現在位置

ホーム > 市政情報 > 市長室 > 市長の動き > 市長の動き 過去の動き(一覧) > 2013年(平成25年) > 市長の動き 2013年(平成25年)12月分

更新日:2020年10月29日

市長の動き 2013年(平成25年)12月分

ここから本文です。

久元市長の動き 過去の動き(一覧)へ

2013年12月

12月26日(木曜)

第40回関西広域連合委員会に出席しました

第40回関西広域連合委員会に出席した様子第40回関西広域連合委員会が開催され、久元市長が出席しました。会議では、地方分権改革推進本部等に係る要請や平成26年度主要事業・予算について協議が行われました。

12月24日(火曜)

阪神水道企業団議会で議長を務めました

平成25年12月2日から開催されている阪神水道企業団平成25年第2回定例会は、平成24年度決算、平成25年度補正予算などの議案を承認し、閉会しました。

12月18日(水曜)

婦人市政懇談会全市総括集会に出席しました

婦人市政懇談会全市総括集会に出席した様子平成25年度婦人市政懇談会全市総括集会が神戸文化ホール大ホールで開催されました。今年度実施された各懇談会での話し合いをもとに、神戸市婦人団体協議会から「要望書」が提出されました。それを受けて、久元市長は「市会のご支援もいただきながら、ご提言の内容を少しでも前進させ具体化することができるよう全力を尽くします。婦人会の皆さんのご協力を、引き続きよろしくお願いいたします」とあいさつしました。

たんぽぽ賞記念品贈呈式に出席しました

たんぽぽ賞記念品贈呈式に出席した様子職務遂行を通じて地域住民に奉仕したとして、神戸市婦人団体協議会より表彰を受けた職員に対し、記念品を贈呈しました。久元市長はあいさつで「たんぽぽ賞は、現場の第一線で頑張っておられる皆さんが市民の方から表彰を受けるという大変素晴らしい賞であり、本市にとっても非常に名誉なことです。今後も元気に仕事に励んでいただきたい」と述べました。

12月13日(金曜)

婦人市政懇談会西区総括集会に出席しました

婦人市政懇談会西区総括集会に出席した様子懇談会では、単位婦人会からの「西区役所の移転について」「高齢者への相談窓口について」「自転車のマナーについて」「農業公園の活性化について」など7項目の個別要望と、連合婦人会長からの区の将来に向けた要望をお聞きしました。これを受けて、久元市長は、農業公園の活性化について、「これまでの農業振興という経緯も大事にして考えていきたいと思います」と話しました。

婦人市政懇談会須磨区総括集会に出席しました

婦人市政懇談会須磨区総括集会に出席した様子懇談会では、単位婦人会からの「板宿本通商店街北側の駐輪マナーについて」「板宿地域福祉センターの整備について」「ごみ収集終了の合図について」「こどもの医療費助成の拡充について」など13項目の個別要望と、連合婦人会長からの区の将来に向けた要望をお聞きしました。これを受けて、久元市長は、こどもの医療費助成について、「外来についても段階的に拡大し、所得制限を設けるかどうかの問題はありますが、中学3年生まで無料にします」と話しました。

第24回「市長と学長との懇談会」に出席しました

第24回「市長と学長との懇談会」に出席した様子神戸学院大学ポートアイランドキャンパスにおいて、「大学集積都市としての特色を活かした神戸の未来像」をテーマに市内大学等の学長や校長と自由闊達な意見が交わされました。久元市長は「大学と行政が色々な関係を構築し、さらに発展させていくことが、知的集積都市としての神戸を高めることにつながる。実務的な取組みも含めて、各大学と市政との連携をさらに深化させていきたい」と述べました。

12月12日(木曜)

平成25年度「神戸の未来を担う子ども育て賞」表彰式に出席しました

平成25年度「神戸の未来を担う子ども育て賞」表彰式に出席した様子「神戸市PTA人権研修会」において、「神戸の未来を担う子ども育て賞」表彰式が行われ、受賞した15団体に市長から賞状と楯が贈呈されました。久元市長は、子ども時代の読書体験がその後の自分の成長の礎になっていることや地域の伝統文化が世代を超えて受け継がれることの大切さを例に挙げながら、「受賞団体やPTAの皆様が、各地域で子どもたちの健全育成に積極的に取り組んでおられることに、心から敬意と感謝を申しあげます」とあいさつしました。

女子フットサルチーム「arco-iris KOBE」の表敬を受けました

女子フットサルチーム「arco-iris KOBE」の表敬を受けた様子第10回全日本女子フットサル選手権大会で、2年ぶり2度目の優勝を成し遂げた女子フットサルチームの「arco-iris KOBE(アルコイリス神戸)」が、大会優勝を報告するため、久元市長を表敬訪問しました。片山 孝子 監督から優勝の喜びを聞き、久元市長は栄誉をたたえ激励の花束を渡すとともに、「今後も引き続き頑張ってください」とエールを送りました。

