現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年10月 > 神戸市知的交流拠点プロジェクト 施設名称を「ANCHOR KOBE」に決定!~イノベーション創出に資するプログラム概要を初公開~

更新日:2020年10月28日

神戸市知的交流拠点プロジェクト 施設名称を「ANCHOR KOBE」に決定!~イノベーション創出に資するプログラム概要を初公開~

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年10月28日)

神戸市は令和3年春、現在建設中の(仮称)神戸阪急ビル15階(神戸三宮駅直結)に、スタートアップや医療産業都市進出企業、神戸の地場ものづくり企業、大学など、様々な知が集結・交流し、新たな価値を創発する場である「神戸市知的交流拠点」の開設を予定しております。

この度、当該施設名称をビジネススクエア「ANCHOR KOBE」(アンカー神戸)に決定するとともに、プログラム概要を公開し、会員募集開始に向け周知をすすめてまいります。

多くの会員に参画していただき、産学官連携を基盤にした実践的なプログラムを実施し、業界の垣根を超え、神戸発のイノベーション創出を目指します。

image1 image2

「ANCHOR KOBE」(アンカー神戸)イメージ画像

 

1. 施設名称概要

logoアンカー(錨)は、未知の航海に挑む者にとってどんな荒波であっても船を支え、道を見失わないようにしっかり支えてくれる“お守り”のような存在。

時代の変化に臆せず、ぶれない意志でチャレンジする人に勇気を添える存在でありたい、そんな気持ちを込めて、「アンカー神戸」と命名しました。

 

2. プログラム概要

(1)社会課題・企業課題解決プログラム「CHALLENGE」

社会や企業が抱える課題に対してスタートアップ、企業、学生等の知見を結集し、その解決策を探り、社会実装に挑戦するビジネス創出プログラムです。

 
(2)即戦力となる人材創出プログラム「ACADEMY」

急速に変化する社会のなかで問題の本質を見極め、アイデアを実現するための構想力、それを社会に実装するための実践力を養う講座。第一線で活躍する起業家や研究者を講師に、ビジネスと学術研究の両方の視点から、数か月~半年間のプログラムでスキルアップを目指します。

 

(3)会員企業等へのインターンシップ派遣「INTERNSHIP」

学生や社会人などが興味を持った会員企業の現場で、一定期間働く仕組みを設けます。「大学×スタートアップ企業」で働き方の選択肢を広げたり、「ものづくり企業×研究機関」など、文化や風土が異なる環境で新たな価値観に触れ、イノベーションを生む契機を得ます。

 

(4)情報発信支援「MEDIA SUPPORT」

会員企業等の新商品やサービスなどの魅力を随時発信できる機能を設けます。専門家によってニュースリリースのアドバイスを行い、受け手に届く最適な切り口でのメディア露出を後押しします。

 
(5)コミュニティ連携「Cross Border」

コワーキングやインキュベーション施設など国内外の類似施設と連携し、様々なイベント開催や、施設の相互利用を行います。幅広い交流が可能となり、新たなコミュニティへアクセスすることができます。

 

3. 「ANCHOR KOBE」WEBサイト

 www.anchorkobe.com(外部リンク)

 ※料金プラン・プログラム詳細については、令和3年初頭に公開予定

 

4.  神戸市知的交流拠点プロジェクトの概要

場所:神戸市中央区加納町4丁目2番1号 (仮称)神戸阪急ビル15階

面積:約603平方メートル

開設時期:令和3年春

運営事業者:株式会社神戸新聞社・有限責任監査法人トーマツ共同事業体

URL :https://www.city.kobe.lg.jp/a14333/business/sangyoshinko/shokogyo/venture/newindustry/press/titekikouryukyotennboshu.html

 

5. 問い合わせ先

「ANCHOR KOBE」運営事業者(株式会社神戸新聞社 地域総研地域連携部)

電話番号:078-362-2270 メールアドレス:contact@anchorkobe.com

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

企画調整局医療・新産業本部新産業部新産業課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館23階