ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2022年6月 > 神戸市分野特化型インキュベーション事業 補助事業者の決定

最終更新日:2022年6月1日

神戸市分野特化型インキュベーション事業 補助事業者の決定

ここから本文です。

記者資料提供(令和4年6月1日)

神戸市では、まちの持続的な成長を実現するために、スタートアップの集積・定着及び地元企業との協業等を通じて次々とイノベーションが生まれるスタートアップ・エコシステムの形成に取り組んでいます。

このたび、神戸市を中心とするエコシステムの形成を加速度的に進めるため、市内で分野特化型のインキュベーション事業を継続的に実施し、市内での起業、本社登記を行うスタートアップを生み出す事業者に対する補助制度の募集を行ったところ、3提案の応募があり、下記2提案を補助対象として採択しました。

今後、本市としても、採択事業推進のため広報支援や「ひょうご・神戸スタートアップエコシステムコンソーシアム」への加入を通じて、様々な企業や団体との交流を促進し、神戸におけるスタートアップ創出に向けた支援を行います。

(※)本事業においては、「インキュベーション事業」を「起業や成長を望む人材・スタートアップを①全国から集め、②拠点(神戸)で育て、③市場に送り出す事業」と定義します。

 

1. 採択事業者

①株式会社W/株式会社フェリシモ

提案概要:フード、ヘルスケア、スポーツを中心としたインキュベーション事業。全国からリソースを集め、神戸で事業計画の仮説立案、起業、実証を支援することで、神戸からスタートアップを市場に送り出す仕組みを構築する。3年間で18社の法人設立を目指す。

株式会社W
w2

  • 住 所:神戸市灘区水道筋6 丁目7-3
  • 代 表:廣岡 大亮
  • 業務内容:ウェルビーイングの普及、実装(オープンイノベーション型事業創発・運営/経営戦略、新規事業開発に関するコンサルティング/住まいづくり、街づくりに関するコンサルティング/教育(キャリア、アントレプレナーシップ)/イベント企画・運営 )
  • 公式サイト : https://www.w-inc.co.jp/(外部リンク)




株式会社フェリシモ

feli
  • 住 所:神戸市中央区新港町7-1
  • 代 表:矢崎 和彦
  • 業務内容:ダイレクトマーケティング事業/物流支援・EC サイト構築・運用支援/企画コンサルティング
  • 公式サイト: https://www.felissimo.co.jp/(外部リンク)
 
② Studio ENTRE株式会社

提案概要:エンターテック(エンタテインメント+テクノロジー)領域に特化したインキュベーション事業。起業関心層に向けた集客イベントや起業に求められる能力を向上させるワークショップの開催を通じて、コミュニティを形成し、事業検証を進めるインキュベーションプログラムを実施する。起業家コミュニティの活性化を通じて3年間で15社の法人設立を目指す。

 entre

  • 住 所:東京都渋谷区神宮前六丁目23番4号 桑野ビル2階
  • 代 表:山口 哲一
  • 業務内容:エンターテックをテーマに掲げたスタートアップスタジオ。市場研究、仮説検証などの必要なプロセスの提供や、エンジニア、デザイナー、投資家等のマッチングなど、起業家が新規事業を始める際に必要なあらゆるリソースが入手できる「場」つくりを行っている。
  • 公式サイト: https://entre.studio/(外部リンク)

 

2. 【参考】神戸市分野特化型インキュベーション事業補助制度

1. 対象期間 補助金の交付決定日から最長36か月
各年度の審査通過及び予算成立が条件のため、2年目以降の補助金交付を約束するものではありません

2. 補助率及び補助上限額
補助対象経費の2分の1以内で、各会計年度あたり1,000万円を上限とする。ただし、企業版ふるさと納税による寄附金がある場合は、補助対象経費の範囲内に限り寄附金を加算して補助する。

3. 補助対象経費

採択事業の遂行に直接的にかかる人件費、旅費、広告宣伝費、専門家報酬、催事開催費、拠点利用料、その他インキュベーション事業の実施に必要な経費として認められた経費で、補助事業者が直接支払うものが対象。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

企画調整局医療・新産業本部新産業部新産業課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館23階