現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2021年12月 > 兵庫消防団 刺子(さしこ)・法被(はっぴ)の寄贈式の実施~大正時代の消防組(消防団)小頭の法被・刺子を新築の消防署ロビーに特製ガラスケースで展示~

更新日:2021年12月16日

兵庫消防団 刺子(さしこ)・法被(はっぴ)の寄贈式の実施~大正時代の消防組(消防団)小頭の法被・刺子を新築の消防署ロビーに特製ガラスケースで展示~

ここから本文です。

記者資料提供(令和3年12月16日)
神戸市

このたび、兵庫消防団の前身である兵庫消防組の、消防組小頭(こがしら)の刺子・法被を寄贈いただくことになりましたので、以下のとおり寄贈式を開催いたします。

1.寄贈者

碓氷 欽也(うすい きんや)様
(下記、幣 平蔵(へい へいぞう)様のご令孫)

2.寄贈品

大正時代に小頭として活躍された幣 平蔵様が着用していたもの。

刺 子

火事装束の一種。厚手の堅牢な生地を使用し、火の粉や火炎から身を守るために着装し火災現場に出場していました。現代の消防団でいう防火衣に相当するものです。

法 被

制服・活動服の一種。右襟に「第三部小頭」、左襟に「兵庫消防組」、背中に「小頭」の染め抜きがなされています。

3.展示場所・方法

兵庫消防署1階ロビーにて特製ガラスケースで展示

4.寄贈式について

  1. 実施日時:令和3年12月21日 11時00分~
  2. 実施場所:兵庫消防署1階ロビー
  3. 出席者 :碓氷 欽也様、兵庫消防団長、副団長
  4. 実施内容:寄贈品を署長に手渡していただき、ガラスケース内に展示します。

【兵庫消防組について】

兵庫消防組は明治27年、明治天皇の勅命により組織され、昭和14年まで神戸市の宇治川以西を管轄として、警察組織の一部として消防業務を行っておりました。明治42年時点での組織概要は器具置場4、防火台14、消防車8、消防夫74でしたが、昭和14年勅命により「警防団令」が発令され、その組織は解消されました。

【小頭(こがしら)について】

 消防組員の階級の一つで、消防組組頭の補佐役。


刺子・法被
現在の防火衣
法被

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

消防局総務部総務課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所4号館〔危機管理センター〕3階