乳がん 自己触診の方法

ここから本文です。

乳がんは自分で発見できる数少ないがんです。
早期発見のため、マンモグラフィと医師による触診の定期検診に加え、月1回の自己触診によるセルフチェックを習慣づけましょう。

自己触診について

閉経前の人は、月経が終わって4~5日後。
閉経後の人は、毎月一定の日を定めて実施しましょう。

視診(鏡の前で実施)

明るい部屋でなるべく大きな鏡の前に立ちましょう。

1.両腕を下げたまま、正面、側面、斜めを写し、左右の乳房の次のことを観察します

イラスト:鏡の前で両腕を下げて

  • 左右の乳房の形や向きは同じか。
  • 乳房に皮膚のくぼみや引きつれはないか。
  • 乳頭に湿疹やただれはないか。

2.両腕を上げ、1と同じことを調べます

イラスト:鏡の前で両腕を上げて

3.最後に左右の乳頭をつまみ、分泌物がないかを調べます

触診(仰向けになって実施)

検査する側の下に折りたたんだタオル等を入れ、乳房を胸の上で均一にします。
右乳房は左手で、左乳房は右手で、次のようにしこり等がないか調べます。

1.乳房の内側半分を調べる

イラスト:乳房の内側半分を調べる

調べる側の腕を頭の下に入れ、揃えた3~4本の指の腹で、外側→内側、上→下へ軽く圧迫します。
まんべんなく触れましょう。

2.乳房の外側半分を調べる

イラスト:乳房の外側半分を調べる

頭の下の腕を自然な位置に下げ、指の腹で外側→内側、下→上へ軽く圧迫します。

3.わきの下を調べる

イラスト:わきの下を調べる

わきの下に3~4本指をさし入れて、指先を胸壁にそってゆっくりすべらし、しこりがないか調べます。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

健康局健康企画課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館6階