更新日:2019年11月1日

一ノ谷 敦盛塚石造五輪塔

ここから本文です。

敦盛塚

所在

神戸市須磨区一ノ谷町5

所有

神戸市

総高

397cm

建立

室町時代末期~桃山時代

指定

平成9年10月23日指定

概要

山陽電鉄須磨浦公園駅西南役150mの国道2号山側にやや奥まって立つ五輪塔です。

この付近は源平一ノ谷合戦場として知られ、この塔も平敦盛を供養するために建立されたという伝承から「敦盛塚」と呼ばれますが、諸説があります。

この塔は花崗岩製で総高4m近い大塔です。紀年銘はありませんが、梵字が大きく、水輪や火輪はやや古調ながら、風・空輪は近世の先駆的な様式を示していることから、室町時代末期~安土桃山時代の制作と考えられます。中世の五輪塔としては、岩清水八幡神社五輪塔(京都府八幡市)に次ぎ、全国で2番目の規模を誇ります。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

文化スポーツ局文化財課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館 19階西