現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年12月 > 自動火災報知設備の操作要領知っていますか??-火災を知らせるベルが鳴った場合の対応を動画にまとめました-

更新日:2020年12月21日

自動火災報知設備の操作要領知っていますか??-火災を知らせるベルが鳴った場合の対応を動画にまとめました-

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年12月21日)
消防局長田消防署総務査察課

自動火災報知設備(※1)は火災から命を守るため、火災の発生を早期に知らせる非常に大切な設備です。火災はいつ発生するかわかりません。共同住宅やテナントビルでは、住民やテナントの従業員など、普段この設備を使い慣れていない方しかおられない時に作動することがあります。

設備が作動した時、建物内にいる皆さんが落ち着いて行動できるように、そして安全に避難して命を守ることができるように、この設備を用いた火災発生場所の確認といった使用方法をわかりやすくまとめた動画を作成しました。ぜひご覧ください。

※1)自動火災報知設備とは?

一定規模以上の共同住宅や物販店などの建物に設置されているもので、火災による熱や煙の発生を見守り、感知すればベルを鳴らしたりして在館者にいち早く知らせる設備です。(神戸市内に約2万件設置)

1.動画内容(約5分)

  1. 火災を感知し、自動火災報知設備が作動した場合の操作要領
  2. 火災でないのに自動火災報知設備が作動した場合(非火災報)の操作要領

2.動画の掲載先

  • 神戸市公式Youtubeチャンネル『kobecitychannel』

(URL)https://www.youtube.com/watch?v=WF_BwLnSRF0&feature=youtu.be(外部リンク)

3.動画作成協力

神戸市長田防火安全協会

4.参考事項

  • 神戸市内で開催される防火・防災管理講習や、共同住宅での避難訓練等で活用していく予定です。
  • 自動火災報知設備は、いち早く火災の発生を知る優れた設備ですが、湿気や他の煙を感知して誤発報(非火災報)することもあります。特に台風等大雨発生時に頻発する傾向にあります。大雨発生時は災害が多発することから、この動画を参考にした対応をお願いします。

 

神戸市内の非火災報による消防車出動状況

 

令和2年度12月1日現在

令和元年

平成30年

平成29年

平成28年

出動件数

944件

719件

1,040件

673件

548件

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

消防局総務部総務課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所4号館〔危機管理センター〕3階