現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2021年11月 > 「海の課題解決に向けた実証事業実施業務(海プロジェクト)」委託事業者の選定結果をお知らせします

更新日:2021年11月26日

「海の課題解決に向けた実証事業実施業務(海プロジェクト)」委託事業者の選定結果をお知らせします

ここから本文です。

記者資料提供(令和3年11月17日)

 本市では、海洋分野での新しい産業の創出、地元中小企業の振興、そして次世代の人材育成を図ることを目的に、神戸の海を舞台にした海洋産業の振興に取り組んでおり、産学連携の推進やネットワークの構築に努めています。
 この度、「海の課題解決に向けた実証事業実施業務(海プロジェクト)」の委託に当たり、公募型プロポーザルにより委託事業者を公募し、審査の結果、以下のとおり委託候補を決定しましたので、お知らせいたします。
 
※海洋産業:海洋での仕事・活動(例:海面漁業・資源採掘・海洋物流)、海洋で使うモノ・サービス(例:造船業や水中ロボット)や海洋から採取・精算された海洋資源を使った仕事・活動(例:水産加工業・石油)など海洋に関わるビジネスを幅広く含みます。

1.委託候補事業者

NO.1
提案事業者名 株式会社 ジャパックス
解決したい課題 増殖場造成事業の効果検証(魚種や数量の把握など)
事業概要 高精度魚群探知機による増殖場の定点観測
委託料 3,333,000円(税込み)
NO.2
提案事業者名 株式会社 FullDepth
解決したい課題 ・海中構造物の改修における調査・設計・計画査定に関する低コスト化
・ケレン作業の効率化(①ケレン作業の機械化・自動化 ②ケレンしないで肉厚確認できる手段)
事業概要 ・水中ドローンと潜水士の各比較により、海中構造物のケレン作業・肉厚測定効率化(低コスト化)の可能性を検証
・水中ドローンによる海中構造物の撮影・画像解析を通じた、調査箇所サンプリングの効率化(抵コスト化)の可能性を検証
委託料 4,170,000円(税込み)
NO.3
提案事業者名 神戸市立工業高等専門学校
解決したい課題 海の環境改善のシステム化(ホトトギスガイの異常増加による沈着環境の悪化)
事業概要 高濃度酸素曝気を併用した小型海底耕運機による海底耕運
委託料 委託契約ではなく、課題解決に向けて小型海底耕運機の共同研究を実施予定
NO.4
提案事業者名 国立大学法人 東京大学
解決したい課題 砂浜遠浅化事業後の堆砂状況把握
事業概要 小型のASV(小型無人ボート)及びAUV(自律型海中ロボット)の連携による堆砂状況の把握を実証
委託料 3,513,510円(税込み)
NO.5
提案事業者名 いであ株式会社
解決したい課題 海中構造物の改修における調査・設計・計画査定に関する低コスト化
事業概要 水中ドローンを使用した海中構造物の点検業務の効率化を実証(目視点検・肉厚測定)
委託料 フィールド等の提供のみのため、海プロジェクトとして採択するが、委託契約は締結しない

2.選定結果(500点満点)

提案事業者 評価点
株式会社 ジャパックス 398点
株式会社 FullDepth 366点
神戸市立工業高等専門学校 352点
国立大学法人 東京大学 344点
323点
296点
290点
277点
249点
245点
243点
242点
217点

※複数件提案いただいた事業者もありますが、別事業者として表記しております。

3.選定理由

委託事業者選定委員会(選定委員5名)において、企画提案の内容について実施要領記載の審査基準の各項目を総合的に評価し、委託候補事業者として選定しました。

4.事業者候補の決定までのスケジュール

8月16日:お困りごと(課題)の募集締切
9月1日:課題リストの公表及び課題解決策の提案募集
9月28日(火曜):提案の締切
10月12日(火曜):選定委員会の実施

5.参考

解決していただきたい課題一覧と提案件数(PDF:76KB)
神戸市の「海(うみ)プロジェクト」について~海に関するお困りごと(課題)の解決策を募集します~(令和3年9月1日記者発表資料)

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

企画調整局エネルギー政策課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館12階