婦人市政懇談会東灘区総括集会に出席しました

婦人市政懇談会東灘区総括集会に出席した様子懇談会では、単位婦人会からの「魚崎中学校前十二間道路に信号機と歩道橋の改善」「古寺公園に時計を」「生きがい対応型デイサービスの継続を」「六甲アイランドの活性化」など15項目の個別要望と、連合婦人会長からの区の将来に向けた要望をお聞きしました。これを受けて、久元市長は、六甲アイランドの活性化について、「パートナーシップ協定を結んだ地元の皆さんと相談しながら、腰を据えて取り組んでいきたいと思います」と話しました。

WHOグローバルフォーラム閉会式に出席しました

WHOグローバルフォーラム閉会式に出席した様子世界保健機関健康開発総合センター(WHO神戸センター)主催の「WHOグローバルフォーラム 高齢者のためのイノベーション」が、12月10日から12日の日程で開催され、世界から120人以上の研究者、医療従事者などが集まり、健康的な高齢化のために必要な技術的、社会的イノベーションについて話し合われました。閉会にあたって久元市長は、「本フォーラムの成果が神戸から世界に発信され、一人でも多くの方が、より健康で、幸せのうちに歳を重ねていけることを切に願います」とあいさつしました。

12月11日(水曜)

駐日モナコ公国大使の表敬を受けました

駐日モナコ公国大使の表敬を受けた様子パトリック・メドゥサン駐日モナコ公国大使よる表敬訪問を受けました。大使は、表敬訪問に先立って立ち寄ったポートアイランド南公園で、1981年のポートピア博覧会の際に同国のレーニエ大公とグレース大公妃が植樹した菩提樹を見たことを話し、菩提樹が根をはり葉を茂らせるように、神戸とモナコの友好関係が今後も発展することへの期待を示しました。久元市長は、阪神・淡路大震災や東日本大震災において同国から寄せられた支援に感謝するとともに、地球温暖化など環境問題に関する意識の高さを神戸とモナコの共通点として挙げ、神戸が持つ高い環境技術について紹介しました。また、大使からは久元市長に対して、「私の父もモナコ市長を20年務めました。神戸市民のためにぜひ力を尽くしてください」とエールが送られました。

婦人市政懇談会垂水区総括集会に出席しました

婦人市政懇談会垂水区総括集会に出席した様子懇談会では、単位婦人会からの「バス停留所にベンチと屋根を」「市営住宅跡地について」「空き家・空き地対策について」「自転車マナーについて」など15項目の個別要望と、連合婦人会長からの区の将来に向けた要望をお聞きしました。これを受けて、久元市長は、バス停のベンチについて、「今後、バス停にベンチを設置する予算を増やしていきたいと思います」と話しました。

共同記者会見

共同記者会見の様子共同記者会見において、「株式会社ファミリーマートと神戸市との包括連携に関する協定の締結」について話をしました。内容は、次のとおりです。

共同記者会見の内容(12月11日)

12月10日(火曜)

第2回定例市会第10日

第2回定例市会第10日の様子前日に引き続き一般質問が行われ、神戸港の国際競争力強化や中小企業支援、成長力の維持などについて質問がありました。久元市長は、神戸港の国際競争力強化について「メガキャリアの再編といった動きに後れを取ることがないよう、戦略港湾政策をこれまで以上にスピード感を持って進め、船舶の大型化に対応した施設整備、基幹航路の拡大に繋がる集貨事業の推進に必要な国家予算の一層の拡充に全力で取り組みたい」などと答弁しました。

12月9日(月曜)

第2回定例市会第9日

第2回定例市会第9日の様子市政全般にわたる一般質問が行われ、神戸未来都市創造プロジェクトや市長・副市長の役割、三宮駅周辺地区の再整備などについて質問がありました。久元市長は神戸未来都市創造プロジェクトについて「ウォーターフロントの活性化については、庁内の推進体制として「港都 神戸」グランドデザイン推進本部を設置しており、この推進本部で具体的な整備方針や事業内容について検討を行い、5年後の神戸開港150年を1つの目標年次として、具体的な整備目標や工程を作成していきたい」などと答弁しました。

12月6日(金曜)

第2回定例市会第8日

第2回定例市会第8日の様子神戸市土地利用審査会委員任命の件等について市会に提案いたしました。また、平成25年度補正予算ほか諸議案が原案のとおり可決されました。

12月5日(木曜)

婦人市政懇談会兵庫区総括集会に出席しました

婦人市政懇談会兵庫区総括集会に出席した様子懇談会では、単位婦人会からの「空き家への迅速な対処のお願い」「JR兵庫駅周辺の駐輪問題」「笠松商店街の空き店舗対策で地域を活性化」「兵庫運河の活性化について」など22項目の個別要望と、連合婦人会長からの区の将来に向けた要望をお聞きしました。これを受けて、久元市長は、空き家対策について、「住める空き家については、貸し手と借り手を結びつける仕組みができないか検討します」と話しました。

