現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年11月 > ふるさと納税の返礼品に伝統行事特別見学など体験型を追加!

更新日:2020年11月5日

ふるさと納税の返礼品に伝統行事特別見学など体験型を追加!

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年11月5日)
文化スポーツ局文化財課

~農村歌舞伎舞台をはじめとする「神戸歴史遺産」の補修保全活動!神戸の歴史を次世代へ残したい!~

令和2年10月19日から、神戸の歴史的建造物等の歴史遺産の支援に対し、ガバメントクラウドファンディング※の手法によりふるさと納税の寄附を募集しておりますが、このたびお礼の品に、伝統行事の特別見学など、下記の体験型返礼品を追加しました。

この返礼品は、神戸市民以外の方が対象です。なお、神戸市民を含む全ての方を対象に、若王子神社または住吉神社に1万円以上ご寄附いただいた方のうちご希望の方について、修理完了後5年間、お名前を記載した銘板を現地に設置いたします。

ガバメントクラウドファンディング・・・ふるさと納税を活用し寄附を募るクラウドファンディング。株式会社トラストバンク(ホームページは「ふるさとチョイス」)の登録商標です。ふるさと納税とは、ふるさとや応援したい自治体に寄附ができる制度のことです。手続きをすると、所得税や住民税の還付・控除が受けられます。控除上限額内の2,000円を超える部分について税金が控除されます。

1.新たに追加する体験型返礼品

(1)若王山無動寺(にゃくおうざんむどうじ) 国重要文化財の仏像 特別拝観 

30,000円以上寄附をいただいた方(1名様)先着30名

北区山田町の若王子神社は、無動寺を守護する神社です。その無動寺では、像高278cmを誇る木造大日如来坐像をはじめ、5つの国指定重要文化財を含む圧巻の古仏群を拝観できます。普段は入ることができない堂内の仏の間近まで迫ることのできる特別拝観です。あわせてご住職の説法も拝聴することができます。

無動寺仏像

特別拝観日

令和3年3月12日(金曜日)、3月13日(土曜日)各日15名

アクセス

箕谷駅から市バス111系統「福地」バス停下車徒歩約15分。公共交通機関でお越しください。現地集合。

(2)若王山無動寺 伝統行事の特別見学 

30,000円以上寄附をいただいた方(1名様)先着30名

若王子神社は、無動寺を守護する神社です。その無動寺では、毎年2月の第一日曜日(令和3年は2月7日午後)に市登録無形民俗文化財「無動寺のオコナイ」が行われます。「無動寺のオコナイ」は節分の修正会で行われる様々な行事の事で、主に若王子神社の氏子が主体となって行う「シュウシ」と無動寺で行われる「棒叩き」という伝統行事があります。

「シュウシ」は若王子神社を1年間守ってきた宮守役の氏子の労を労い、1年間の安泰に感謝する行事で、集落に伝わる伝統的な料理でもてなす行事です。この行事が終わると氏子たちは、「棒叩き」に移ります。本尊の大日如来坐像を安置する無動寺の本堂に集まり、山から伐ってきた樫あるいは椎の木の棒を床に敷かれた板に強く打ちつけます。氏子たちは棒が割れるまで力一杯叩き続けます。大きな音で邪気を打ち払うという意味があります。割れた棒の先に氏子たちが作ったお札を挟んで家に持ち帰り、一年間の家内安全、五穀豊穣(商売繁盛)のお守りとします。

通常、関係者のみで行われるこの行事を特別に見学することができます。

無動寺おこない

実施日 

令和3年2月7日午後

アクセス

箕谷駅から市バス111系統「福地」バス停下車徒歩約15分。現地集合。

(3)上谷上農村歌舞伎舞台の奈落 特別見学 

30,000円以上寄附をいただいた方(1名様)先着20名

神戸市北区山田町の県指定重要有形民俗文化財「上谷上農村歌舞伎舞台」は保存会の皆さんが大切に守りつづけている施設です。3年に1回行われる農村歌舞伎の際に使用する、「奈落」等の舞台裏を特別に見学することができます。

農村歌舞伎舞台

見学日

令和3年5月14日(金曜日)・15日(土曜日)各日10名

アクセス

神鉄花山駅から徒歩約10分。公共交通機関でお越しください。現地集合。

いずれの見学も、新型コロナウイルス感染症の拡大等の状況により内容が急遽変更になる場合があります。

2.募集中のクラウドファンディングについて

~農村歌舞伎舞台をはじめとする「神戸歴史遺産」の補修保全活動!神戸の歴史を次世代へ残したい!

(1)期間 

 令和2年10月19日(月曜日)~12月31日(木曜日)

(2)目標金額

 3,000,000円

(3)概要

 神戸にはたくさんの神社・仏閣や農村歌舞伎舞台など歴史的建造物をはじめ、多くの歴史的な遺産がありますが、その多くが老朽化し、地域の力だけでは保存・継承することが難しくなっています。このような歴史的建造物等を今後新たに「神戸歴史遺産」と認定し、修繕等の維持費用についてふるさと納税による寄附を募り守っていきます。

(4)ご寄附の使い道

 ①北僧尾農村歌舞伎舞台・上谷上農村歌舞伎舞台(神戸市北区)

 ②若王子神社(神戸市北区)

 ③住吉神社(神戸市西区)

 ④神戸歴史遺産全般

(5)くわしくは、ふるさとチョイスホームページをご覧ください。

https://www.furusato-tax.jp/gcf/1084

 

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

文化スポーツ局文化財課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館 19階西