更新日:2019年11月1日

沢の鶴 大石蔵

ここから本文です。

沢の鶴の写真

沢の鶴株式会社大石蔵

附 灘の酒造用具一式181種2,884点

所在

神戸市灘区大石南町1-3-30

所有

沢の鶴株式会社

建立

江戸時代末期

指定

昭和55年3月25日

概要

沢の鶴は、酒造郷を中心として栄えた灘五郷の一つ「西郷」に位置し、享保2年(1717年)の創業と伝えられます。

大石蔵は、酒蔵、前蔵と大蔵の2棟からなります。前蔵・大蔵とも酒造の作業空間を持つ蔵で、平面は単純な矩形で、内部は構造材がむき出しになった簡素な建物です。

近年まで使用していた蔵を、昭和53年、古い形態に修復して民俗資料館として再生しましたが、阪神淡路大震災で被災、その後修復され、改めて資料館として公開されました。

また、修復に伴なう発掘調査では、もろみから酒を搾り取る作業場「槽場(ふなば)」が発見され、併せて公開されています。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

文化スポーツ局文化財課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館 19階西