現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2021年4月 > 神戸発のイノベーション創出を目指すビジネススクエア「ANCHOR KOBE」4月26日オープン!【イベント延期します】

更新日:2021年4月23日

神戸発のイノベーション創出を目指すビジネススクエア「ANCHOR KOBE」4月26日オープン!【イベント延期します】

ここから本文です。

記者資料提供(令和3年4月23日)

25日から兵庫県に発令される予定の緊急事態宣言を踏まえ、下記のとおりオープニングイベントを延期しますので、お知らせいたします。

 

1.オープニングセレモニー

 現 行 : 令和3年4月26日(月曜)13:30~14:30

 変更後 : 延期。実施可否および時期については、今後の緊急事態宣言解除後の状況を考慮し決定します。
 

2.オープニング記念パネルディスカッション

「神戸の将来を紡ぎ出す~新規事業とオープンイノベーション~」

 現 行 : 令和3年4月26日(月曜)15:00~16:30

 変更後 : 延期。時期は、今後の緊急事態宣言解除後の状況を考慮し決定します。

 



041401


神戸市はスタートアップや医療産業都市進出企業、神戸の地場ものづくり企業、大学など、様々な知が集結・交流し、新たな価値を創発する場であるビジネススクエア「ANCHOR KOBE」(アンカー神戸)を令和3年4月26日、神戸三宮阪急ビル15階(神戸三宮駅直結)に開設します。

開設を記念し、オープニングセレモニーおよびパネルディスカッション『神戸の将来を紡ぎ出す~新規事業とオープンイノベーション~』を開催します。

041402  041403

 イメージ図:「ANCHOR KOBE」
 

1.オープニングセレモニー概要 →延期

日時:令和3年4月26日(月曜)13時30分~14時30分

場所:ANCHOR KOBE(神戸市中央区加納町4-2-1 神戸三宮阪急ビル15階)

内容:主催者挨拶、来賓紹介、来賓代表ご挨拶、施設概要説明、写真撮影、内覧会

共催:神戸市、株式会社神戸新聞社、有限責任監査法人トーマツ

 

2.オープニング記念パネルディスカッション『神戸の将来を紡ぎ出す~新規事業とオープンイノベーション~』→延期

日時:令和3年4月26日(月曜)15時00分~16時30分

場所:ANCHOR KOBE(神戸市中央区加納町4-2-1 神戸三宮阪急ビル15階)

 ※後日アーカイブ配信有(https://www.youtube.com/channel/UCJtC6jRUKto9mYNICBBwphw?(外部リンク)) 

対象:新規事業やイノベーション推進など担当されている方、起業を志している方、起業家、研究シーズの社会実装を目指されている方

参加費:無料

申込先:https://docs.google.com/forms/d/1j_hHB6kjra-C2NoinKQj3YQ5fRayxcXNZuW0BdBW92k/edit(外部リンク)

 ※応募多数の場合は抽選とさせていただきます。

申込締切日:4月19日(月曜日)17時まで

共催:神戸市、株式会社神戸新聞社、有限責任監査法人トーマツ

内容:新規事業創出や神戸発イノベーションの可能性について

≪パネリスト≫
041408 アシックス・ベンチャーズ株式会社 代表  蔭山 広明 氏

 2014 年よりアシックスにて、RunKeeper 買収に代表される事業開発業務を歴任。2016年にCVC 子会社を創設し、世界10 か国20 社のベンチャー出資とアクセラレーター運営を統括。アシックス入社前は、内外の金融機関で企業金融・M&A 助言業 務に従事。東京大学農学部卒、ペンシルバニア大学ウォートンスクールMBA。神戸市生まれ。



 

 

041405 株式会社リバネス 代表取締役 グループCEO  丸  幸弘 氏

 東京大学大学院農学生命科学研究科応用生命工学専攻博士課程修了、博士(農学)。2002 年大学院在学中に理工系大学生・大学院生のみでリバネスを設立し、日本初「最先端科学の出前実験教室」をビジネス化。大学・地域に眠る経営資源や技術を組み合わせて新たな知識を生み出す「知識製造業」を営む。町工場や大手企業等と連携したアジア最大級のベンチャーエコシステムの仕掛け人として、世界各地のディープテックを発掘し、地球規模の社会課題の解決に取り組む。ユーグレナをはじめとする多数のベンチャー企業の立ち上げにも携わるイノベーター。




