ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2022年8月 > ウクライナのソフトウェア開発会社が神戸に法人を開設します

最終更新日:2022年8月10日

ウクライナのソフトウェア開発会社が神戸に法人を開設します

ここから本文です。

記者資料提供(2022年8月10日)
 本市では、医療、IoT、スマートエネルギー等の成長分野で技術革新が進む欧州企業を誘致するためドイツに企業誘致のための欧州オフィス「Wirtschafts-Offensive KOBE(WOKOBE)」を開設し、欧州企業の誘致に取り組んでいます。
 この度、昨年12月1日に開催しました「ウクライナ神戸ITセミナー」に参加したウクライナのソフトウェア開発会社CHIグループが神戸に日本法人を開設し事業を開始しましたのでお知らせします。
 同グループは2006年にウクライナで小規模なスタジオとして創業し、その後、複数のコンピュータ言語を駆使してアメリカ、西ヨーロッパの市場を開拓し、2018年より日本でのビジネス展開を開始しています。
日本の顧客へのサービス向上と積極的な事業拡大のため、当初は東京に日本法人を開設する予定で法人開設の準備を進めていましたが、WOKOBEより神戸での会社設立を働きかけ、また、ロシアによるウクライナ侵攻後も欧州側での継続的なフォローを実施し、この度の神戸での日本法人開設につながりました。
 この他、当該進出にあたり神戸市は今年4月に開催した「ウクライナITセミナー」でのCHIグループの紹介などのビジネス支援や、日本法人の開設支援を行っています。

1.進出概要

≪日本法人の概要≫
・会社名: シーエイチアイ・ソフトウェア株式会社
・役 員: 代表取締役 川口 泰司
      代表取締役 ドゥミャク・ボロジミール
         取締役 チェルニャック・イェブゲン
・進出場所: 神戸市中央区磯上通4丁目1-14 120 WORKPLACE KOBE内
・設立日 : 2022年5月20日
・従業員数: 3名
・事業内容: ソフトウェア開発

2.日系プロジェクト担当チームからのメッセージ

 私たちCHIソフトウェアは、過去3年間、日本市場開拓のために多大な努力を重ねてまいりました。私たちは、日本のお客様と長期的な関係を築くという挑戦と、高いレベルのパフォーマンスを提供するという必要性に直面しています。
 日本のお客様向けに、現在まで30以上のプロジェクトを、成功させています。AI、コンピュータビジョン、C++、エンベデッドに焦点を当て、私たちは日本のお客様と深い専門知識を共有することを熱望しており、神戸市に法人を設立することで、日本市場との相互かつ効率的な協力に踏み出すことができると信じています。 
 世界で最も貴重な資源は人間です。ウクライナと日本の将来の発展のために、私たちの強力なエンジニアリングチームの専門知識を共有し、努力したいと思います。
Elena2        Dmitry2

3.問い合わせ先

シーエイチアイ・ソフトウェア株式会社
代表取締役 川口 泰司 TEL:090-8383-8528

4.CHIグループについて

LogoCHIグループは2006年に、PHP、HTM、CSS、デザインを手掛ける小さな会社City Hall Illustration(CHI)として事業を開始しました。その後数年間で新たな専門分野を加え、小さなウェブスタジオからCHI Software Development Centerへと急速に成長し、現在はウクライナに3つの開発センターを有し、経験豊富な500名以上のエンジニアが在籍しています。ウクライナには豊富なソフトウェアエンジニアの人材がおり、様々なスキルを持つ専門家にアクセスできます。大企業からスタートアップまで、これまでに世界中の様々な規模やタイプの企業に650件を超えるプロジェクトを提供しています。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

企画調整局医療・新産業本部新産業部企業立地課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館23階