現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年9月 > 神戸・関西圏水素利活用協議会の設立~神戸・関西圏で水素の社会実装に向けた取り組みが加速します~

更新日:2020年9月4日

神戸・関西圏水素利活用協議会の設立~神戸・関西圏で水素の社会実装に向けた取り組みが加速します~

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年9月4日)

 本市では、二酸化炭素の排出が少ないくらしと社会をめざし、水素エネルギーに着目し、「水素スマートシティ神戸構想」として、その利活用の促進に取り組んでいます。
 本市を含む関西圏は、先駆的な水素供給及び水素利活用に関する実証事業が行われている最先端の地区であり、実証事業の成果を社会実装に向けて一層加速させるため、この度、水素利活用の推進に取り組む事業者(以下、“設立時会員”参照)は、神戸・関西圏における水素利活用の社会実装と水素サプライチェーン構築を目的とする「神戸・関西圏水素利活用協議会」を設立しました。
 本市においても、実証事業の一つである水素コージェネレーションシステム(“水素CGS”)実証プラントの協力団体として参画していることから、本協議会にオブザーバーとして参加し、環境面、産業面をはじめとした様々な分野での貢献が期待される水素エネルギーの利活用の促進に取り組んでいきます。

1.設立時会員、50音・ABC順

岩谷産業株式会社(※)、株式会社大林組、川崎汽船株式会社、川崎重工業株式会社、関西電力株式会社、株式会社神戸製鋼所、シェルジャパン株式会社、電源開発株式会社、丸紅株式会社(※)、三菱パワー株式会社、ENEOS株式会社
 ※事務局/幹事

2.協議会設立発表資料

神戸・関西圏水素利活用協議会の設立について(PDF:159KB)

3.参考

・水素スマートシティ神戸構想
水素エネルギーは、利用段階で地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)を排出しないことが特徴で、将来の有望なエネルギーとして期待されています。
神戸市では、「水素スマートシティ神戸構想」として、公民連携のもと水素エネルギーの利活用拡大のため、様々な取組みを推進していきます。https://www.city.kobe.lg.jp/a22668/shise/kekaku/kikakuchosekyoku/energy/hydrogen/20190106040301.html

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

企画調整局エネルギー政策課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館12階