更新日:2019年11月1日

上谷上農村歌舞伎舞台

ここから本文です。

上谷上農村歌舞伎舞台の写真

所在

神戸市北区山田町上谷上字宮ノ開地

所有

上谷上農村歌舞伎舞台保存会

建立

文久3年(1863)江戸時代末期

様式

茅葺入母屋造

指定

昭和46年4月1日

概要

上谷上の鎮守、天満神社の境内に本殿と正対して建ちます。間口11.4メートル、奥行7.4メートル、割拝殿形式で舞台下手寄りの舞台下を参道が通っています。上演の際には床を板で塞いで使用します。

ここの特徴は、床几回しと呼ばれる場面変換装置です。床の上で二重台を田の字に4台合わせて回すもので、回り舞台の前身とも言え、舞台の発達を知る上で貴重なものです。

この他に、奈落、下座、花道がありますが、奈落には特に装置はなく、楽屋として使用されています。下座も上下二段の箱型台で、上段に義太夫の太夫と三味線方、下段に囃子方が座ります。

建築は下谷上の舞台より四半世紀近く後なのですが、全体に古い形態を残す舞台です。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

文化スポーツ局文化財課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館 19階西