、新成人代表に花束を贈呈しました。

1月12日(日曜)

神戸文化ホール・神戸芸術文化会議40周年記念コンサートに出席しました

神戸文化ホール・神戸芸術文化会議40周年記念コンサートに出席した様子神戸文化ホール、神戸芸術文化会議がともに昨年40周年を迎え、記念コンサートが開催されました。ピアノ、マリンバ、和太鼓、声楽等、神戸を中心に活躍する音楽家の素晴らしい演奏が披露されました。

1月11日(土曜)

「第6回KOBE夢・未来号・沖縄」出発式に出席しました

「第6回KOBE夢・未来号・沖縄」出発式に出席した様子1月11日早朝、今年も市内の児童養護施設等に暮らす子どもたち(小学校6年生38名)が神戸空港から沖縄に向けて出発しました。三宮の商店主等で構成する「KOBE三宮・ひと街創り協議会」と「ザ・ファースト」(久利計一会長)の皆さんが子どもたちへの社会教育や沖縄と神戸の交流の活性化になればとの願いで、毎年、沖縄に招待しています。出発式には、久元市長の他、矢田前市長やヴィッセル神戸のモーヴィ君等、多くの関係者が参加し、賑やかに行われました。市長は、子どもたちに「戦前、最後の沖縄県知事島田叡氏について学ぶとともに、沖縄で楽しい思い出をつくってください」とあいさつするとともに、関係者へ感謝の言葉を申し上げました。

1月10日(金曜)

特別展「ターナー展 英国最高の風景画家」の開会式に出席しました

特別展「ターナー展 英国最高の風景画家」の開会式に出席した様子神戸市立博物館で開催される特別展「ターナー展」(1月11日~4月6日)の前日に行われた開会式で、久元市長は主催者を代表してあいさつしました。風景画家、そして光や大気を画面に描き出すという新しい絵画表現の可能性を切りひらいたターナーの業績などを、ホールに集まった約300人の招待者を前に説明しました。引き続き、主催者ならびにテート・ナショナル・ディレクター、ブリティシュ・カウンシル駐日代表、駐大阪英国総領事らとともにテープカットを行いました。

1月9日(木曜)

「兵庫区新年のつどい」に出席しました

「兵庫区新年のつどい」に出席した様子兵庫公会堂で「兵庫区新年のつどい」が開催されました。久元市長は、「生まれ育った兵庫の地が、みなさんのおかげでやさしさとぬくもりのあるまちに育ったことにお礼申し上げます」と述べるとともに、「いろいろなアイデアで、兵庫区が元気でにぎわいのあるまちになるような取り組みを行ってまいります」とあいさつし、地域団体等からの出席者約200人と歓談しました。

1月6日(月曜)

新年合同祝賀会に出席しました

新年合同祝賀会に出席した様子兵庫県、神戸市、神戸商工会議所などが主催する新年合同祝賀会が神戸国際展示場で開かれました。地元行政関係者や経営者など約1,700人が出席し、新しい年を祝いました。

1月4日(土曜)

消防の出初式に出席しました

消防の出初式に出席した様子平成26年の新春を飾る消防出初式を、メリケンパークにおいて開催しました。久元市長は「これからも市民・事業所の皆様と力を合わせ『顔の見える地域社会』を築き、神戸が安全で安心なまちであり続けられるよう、様々な政策に取り組んでまいります」とあいさつしました。

過去の動き

久元市長の動き 過去の動き(一覧)へ

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

市長室秘書課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館15階