現在位置

ホーム > 観光・文化・産業 > 文化 > 文化財・民俗芸能 > 神戸の文化財 > 神戸歴史遺産 > 神戸歴史遺産に応援を!

更新日:2021年11月16日

神戸歴史遺産に応援を!

ここから本文です。

神戸歴史遺産の存在や価値を広く知っていただきたい、そして、応援してくれる人を増やしていきたい、との思いで制度をつくりました。
知ること、観ること、イベント等に参加することなど、応援のかたちは様々です。
それに加え、ふるさと納税を通じた寄附募集による応援の制度を設けました。
全国から広くご寄附をいただき、多くのみなさまに神戸歴史遺産を応援していただきたいと考えています。
12_ouen

神戸歴史遺産を次世代に残したい!(ふるさと納税による寄附募集)

ふるさと納税を利用した寄附募集を行っています。
今年度は、8件の個別修理や活用事業に寄附することができます。
個別事業への寄附期間は、令和3年10月15日(金曜日)から令和3年12月31日(金曜日)までです。
神戸歴史遺産の保存、活用のために、応援をお願いいたします!
rekishiisan2021omoterekishiisan2021ura
令和3年度神戸歴史遺産ふるさと納税チラシ(PDF:1,254KB)

令和3年度寄附募集(ふるさと納税)はこちらから!

ふるさとチョイスのページ(外部リンク)
「19.神戸歴史遺産を次世代に残したい!」を選択し、最後のアンケートで下記の個別事業を選択してください。

1.塩野家住宅修理(5か年計画1年目)

01_shionokejutaku01-1_shionokejutaku
(撮影:菊崎亮)

寄附募集期間:令和3年10月15日(金曜日)から令和3年12月31日(金曜日)まで
市指定有形文化財 塩野家住宅(旧稲畑家住宅)
所在地:神戸市東灘区本山北町
建築年代:1923年(大正12年)

木造3階建て一部鉄筋コンクリート造の洋風住宅です。阪神間の鉄道開発に伴い形成された郊外住宅地の特性を示しています。抽象化された植物モチーフや幾何学的な飾りなど、当時流行していたセセッション風の装飾が随所に見られます。
経年劣化で破損した部分や、震災で亀裂の入ったところの修理を継続して行っていきます。
1年目の今回は、1階客室・配膳室・便所、2階台所の漆喰天井、漆喰壁、漆喰彫刻の修理復元をします。

2.天満神社修理

02_tenmanjinja02-2_tenmanjinja
寄附募集期間:令和3年10月15日(金曜日)から令和3年12月31日(金曜日)まで
市認定歴史的建造物 北野町山本通重要伝統的建造物群保存地区
所在地:神戸市中央区北野町
建築年代:1742年(寛保2年)

神戸港開港前から北野村の村社でした。神戸の歴史を見守ってきた歴史ある建物です。玉垣には北野町に居住していた外国人の名前も見られます。
今回の修理箇所は、本殿板塀と拝殿です。傷んだ柱材を取り替えたり、亀裂の入った瓦の葺き替え修理を行います。

3.渋谷・下村邸修理

03_shibuyashimomuratei
寄附募集期間:令和3年10月15日(金曜日)から令和3年12月31日(金曜日)まで
市認定歴史的建造物 北野町山本通重要伝統的建造物群保存地区
所在地:神戸市中央区北野町
建築年代:1929年(昭和4年)

木造2階2戸建の洋館です。周辺は多くの洋館や和館が立ち並び、伝統的建造物群の景観をよく残す小径です。愛着を持って、代々大切に建物の保全に努めていらっしゃいます。
今回は、床下のシロアリ被害を修理し、あわせてシロアリ予防の工事を行います。

4.性海寺修理(4か年計画1年目)

04_shoukaiji04-2_shoukaiji
寄附募集期間:令和3年10月15日(金曜日)から令和3年12月31日(金曜日)まで
市指定有形文化財 性海寺本堂
所在地:神戸市西区押部谷町
建築年代:1659年(万治2年)

本堂は五間堂で、中世仏堂の平面形式を伝えています。市指定無形民俗文化財の鬼追いが行われており、法会とともに生きる貴重な建物です。
経年劣化と風雨により土台の崩れ、建具の劣化、縁まわりの腐食と沈下が生じているため、4年計画で修理を進めます。
1年目の今回は、南面の縁の修理を行います。