チャリティーコンサート「KOBE JAZZ Passion for East-Japan」に出席しました

チャリティーコンサート「KOBE JAZZ Passion for East-Japan」に出席した様子東日本大震災から数えて1000日目の節目の日に神戸朝日ホールにて開催されたチャリティーコンサート「KOBE JAZZ Passion for East-Japan」に出席しました。このコンサートは神戸を中心に活躍するジャズ奏者約120名が出演され、収益金と協賛金・募金は、震災や津波などで楽器や楽譜を失くした被災地の子供たちのために役立てられます。満員の観客の前で「これからもますます、ジャズを含めた音楽の力で『音楽のまち・神戸』を振興していきたい」とあいさつしました。

第19回神戸ルミナリエの点灯式に出席しました

第19回神戸ルミナリエの点灯式に出席した様子神戸ルミナリエの点灯式において、久元市長は「肉親や家族、友人を震災で亡くされた方もたくさんいらっしゃいます。震災の犠牲者への鎮魂の思いとルミナリエの光をともに後世に伝えてゆく必要があります。ルミナリエの希望の光は多くの皆様のご支援・ご協力に支えられて開催を迎えることができました。厚く御礼申し上げます」とあいさつしました。

12月3日(火曜)

婦人市政懇談会長田区総括集会に出席しました

婦人市政懇談会長田区総括集会に出席した様子懇談会では、単位婦人会からの「市バス8系統の復活を」「空き家対策について」「地下鉄駒ヶ林駅のエレベーター設置について」「自転車運転のマナーについて」など14項目の個別要望と、連合婦人会長からの区の将来に向けた要望をお聞きしました。これを受けて、久元市長は、バスを含めた公共交通について、「バスと鉄道をうまく結びつけてダイヤ編成などを考えていくことが大事です」と話しました。

婦人市政懇談会北区総括集会に出席しました

婦人市政懇談会北区総括集会に出席した様子懇談会では、単位婦人会からの「敬老パスについて」「バス・コミュニティバスについて」「フルーツフラワーパーク再編について」「市街化調整区域について」など13項目の個別要望と、連合婦人会長からの区の将来に向けた要望をお聞きしました。これを受けて、久元市長は、フルーツフラワーパークについて、「農業施設については、最先端の農業試験施設として整備し、できた品種や栽培技術を北区などの農業生産者に活用していただけるよう、検討しています」と話しました。

神戸大使 平松愛理さんの表敬を受けました

神戸大使 平松愛理さんの表敬を受けた様子シンガーソングライターで神戸大使を務めて頂いている平松愛理さんが、表敬のために訪問されました。平松さんから来年1月17日に予定されている阪神・淡路大震災復興記念ライブ「1.17 KOBE MEETING」の説明を受けました。また、東日本大震災の復興に向けて、神戸とのつながりの大切さについて意見交換を行いました。

「神戸発・優れた技術」認定証授与式に出席しました

「神戸発・優れた技術」認定証授与式に出席した様子市内製造業のうち優れた技術力や独自製品を持つ企業を認定する「神戸発・優れた技術」の平成25年度認定証授与式に出席しました。久元市長は認定証を授与された16社への祝辞の中で、「神戸の企業を牽引してこられたパイオニアとして、技術力の向上にいっそう力を注いでいただきたい。新しい産業振興行政に取り組んでまいりますので、皆様の新しい発想をお寄せください」と市政への協力を求めました。認定企業からは新市長に期待する声が多数聞かれました。

神戸ルミナリエ ハートフルデーに参加しました

神戸ルミナリエ ハートフルデーに参加した様子神戸ルミナリエの開催に先駆けて、障がいのある方々に一足早くルミナリエを鑑賞していただく「神戸ルミナリエ ハートフルデー」が開催されました。その点灯式にあたり、久元市長は「『神戸ルミナリエ』は、神戸から全国に、また、世界に向けて発信する大事な行事として定着してきました。阪神・淡路大震災の記憶、そこからよみがえった神戸の歩みを末永く未来の世代に受け継いでいく大事な催しです。このひとときをゆっくりとお楽しみ下さることを祈念いたします」とあいさつしました。

12月2日(月曜)

阪神水道企業団議会で議長を務めました

平成25年第2回阪神水道企業団議会定例会において久元市長が議長を務めました。この議会では、平成24年度決算、平成25年度補正予算などの議案が審議されています。

定例会見

定例会見の様子定例会見において、「仕事の進め方」「震災の教訓の継承」について話をしました。内容は、次のとおりです。

市長定例会見の内容(12月2日)

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

市長室秘書課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館15階