現在位置

ホーム > 市政情報 > 計画・事業 > 企画調整局の計画・事業等 > エネルギー政策 > 普及啓発 > 水素が電池になる!~FCVでプロジェクションマッピング~

更新日:2021年2月10日

水素が電池になる!~FCVでプロジェクションマッピング~

ここから本文です。

取り組み内容

燃料電池自動車(FCV)を、より多くの市民の方に、身近に感じてもらうため、相楽園で開催された「にわのあかり2019」を舞台に新たな取り組みを行いました。

(1)世界で1台だけのFCV展示
   神戸トヨペット企画のMIRAIデザインコンテストで最優秀賞を獲得した小学生のデザインした
   世界で1台だけのFCV(トヨタMIRAI)の展示を行いました。

(2)プロジェクションマッピング
   FCVは、一般家庭の1週間程度の電気を供給する機能があり、災害時に非常用の発電機として利用でき
   ます。この発電機能を使い、自動車に投影したプロジェクションマッピングを実施しました。

日時

令和元年8月31日(土曜)、9月1日(日曜)
イベント開催:午後5時~午後9時

場所

神戸市立相楽園 旧小寺厩舎前(神戸市中央区中山手通5-3-1)

結果報告

(1)入場者数
    8月31日(土) 1333名
    9月1日(日)   1468名

(2)当日の写真

写真1

 

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314