現在位置

ホーム > 市政情報 > 計画・事業 > 消防局の計画・事業等 > 消防基本計画 第2部 神戸消防アクションプラン2020

更新日:2019年11月1日

消防基本計画 第2部 神戸消防アクションプラン2020

ここから本文です。

消防基本計画の前期5年の計画である「アクションプラン2015」が平成27年度で期限を迎えるため、中期5年の計画となる「アクションプラン2020」を策定しました。

1 消防基本計画とは?

消防基本計画の概要
神戸市消防基本計画は、15年の計画である「グランドデザイン2025」と、5年ごとの具体的取組みを定めた「アクションプラン」の2部で構成されています。
この度策定したのは、その中期5年の計画である「神戸消防アクションプラン2020」となります。

2 グランドデザイン2025の概要

グランドデザイン2025「グランドデザイン2025」では、神戸消防が市民・地域・事業所の皆様とともに安全で安心なまち「こうべ」をつくりあげていくための「基本理念」「3つの基本方針」「5つの将来像」に加えて、それを実現させるための「15の重点施策」を定めています。

【基本理念】
ひと・まち・きずなで安全安心都市神戸を築きます。

【3つの基本方針】

  1. すべての「ひと」が日頃から防災について考え、取組みます。
  2. 安心して暮らし集える、安全な「まち」こうべをつくります。
  3. 人としての「きずな」を大切に、みんながともに助けあいます。

【5つの将来像】

  1. みんなで安全・安心に取組むまち
  2. 防災の心を育むまち
  3. 命を大切に考え取り組むまち
  4. 消防サービスが行き届くまち
  5. あらゆる災害に備えるまち

この将来像ごとに3つの重点施策があり、併せて「15の重点施策」となります。
※右図参照

また、これらに横串を刺す共通の視点として、「神戸らしさにPLUSの視点」である
「PLUS 子ども」
「PLUS おもてなし」の視点を加えました。

神戸消防グランドデザイン2025の策定経緯

3 神戸消防アクションプラン2020の概要

中期の5年計画である「神戸消防アクションプラン2020」は、以下のような背景を分析・評価し策定しました。

  • 近年の災害状況
  • 近年の国(消防庁)や兵庫県の動き
  • 「アクションプラン2015」の評価

これらを受けて、この計画を共有し、目指していく消防職員に分かりやすいものにするために、シンプルな計画を作成しました。
また、過去の分析・評価から最優先で取り組むべき課題として、下記の「最優先5項目」を掲げ、選択と集中によるより実効力のある計画を目指しています。

【最優先5項目】

  • 住宅火災による死者を無くす。
  • 特定防火対象物の防火安全性を確保する。
  • 風水害・土砂災害等の自然災害の被害を最小限にする。
  • 救急需要の増大に対応する。
  • 各専門分野における人材を育成する。

これらの課題を最優先にしながら「消防力の整備指針」なども踏まえて、グランドデザイン2025で示されている15の重点施策ごとの具体的取組みを示しました。

神戸消防アクションプラン2020(PDF:368KB)

4 市民用解説「教えて!ウーカン!『神戸消防アクションプラン2020』」

「神戸消防アクションプラン2020(案)」は職員が共有し、目指す計画ですが、どのような計画に基づき消防局が事業を進めているかを市民の皆様にもご理解いただくために、背景やアクションプランの見方、用語解説などを記載した市民用解説資料「教えて!ウーカン!『神戸消防アクションプラン2020』」を策定しています。

教えて!ウーカン!「神戸消防アクションプラン2020」(PDF:2,151KB)

意見募集の結果

このアクションプランを策定するにあたり、市民の皆様のご意見を募集しました。
1 意見募集期間
平成28年2月19日(金曜日)~平成28年3月22日(火曜日)
2 提出されたご意見
5件

いただいた意見についての消防局の考えを掲載しています。

意見募集の結果(PDF:61KB)

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

消防局総務部総務課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所4号館〔危機管理センター〕3階