現在位置

ホーム > 健康・医療・福祉 > 健康・医療 > 健康支援 > 健康づくり支援 > 「健康づくりに関する包括協定書」の締結

更新日:2019年11月1日

「健康づくりに関する包括協定書」の締結

ここから本文です。

神戸市は、市民の健康づくりに関して、全国健康保険協会(協会けんぽ)兵庫支部と「健康づくりに関する包括協定書」を締結し、相互に協力して事業を進めていくこととなりました。

締結式の様子(平成26年3月25日)

締結式の様子

主な連携内容

  • (1)特定健康診査及び、がん検診の受診促進、特定保健指導の利用拡大に関すること
  • (2)生活習慣病の発症予防及び、CKD(慢性腎臓病)対策等の重症化予防に関すること
  • (3)市民の健康状況を把握するための定期的な情報共有と調査、分析に関すること
  • (4)市内の企業(協会けんぽ加入事業所)に対する健康づくり支援に関すること
  • (5)医療費適正化に関すること

笠井兵庫支部長のコメント(要約しています)

笠井兵庫支部長本日、ここに「神戸市」と「協会けんぽ兵庫支部」との間での、「健康づくりに関する包括協定」締結されました事に心より感謝を申し上げます。
私共協会けんぽでは膨大な医療関連情報がございます。これらの情報を調査分析し発信することにより、受診勧奨や生活習慣病の発症予防と重症化(症状が重くなる事)予防等によりまして皆様の健康づくり、健康増進に寄与することをめざしております。
この度の包括協定書の締結により、市民の皆様の健康増進、健康寿命の延伸また医療費の適正化に大きく貢献できるものと期待しております。

三木保健福祉局長のコメント(要約しています)

三木保健福祉局長協会けんぽという全国規模の組織と締結できるという今回の協定は、本当にありがたいことだと受け止めています。
神戸市国保に次ぐ2番目に多くの被保険者を持っておられるため、国保と合わせると市民の半数近くの健康状況を把握できるようになり、そのデータによる分析結果をもって、施策をより科学的に推進することが可能となります。
また、今回の協定の締結をきっかけとして、健診とがん検診の同時実施や、協会けんぽ被保険者への啓発を積極的に行っていき、がん検診受診率の向上を図っていきたいと思っています。啓発が広がることで、さらに市民全体への意識改善にもつなげていきたいと考えています。

締結式終了後、初の協力事業として、キックオフイベントを開催しました!

イベントでは、神戸市と協会けんぽの健康事業について掲載しているチラシ1,000部を、市のキャラクターたちと一緒に三宮駅周辺で配布しました。

イベントの様子

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

健康局健康企画課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館6階