5.六甲ケーブル六甲山上駅修理(3か年計画1年目)

05_rokkosanjoeki05-2rokkosanjoeki
寄附募集期間:令和3年10月15日(金曜日)から令和3年12月31日(金曜日)まで
認定神戸歴史遺産 六甲ケーブル六甲山上駅
所在地:神戸市灘区六甲山町
建築年代:1932年(昭和7年)
紹介動画(外部リンク)

地下2階、地上3階鉄筋コンクリート造の建物で、六甲ケーブルの開通以来、駅舎として使用され続けています。アール・デコ風の装飾が特徴で、昭和初期の山上のハイカラなレジャー文化が感じられます。
経年劣化が進んでいるため、3年計画で修理していきます。
今回は、1階コンコースの天井修理を行います。

6.有馬芸妓文化公演会

06_arimageikobunka
寄附募集期間:令和3年10月15日(金曜日)から令和3年12月31日(金曜日)まで
認定神戸歴史遺産 湯女を起源とする有馬芸妓文化
所在地:神戸市北区有馬町
紹介動画(外部リンク)

有馬芸妓は、神戸市を代表する観光地である有馬温泉を舞台に活躍されています。江戸時代から続く「有馬節」や「有馬湯女節」などの唄や踊りを継承しています。
今回は、伝統の唄や踊りを身近に感じてもらうことを目的とした公演会を定期的に開催します。

7.「武井家伝来絵画資料(粉本)」デジタル化

07_takeikedenraikaigashiryo
(百耕資料館所蔵 王子猷訪戴安道図 原作者:与謝蕪村)

寄附募集期間:令和3年10月15日(金曜日)から令和3年12月31日(金曜日)まで
認定神戸歴史遺産 「武井家文書」および「武井家伝来絵画資料(粉本)」
所在地:神戸市須磨区板宿町
資料年代:幕末から明治時代
紹介動画(外部リンク)

須磨区板宿町の旧家武井家に伝来した資料群のひとつです。明治時代から大正時代の当主・武井伊右衛門が収集しました。大半は伊右衛門が師事していた兵庫在住の絵師、岡田廣章の旧蔵品で、下絵や模写、写生帖などです。
今回は、百耕資料館に保管されている資料約400点をデジタル化します。
今後、デジタルアーカイブの構築と百耕資料館ホームページでの公開を進めるための基礎作業です。

8.宮野尾神社の獅子舞用具修理

08_miyanoojinjanoshishimai08-2_miyanoojinjanoshishimai
寄附募集期間:令和3年10月15日(金曜日)から令和3年12月31日(金曜日)まで
認定神戸歴史遺産 宮野尾神社の獅子舞
所在地:神戸市垂水区名谷町
紹介動画(外部リンク)

宮野尾神社を核とした中山地区の秋祭り行事として昭和初期頃からほぼ形態を変えずに獅子舞が継承されています。地区の若者が獅子舞を舞う明神講を組織する体制も変わらず受け継がれています。
今回は、破損している獅子頭の修理を行います。

9.神戸歴史遺産全体

09_hanta
寄附募集期間:令和3年7月21日(水曜日)から令和3年度中
神戸歴史遺産の保存、活用に使用します。

神戸市のふるさと納税について

ふるさと納税の仕組みやよくあるご質問を掲載しています。
神戸市のふるさと納税について(外部リンク)

令和2年度寄附募集の実績について

令和2年度は、ガバメントクラウドファンディングを利用したふるさと納税による寄附募集を行いました。
目標を達成することができました!
たくさんのご寄附をありがとうございました!
  • 寄附総額3,091,000円(目標額3,000,000円)
GCF達成ページ(外部リンク)

寄附の活用実績

1.住吉神社本殿修理工事

市指定有形文化財 住吉神社本殿修理工事
所在地:神戸市西区押部谷町
建築年代:天保4年(1647)

シロアリによる被害で、損傷が年々激しくなってきていました。
夏越祭や秋の例大祭など、地域に根差した行事を続けていくために、中心となる本殿の修理が必要でした。
地域の心の拠り所として、地域の誇りの文化財として、これからも地域で大切にされていきます。
ありがとうございました!
sumiyoshijinjahondenhondenshuri

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

文化スポーツ局文化財課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館 19階西