現在位置

ホーム > 観光・文化・産業 > 文化 > 文化財・民俗芸能 > 神戸の文化財 > お知らせ > ラインの館(旧ドレウェル邸) 2019年4月22日(月曜日)リニューアルオープン

更新日:2019年11月1日

ラインの館(旧ドレウェル邸) 2019年4月22日(月曜日)リニューアルオープン

ここから本文です。

市認定伝統的建造物「ラインの館」(旧ドレウェル邸)は、耐震対策・保存修理工事のため、平成27年6月から休館していましたが、無事工事が完了する見込みとなり、リニューアルオープンします。

1.ラインの館(旧ドレウェル邸)について

ラインの館完成イメージ北野町山本通伝統的建造物群保存地区の案内センターとして、無料公開します。伝統的建造物に認定された洋館とともに、北野町山本通のまちや、建物、歴史などについての展示をお楽しみいただけます。北野散策の際に、ぜひお立ち寄りください。入館料は無料です。

  • (1)所在地
    神戸市中央区北野町2-10-24
    ※駐車場はありません。
  • (2)構造規模
    木造2階建、寄棟造、桟瓦葺、延面積415.35平米
  • (3)建築年代
    大正4年
  • (4)所有者
    神戸市
  • (5)管理運営
    株式会社日比谷花壇(指定管理者)
  • (6)入館料
    無料

 

2.一般公開とオープンイベント(ジャズのミニコンサート)のご案内

  • (1)2019年(平成31年)4月22日(月曜日)13時よりご入館いただけます。
    当日、13時からと14時からの2回、ジャズのミニコンサートを開催します。(観覧自由)
  • (2)2019年(平成31年)4月23日(火曜日)からの公開について
    開館時間 9時~18時
    休館日 6月・2月の第3木曜日。定休日が祝日の場合、翌日休。

3.リニューアルオープン記念のプレゼント

2019年(平成31年)4月22日(月曜日)・4月23日(火曜日)の2日間、各日先着250名にラインの館オリジナルクリアフォルダと開館記念リーフレットをプレゼントいたします。

4.新しくなった展示について

マッピング映像、タイムスリップウインドウ、まちあるき見どころガイドなどの映像展示を新たに設置。また、応接間では、昔の洋館で過ごす気分で撮影を楽しむことができます。

  • (1)1階
    【居間】まちあるき案内
    まちなみ散策マップ、まちあるき見どころガイド
    【応接間】撮影スポット
    【食堂】売店
  • (2)2階
    【寝室】北野町・山本通の歴史
    マッピング映像「神戸“雑居地”物語」、タイムスリップウインドウなど
    【寝室】修理の記録
    阪神・淡路大震災で被災した建物の修理工事、ラインの館耐震対策・保存修理工事

※【】内は建築当時の部屋の用途です。

5.耐震対策・保存修理工事について

建築後約100年を迎え、建物内部が老朽化したため、平成26年度に耐震診断を実施したところ、耐震補強が必要と判明。
平成27年6月より休館、平成28年4月より庭園を含め全面閉鎖し、全面解体による修理と耐震対策・防火対策工事等の工事を実施しました。
あわせて庭園・展示内容についてもリニューアルしました。

「耐震対策・保存修理事業のためのふるさと納税にご協力いただいた方のお名前を銘板に刻み、ラインの館内に設置いたしました。温かいご協力ありがとうございました。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

教育委員会事務局文化財課 

〒650-0044 神戸市中央区東川崎町1丁目3-3 神戸ハーバーランドセンタービル ハーバーセンター4階