 

041406 株式会社taliki  代表取締役CEO  中村 多伽 氏

 京都大学在学中に国際協力団体の代表としてカンボジアに2 校の学校建設を行う。その後、ニューヨークのビジネススクールへ留学。現地報道局に勤務し、アシスタントプロデューサーとして2016 年大統領選や国連総会の取材に携わる。様々な経験を通して「社会課題を解決するプレイヤーの支援」の必要性を感じ、帰国後の大学4 年時に株式会社taliki を設立。2020 年には社会課題解決ファンドを設立し、関西を中心に社会起業家のインキュベーションや上場企業の事業開発・オープンイノベーション推進を行いながら、投資活動にも従事。
 



≪モデレーター≫
041407 有限監査法人トーマツ 松本 修平氏(ANCHOR KOBEインキュベーションマネージャー)

 小4 より起業し中学時代は株投資に注力。中学卒業に伴い同年大検合格。高校進学せず投資家・起業家として活動。07 年4 月関学大入学。卒業迄に五事業創業。11 年4 月大手教育系出版社に新卒入社。デジタルマーケティング等を担当
した後,上場IT系企業入社。同社社⾧補佐を経て複数社で顧問等兼務。その後,大手広告代理店グループで経営企画を担当。18 年9 月より現職。大阪市アクセラリーダー等を担当。並行して京大,関学等の講師として活動




 

3. 「ANCHOR KOBE」概要

場所:神戸市中央区加納町4丁目2番1号 神戸三宮阪急ビル15階

面積:約603平方メートル

運営事業者:株式会社神戸新聞社・有限責任監査法人トーマツ共同事業体

WEBサイト:www.anchorkobe.com(外部リンク)

プログラム:

(1)社会課題・企業課題解決プログラム「CHALLENGE」

 社会や企業が抱える課題に対してスタートアップ、企業、学生等の知見を結集し、その解決策を探り、社会実装に挑戦するビジネス創出プログラムです。

(2)即戦力となる人材創出プログラム「ACADEMY」

 急速に変化する社会のなかで問題の本質を見極め、アイデアを実現するための構想力、それを社会に実装するための実践力を養う講座。第一線で活躍する起業家や研究者を講師に、ビジネスと学術研究の両方の視点から、数か月~半年間のプログラムでスキルアップを目指します。

(3)会員企業等へのインターンシップ派遣「INTERNSHIP」

 学生や社会人などが興味を持った会員企業の現場で、一定期間働く仕組みを設けます。「大学×スタートアップ企業」で働き方の選択肢を広げたり、「ものづくり企業×研究機関」など、文化や風土が異なる環境で新たな価値観に触れ、イノベーションを生む契機を得ます。

(4)情報発信支援「MEDIA」

 会員企業等の新商品やサービスなどの魅力を随時発信できる機能を設けます。専門家によってニュースリリースのアドバイスを行い、受け手に届く最適な切り口でのメディア露出を後押しします。

(5)コミュニティ連携「COMMUNITY」

 コワーキングやインキュベーション施設など国内外の類似施設と連携し、様々なイベント開催や、施設の相互利用を行います。幅広い交流が可能となり、新たなコミュニティへアクセスすることができます。
 

現在の会員数:
4月14日現在、神戸、関西を本拠とする鉄道会社、食品メーカー、金融機関、ホテル、印刷会社、自治体、大学など、約100法人・個人の入会申し込みがあります。

 備考:
4月26日はオープニングセレモニーおよびイベント参加者のみの利用とさせていただきます。通常利用に伴う会員の利用は4月27日からです。

 

4.問い合わせ先

「ANCHOR KOBE」運営事業者(代表社:株式会社神戸新聞社 神戸新聞地域総研地域連携部)

電話番号:078-362-7272 メールアドレス:contact@anchorkobe.com

 















 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

企画調整局医療・新産業本部新産業部新産業課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館23階