現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2021年4月 > 神戸市埋蔵文化財センター春季企画展・史跡指定100年記念 『国史跡・五色塚古墳のあゆみ』の開催

更新日:2021年4月15日

神戸市埋蔵文化財センター春季企画展・史跡指定100年記念 『国史跡・五色塚古墳のあゆみ』の開催

ここから本文です。

記者資料提供(令和3年4月15日)

1.開催趣旨

 五色塚古墳は、神戸市を代表する遺跡の1つであり、兵庫県下最大の前方後円墳です。大正10年(1921)3月3日、西側にある小壺古墳とともに国の史跡に指定されました。

 4世紀後半、淡路島を望む台地上に突如として築かれた五色塚古墳は、全長194mを誇り、明石海峡を往来する船を眼下に見下ろす絶好の場所に位置しています。しかし、周辺にはこのような巨大古墳を支えたと考えられる集落や生産基盤は確認されておらず、いまだ多くの謎が残されたままと言えます。また、『日本書紀』には五色塚古墳を思わせる記述があり、淡路島から石材を運んだことが記されています。これらは五色塚古墳の築造にヤマト王権の深い関与をうかがわせるもので、埋葬された人物の政治的な立場を想像させます。

 昭和40年(1965)から昭和50年(1975)には、およそ10年の歳月をかけて、埋葬施設以外の発掘調査と復元整備が行われました。築造当初の巨大前方後円墳の姿によみがえった五色塚古墳は、市街地の中の野外博物館として多くの方々に広く親しまれ、発掘調査で出土した鰭付円筒埴輪などの一部は平成24年(2012)に国の重要文化財に指定されました。

 令和3年(2021)年その指定から100年をむかえ、五色塚古墳のこれまでのあゆみを関連する資料とともにふりかえり、あらためて地域の身近な歴史に思いを寄せていただく企画展を開催いたします。

五色塚古墳

空から見た五色塚古墳と小壺古墳

埴輪

五色塚古墳から出土した埴輪(重要文化財)

2.会 

令和3年4月17日(土曜)~令和3年7月25日(日曜)

開館時間 10時~17時(入館は16時30分まで)

3.会 場

神戸市埋蔵文化財センター1階 企画展示室

〒651-2273 神戸市西区糀台6丁目1 西神中央公園内

TEL(078)992-0656 FAX(078)992-5201

神戸市営地下鉄「西神中央駅」から南へ徒歩8分

4.休 館 日

毎週月曜日(月曜日が休日の場合はその翌日、5月3日(月曜)は開館)

5.入 館 料 

無 料

6.主 催

神戸市(文化スポーツ局文化財課)

7.協力機関

明石市、東大阪市立郷土博物館、兵庫県立考古博物館、神戸市立博物館、神戸市立中央図書館、NPO法人みょうけん、垂水区役所 ほか

8.展覧会の構成と主な出品資料

プロローグ:五色塚古墳とは

1.描かれた五色塚古墳

 ・摂津名所地図(江戸時代)〔神戸市立中央図書館蔵〕

 ・播州明石舞子濱續 垂水名所五色塚圖(江戸時代)〔神戸市立中央図書館蔵〕

 ・播州名所巡覧図絵(江戸時代)〔神戸市立中央図書館蔵〕

播州明石郡西垂水 仲哀天皇陵 五色塚千壺之繪圖(江戸時代)〔神戸市立博物館蔵〕(画像)

2.五色塚古墳前史

 ・ナイフ形石器(舞子東石ヶ谷遺跡:後期旧石器時代)

 ・有茎尖頭器(垂水区名谷町採集:縄文時代草創期)〔神戸市立博物館蔵〕

 ・縄文土器(大歳山遺跡ほか)

 ・弥生土器(舞子東石ヶ谷遺跡ほか)

 ・投ヶ上銅鐸 複製品(弥生時代中期)〔神戸市立博物館蔵〕(原品東京国立博物館蔵)

3.発掘された五色塚古墳

鰭付円筒埴輪(五色塚古墳:古墳時代前期)(国指定重要文化財)

鰭付朝顔形埴輪(五色塚古墳:古墳時代前期)(国指定重要文化財)

須恵器(五色塚古墳:古墳時代後期)(神戸市指定有形文化財)

石製合子(五色塚古墳:古墳時代前期)(神戸市指定有形文化財)

 ・葺石(五色塚古墳:古墳時代前期)

 ・板石(五色塚古墳:古墳時代前期)

4.五色塚古墳をめぐって

 ・大歳山古墳出土品〔神戸市立博物館蔵〕

 ・白水瓢塚古墳出土品(神戸市指定有形文化財)

 ・念仏山古墳出土品〔兵庫県立考古博物館蔵〕

 ・幣塚古墳出土品〔明石市蔵〕(明石市指定有形文化財)

 ・垂水日向遺跡出土品〔NPO法人みょうけん保管〕

 ・えの木塚古墳出土品〔東大阪市立郷土博物館蔵〕

エピローグ:これからの五色塚古墳

9.記念講演会

①5月29日(土曜) 記念講演会 

「五色塚古墳発掘調査史」元神戸市教育委員会 丸山 潔氏

②6月26日(土曜) 記念講演会 

「歴史のなかの五色塚古墳」京都府立大学教授 菱田哲郎氏

③7月3日(土曜) 記念講演会 

「五色塚古墳の造営と埴輪生産―王陵級古墳における埴輪生産の実像をめぐって―」

奈良文化財研究所 廣瀬 覚氏

いずれも14時から15時30分、聴講無料、事前申込80名

「往復はがき」または「FAX」にて事前申し込み。締切は各開催日の15日前必着。

10.フォトスポット

「ハニワとツーショットで写真を撮ろう」随時

 エントランスホール内の埴輪を展示し、来館者が撮影可能とする。

11.ワークショップ

①6月5日(土曜)「ミニ埴輪をつくろう」

午前の部10時~12時、午後の部14時~16時

募集人数:午前・午後各20名 費用:1人300円

乾くと固まる粘土を使って、五色塚古墳と同じ形の鰭付円筒埴輪を作る。

②7月10日(土曜)「ペーパークラフトで五色塚古墳をつくろう」

13時~16時 募集人数:20名 費用:1人300円

「往復はがき」または「FAX」にて事前申し込み。締切は各開催日の15日前必着。

12.展示解説とバックヤードツアー

4月24日(土曜)・5月15日(土曜)

学芸員による企画展示の解説と、埋蔵文化財センターのバックヤードツアーを実施。

両日ともに10時~11時と14時~15時

13.関連ホームページ

神戸市埋蔵文化財センター

https://www.city.kobe.lg.jp/culture/culture/institution/center/

企画展チラシ(PDF:1,571KB)

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

文化スポーツ局文化財課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館 19階西