交通事務採用情報

最終更新日:2022年3月10日

ここから本文です。

 
 

①交通事務トップ

「交通事務」

新たに2023年採用から募集する神戸市営交通事業の経営を担う職です

今後の交通局を支える交通事業に精通した人材育成のため、この度「交通事務」を新設し、局の根幹となる施策立案や事業計画の策定、乗客数・収益力の向上のための事業運営等に従事していただきます。長期的に交通事業運営に携わり専門性を高めていく必要があるため、採用後は現場勤務を行い、実際のお客様対応の最前線を経験することをはじめ、高速鉄道運転業務や乗務員等の現場職員をまとめ、指導・監督する立場を経験します。概ね3年の経験を積んで、採用4年目から本庁部門で現場従事経験を活かしながら、さまざまな業務を担っていきます。

※ 高速鉄道運転業務のため、運転士研修を受講し動力車操縦者運転免許を取得します。
 

募集概要(詳細については4月中旬公開予定)


  (1)第1次試験日 令和4年6月19日(日曜)

  (2)募集人員 若干名
  (3)試験内容 筆記試験、論文試験、個別面接、グループワーク
   【筆記試験内容】※①②とも、大学卒一般枠(総合事務区分)で出題しているものと同内容
    ①基礎的能力試験
     文章理解、判断推理、数的推理、資料解釈、社会事情(政治・法律、経済、時事等)
    ②専門試験
     憲法、行政法、民法、経済原論、経営学、会計学、英語等の22分野より5分野選択解答

キャリアイメージ

現場勤務(採用~3年程度)
採用から概ね3年間は、現場勤務を行い、実際のお客様対応や乗務業務、また現場職員をまとめ指導・監督する立場を経験します。
 
■地下鉄駅係員

①駅係員

【現場勤務】地下鉄駅係員
      経験予定期間:採用~2か月目

駅係員業務は、駅窓口で各種乗車券類の販売・払い戻し、さまざまな問い合わせへの応対のほか、ホーム監視・駅構内の巡視を行っています。
また、適宜急病人対応、振替輸送のご案内など臨機応変に対応しています。
お客様の「ありがとう。助かった!」という言葉をいただいた時は、とてもやりがいを感じます。

■地下鉄乗務(車掌)

②地下鉄乗務(車掌)

【現場勤務】地下鉄乗務(車掌)
      経験予定期間:採用3か月目~4か月目


車掌業務は、地下鉄車両の扉の開け閉め、出発時のホームの安全確認、車内放送や車内の状態を確認しながら、常にお客様に快適にご利用いただくことを意識して乗務しています。
また、地下鉄は、早朝深夜にも運行しているため、健康管理にも充分注意しながら、安全運行に努めています。

■地下鉄乗務(運転士)

③地下鉄乗務(運転士)

【現場勤務】地下鉄乗務(運転士)
      経験予定期間:採用5か月目~22か月目


地下鉄の運転業務は、何よりもお客様の安全を最優先に運転士としてハンドルを握ることです。
また、定時制と速達性を確保するために定刻通り列車を出発させることも重要な役目です。その中で、ATCによる手動運転時は、乗り心地を考えたブレーキ操作やできるだけ揺れを抑えるような運転技術を習得するために、日々技術を磨きながら運転しています。

■地下鉄助役(乗務助役)

④地下鉄助役(乗務助役)

【現場勤務】地下鉄助役(乗務助役)
      経験予定期間:採用23か月目~36か月目


乗務助役の業務は、一年中休むことのない地下鉄の運行のために、車両を運転する運転士ならびに車掌の管理を行います。日々の健康管理はもとより、乗務員の適性、知識、技能その他資質の保持および向上に関する業務を担当し、乗務員が安全に運転できるようにサポートします。安全で安心して地下鉄をご利用いただくために厳しい指導も必要ではありますが、安全運行が最大の使命であり、チーム一丸でその使命を全うできるように努めています。

■自動車運行管理

⑤自動車運行管理

【現場勤務】自動車運行管理
      経験予定期間:採用24か月目~36か月目


運行管理者の業務は、乗務割の作成、乗務記録の管理、運転士の指導管理、業務前後の点呼による運転士の疲労・健康状態の把握など多岐にわたり、交通事故を防止していく使命と責任が課されています。点呼等を通じて運転士の声に耳を傾け、積極的にコミュニケーションを図り、常に安全安心で風通しの良い職場環境を築けるよう努めています。


本庁部門勤務(採用4年目以降~)

採用4年目から現場従事経験を活かしながら、本庁部門で局の根幹となる施策立案や事業計画の策定、乗客数・収益力の向上のための事業運営等を担っていきます。
■経理・経営企画

⑥経理、経営企画

【本庁部門勤務】経理・経営企画
       (経営企画課)


地下鉄事業の経理を担当しており、決算見込みの作成や予算管理のほか、交通局仕様の財務会計システムの運用管理を行っています。また、お客様満足度調査を実施し、求められているサービス等を把握し、よりよい事業運営を行っていけるよう、データ分析作業にも力を注いでいます。

■人事・労務

⑦人事・労務

【本庁部門勤務】人事・労務
       (職員課)


毎月の職員の給与・手当の支給にかかる事務を主に担当しています。交通局は特に、多くの職種の方が働き、勤務形態も多々あるため、毎月支給誤りがないよう入念に確認を行っています。また、職員採用や人事異動時にも対象の方が円滑に諸手続きを進められるよう、課内で連携しあい対応することを心がけています。

■利用促進

⑧利用促進

【本庁部門勤務】利用促進
       (営業推進課)


お客様に快適に市バスや地下鉄を多くご利用いただけるよう、エコファミリー制度等の企画乗車券の運営を行っています。また、利用促進につなげる様々なイベントの企画、それにかかるグッズの作成・販売なども行っています。イベントに参加いただいた方が「また参加したい!」とおっしゃっていただいた時にとてもやりがいを感じます。

■資産活用

⑨資産活用

【本庁部門勤務】資産活用
       (営業推進課)


市バス・地下鉄の広告媒体や、交通局が保有している資産(駅構内テナント・テナントビル等)の管理運営等にかかる事務を行っています。最近では、神戸市の駅再整備事業の一つとして、駅のリノベーション事業や駅ビル商業施設の運営会社の誘致、選定等の事務を行ってきました。事業者の方々との交渉が多いので、意思疎通を常に大切にしながら業務を行っています。

■バス部門総括

⑩バス部門総括

【本庁部門勤務】バス部門総括
       (市バス運輸サービス課)


市バス事業運営にかかるさまざまな契約や経費の支出事務等を行っています。特に気をつけていることは、委託・直営に関わらずすべての路線で、均一にサービスを行えるよう、委託先・営業所と調整を適宜行うことです。バス運転士の乗車サービスのお褒めのお手紙をいただいた時は、自分のことのように嬉しい気持ちになります。

■地下鉄部門総括

⑪地下鉄部門総括

【本庁部門勤務】地下鉄部門総括
       (地下鉄運輸サービス課)


地下鉄の運営全般に関し交通局内をはじめ、他部局、他の鉄道事業者との調整・情報交換などの対外的な業務を行っています。また、事故や異常が発生した場合の取りまとめ、現場のマネジメントに関することなども行い多種多様です。地下鉄開業から40年以上が経過し、安全で安定的な輸送サービスを今後も提供できるように、温故知新の精神で常に挑戦し続けたいと考えています。


 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

交通局職員課 

〒652-0855 神戸市兵庫区御崎町1丁目2番1号 御崎Uビル