現在位置

ホーム > 市政情報 > 計画・事業 > 企画調整局の計画・事業等 > エネルギー政策 > 関西電力株主総会 > 関西電力に対する株主提案の議決について

更新日:2021年10月22日

関西電力に対する株主提案の議決について

ここから本文です。

神戸市では、平成24年4月27日に関西電力に対して6項目の株主提案議案を提出しました。
6月27日、株主総会が開催され以下のとおり議決されましたので、お知らせします。

本市提案議案

  • 第18号議案 経営の透明性の確保【3市(京都・大阪・神戸)共同提案】
  • 第19号議案 取締役の報酬の開示【3市(京都・大阪・神戸)共同提案】
  • 第20号議案 電力需要の抑制と新たなサービスの展開【3市(京都・大阪・神戸)共同提案】
  • 第24号議案 脱原発依存と安全性の確保【2市(京都・神戸)共同提案】
  • 第29号議案 代替電源の確保【神戸市単独提案】
  • 第30号議案 最適な事業形態の確立【神戸市単独提案】

本市提案議案(PDF:78KB)

神戸市による質問と関西電力からの回答

矢田神戸市長による質問

神戸市は、京都市、大阪市とともに、一部共同しながら、6つの議案を提案いたしております。
これらの提案内容をふまえ、ただ今より神戸市の考え方をご説明し、あわせて2点ご質問をさせていただきます。
昨年3月11日に発生した福島第一原子力発電所の事故を踏まえれば、原子力発電所において、ひとたび大事故や大災害が発生すれば、広範囲にわたって甚大な影響が出ることは明らかです。
神戸市としては、再生可能エネルギーや火力発電など多様なエネルギー源を導入して、代替電源を確保する中で、中長期的には、原発に依存しない持続可能で安心安全な電力供給体制の構築を進めていくことが重要であると考えております。
また、原子力発電所の稼動にあたりましては、世界最高水準の安全性確保に取り組むとともに、深く理解を得るよう努めていただく必要があります。
なお、計画停電については、絶対に避けていただきたいと強く求めます。
政府のエネルギー・環境会議では、原発への依存度低減へのシナリオなどについて、国民的な議論をへて、夏ごろに決定するとされております。
御社におかれましては、これら近く示される国の政策・基準に対し、国内電力会社をリードする決意で迅速かつ適切に経営に反映し、具体化を進めていただきたいと思います。
また、より一層の経営の透明化をはかり、株主のみならず市民への説明責任を果たし、日々の安心、安全な生活の確保、関西経済を支える安定的な電力供給に努めていただきたいと思います。
以上をふまえまして、2点、お伺いいたします。

1点目としまして、この夏以降、政府において、原発の依存度低減、また、エネルギーミックスのあり方などについて国の方針が示されるとされておりますが、御社におかれましては、国の方針が示された際に、直ちに、原発依存度の引き下げと多様なエネルギー源の導入による代替電源の確保に向けまして、国内電力会社をリードする決意で具体的なロードマップを作成し、率先して示していただくことを強く求めたいと考えますが、見解を伺います。

2点目として、そうしたロードマップの実行にあたっては、市民の理解と協力が不可欠です。
御社においては、市民や事業者、さらにはわれわれ自治体と、これまで以上に緊密に協働、連携していただくことが重要だと考えますが、その具体的な取り組みを含め、見解を伺います。

八木関西電力株式会社社長からの回答(概要)

  • (1)エネルギーミックスについては、関西電力として、政府からこの夏をめどに示される方針も踏まえ、将来のあるべき姿をしっかり考える
  • (2)今後の技術革新による、多様なエネルギー源の導入に向けた基盤強化に取り組む
  • (3)各種電源の課題を克服し、それぞれの長所を生かしたエネルギーミックスについて、時間軸の概念も勘案しながら検討し、地域とも共有していく
  • (4)さらに、再生可能エネルギーやスマートコミュニティの推進にあたっては、自治体や地域との一層の連携をもって取り組む

本市の議決権行使内容

本市の議決権行使内容

関西電力に対するこれまでの取り組み

関西電力に対するこれまでの取り組み

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

企画調整局エネルギー政策課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館12階