更新日:2019年11月1日

清盛塚石造十三重塔

ここから本文です。

清盛塚

所在地

神戸市兵庫区切戸町1

所有者

神戸市

建立期

鎌倉時代後期

指定日

昭和35年5月12日指定

概要

この石塔は、古くから清盛塚と呼ばれ、北条貞時の建立とも伝えられています。かつては現在の位置より西南11メートルにあり、清盛の墳墓とも云われていましたが、大正12年に市電敷設の際、移転が計画され、調査の結果、墳墓でないことを確認され、現在の地に移転されたました。

相輪を除く総高が8.5メートル、初層は145cm四方、最上層88cm四方の大きさがあり、南面の基礎部の両脇の、右「弘安九」、左「二月日」の銘から、弘安九年(1286年)造立と確認されています。

なお、隣にある琵琶塚の碑は、もと清盛塚と道を挟んで向かい合っていたものを、清盛塚の移転と同時に現在地に移したものです。そこはもと前方後円墳があって、その形から琵琶塚とよんでいたのを、『平家物語』にみえる琵琶の達人平経正に結び付けて琵琶塚、つまり経正の塚といわれるようになったことは、江戸時代の文献にすでに記されています。現在の碑は明治35年に建てられたものです。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

文化スポーツ局文化財課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館 19階西