現在位置

ホーム > 市政情報 > 市長室 > ごあいさつ > 阪神淡路大震災1.17のつどい 追悼のことば

更新日:2020年1月17日

阪神淡路大震災1.17のつどい 追悼のことば

ここから本文です。

多くの尊い命、住み慣れた街並み、そして私たちの大切なものを一瞬にして奪い去った阪神・淡路大震災から、25年が経ちました。

震災により無念にもお亡くなりになられました方々に、心より哀悼の誠を捧げます。

25年の歳月が流れ、震災を経験していない市民が増えていくなかで、震災から得た経験や教訓を風化させることなく、いかに次の世代に継承していくか、という課題に引き続き取り組んでまいります。

昨年も、集中豪雨による洪水や土砂災害、大型台風による広域停電や断水など、自然災害により日本各地が大きな災害に見舞われました。近い将来には南海トラフ巨大地震の発生も予測されています。私たちは、災害と常に隣り合わせにあることを強く心に留めると同時に、先人たちが培ってきた災害に強い都市づくりをさらにすすめていきます。

震災時に受けた国内外の多くの皆さま方からのご支援と市民の力で、神戸のまちは復興しました。私たちは感謝の気持ちを忘れることなく、神戸をさらに見違えるようなまちにしていく施策に果敢に取り組んでいくとともに、自らの経験を活かし、防災・減災・安全・健康などの分野で、他の都市や地域に貢献する都市であり続けます。

最後になりましたが、震災でお亡くなりになられました皆さまに重ねて哀悼の意を表しまして、私の追悼のことばといたします。


令和2年1月17日

神戸市長 久元 喜造

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

市長室秘書課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館15階