現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > STOP COVID-19 × #Technology  新型コロナウイルス対策のテクノロジーを持つ1社のスタートアップ採択決定 ~株式会社Helteと協働し、会話型コミュニケーションプラットホームの実証実験開始~

更新日:2020年5月22日

STOP COVID-19 × #Technology  新型コロナウイルス対策のテクノロジーを持つ1社のスタートアップ採択決定 ~株式会社Helteと協働し、会話型コミュニケーションプラットホームの実証実験開始~

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年5月22日)

起業・スタートアップ支援による神戸経済の活性化を目指す神戸市は、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、市民生活及び市役所内の業務において新たな課題の解決を目指し、全国のスタートアップから新型コロナウイルス対策となり得るテクノロジーや提案を募集しています。

この度、書類選考・WEB面談及び所管課との調整の結果、神戸市内在住外国人と日本語学習ボランティアほか市内高齢者をつなぐコミュニケーションプラットホームを提供する提案について1社を採択する決定(実証実験の開始)をいたしましたので、お知らせいたします。

covid

 

1. 5月22日 採択事業者・選定理由

株式会社Helte

テーマ:神戸市在住の外国人と日本語学習ボランティア等の高齢者らを、オンラインでつなぐ、会話型コミュニケーションプラットホームの実証実験

所管課:国際部国際課((公財)神戸国際協力交流センター)、福祉局高齢福祉課・政策課

選定理由:外出自粛に伴い休止した神戸在住外国人向け日本語教室受講者に日本語会話機会を提供するだけでなく、参画する高齢者がICTを使ったコミュニケーションに親しむとともに、外国人との会話による交流機会の創出が国際交流意識の醸成につながると認められるため

【実証実験イメージ図】

image

【実証実験参加者】

神戸市国際協力交流センター実施の日本語教室に登録している市内在住外国人及び日本語学習ボランティアと、しあわせの村シルバーカレッジ(休校中)の学生等神戸市内アクティブシニア

【実証実験内容】

(株)Helteが提供する「Sail」によるオンラインでの日本語コミュニケーションプラットホーム上で、日本語で対話する場を作り、市内在住外国人側の会話スキルの向上を図ると共に、日本人シニア側の生きがいづくりや国際交流意識の向上につなげ、さらにオンライン上のコミュニケーションスキルを向上させる。

【実証実験期間】

2020年5月22日:実証実験開始

2020年6月中 :参加者募集、アプリ使用開始

実証実験はアプリ使用開始から概ね3か月

 

2. 選定基準

 提案情報を事務局および市職員による書面審査を行った後、オンラインでの面談を新産業課を含む所管課で実施しています。なお、オンラインでの面談に際しては、「提案のスピード」「本事業への貢献度」、「事業の早期実現性」、「水平展開の可能性」、「業務遂行能力」を総合的に評価し、事業実施候補者として決定しました。

 

(参考)既に採択が決定している事業者
(1)株式会社Daft

テーマ:スモールビジネスのレスキューファイナンス支援「ハロトコ」

採択日:4月27日

 
(2)株式会社アプロ総研

テーマ:飲食店にキャッシュフローのサポート「CHEER UP!! RESTAURANTS!!」

採択日:4月27日

 
(3)K.S.ロジャース株式会社

テーマ:市民の生活基盤の情報提供サイト

採択日:4月27日

 
(4)株式会社CHARCOAL STARTER

 テーマ:早押しクイズアプリによるアクティブツメコミラーニング「はやべん」

採択日:5月4日

 
(5)「がんばろうKOBE-こどものおうちごはん応援プロジェクト」実行委員会

テーマ: 新型コロナウイルスの影響で休校期間が長引く子どもたちの 支援 と 、営業自粛中の飲食店の支援を、市民や事業者の寄付により実現

採択日:5月20日

 

(6)株式会社グルーヴノーツ

テーマ:ビッグデータの活用・分析により地域の実情に応じた感染防止や経済活動の維持に貢献

採択日:5月21日

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

企画調整局医療・新産業本部新産業部新産業課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館23階