現在位置

ホーム > 観光・文化・産業 > 文化 > 文化財・民俗芸能 > 神戸の文化財 > お知らせ > 令和2年度茅葺民家『内田家住宅』(兵庫県指定重要有形文化財)内部公開のご案内

更新日:2020年7月22日

令和2年度茅葺民家『内田家住宅』(兵庫県指定重要有形文化財)内部公開のご案内

ここから本文です。

公開日のお知らせ

☆内田家住宅は、新型コロナ感染症により臨時休館していましたが、7月24日(金曜日)より再開いたします。

  • 公開時間は、10時00分~16時00分になります。なお、見学は無料です。皆様のご来館を心よりお待ちしております。
  • なお、今後新型コロナ感染症対策における神戸市の対応方針より、公開日の日程が変更になる場合がございます。詳しくは、当ホームページにてご案内いたします。

イベントの詳細は、文化財課のホームページもしくは、広報KOBEの案内をおまちください。

令和2年度・公開日カレンダー(PDF:213KB)

来場者へのお願い

  • ご入場の際にはマスクの着用、手指のアルコール消毒をお願いいたします。
  • 発熱、咳等の症状や体調のすぐれないお客様のご来場はご遠慮いただきますようお願いいたします。
  • 見学時には、他の人と一定の距離(1~2m)を保っていただきますようお願いいたします。

【内田家住宅における予防対策】

  • 建物内の換気を十分に行い、手すり等見学者が触れられる所は、定期的に消毒液などによる衛生管理を徹底しています。
  • お客様に安心して見学していただくため、スタッフはマスクを着用しております。
  • 建物内にアルコール消毒液を設置しておりますのでご利用ください。

♦内田家住宅では、再開後も引き続き皆様の安全を第一に安心してご見学いただけますよう感染防止対策を徹底してまいりますので、皆様のご理解のもとご協力をお願いいたします。

皆様にはご不便やご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします。

内田家住宅の概要 

 内田家住宅は今から約270年前に建てられた茅葺民家です。西小部村で代々庄屋を務めた家柄で、広い土間には5連のカマドや2部屋合わせて18畳の座敷が設けられ、多くの人々がこの建物に集ったことがうかがえます。この住宅の構造から、江戸時代中期に建てられたと考えられ、大きな改造もなく、当時の民家の構造をよく残しています。平成8年に兵庫県重要文化財に指定されました。建物の内部を見学して茅葺民家の魅力に触れてください。

内田家住宅主屋 内田家住宅主屋

場所

神戸市北区鈴蘭台西町6-8-8 内田家住宅
(駐車場はとめられる台数に限りがあります。神戸電鉄鈴蘭台駅から徒歩約15分です。公共交通機関のご利用をお勧めいたします。)

内田家地図

内田家住宅の紹介

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

文化スポーツ局文化財課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館 19階西