現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年7月 > 京阪神連携のスタートアップ・エコシステムが国の「スタートアップ・エコシステムグローバル拠点都市」に選定されました!

更新日:2020年7月14日

京阪神連携のスタートアップ・エコシステムが国の「スタートアップ・エコシステムグローバル拠点都市」に選定されました!

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年7月14日)

神戸市は、まちの持続的な成長を実現するために、革新的なテクノロジーを駆使してイノベーションを創出するスタートアップの育成・集積に、他都市に先駆けて取り組んできました。

このたび、内閣府が進める「世界に伍するスタートアップ・エコシステム拠点形成戦略」に係る募集において、神戸商工会議所、兵庫県、神戸市、大学、民間組織等で構成する「ひょうご神戸スタートアップ・エコシステムコンソーシアム」が、大阪、京都の各コンソーシアムと連名で申請し、「グローバル拠点都市」に選定されましたのでお知らせします。

京阪神が連携することで、多様かつ力強いシナジー効果を発揮し、関西の将来、日本の将来を担う真の「グローバル拠点都市」の形成を目指していきます。

1.グローバル拠点都市について

国は、有識者と内閣府、経済産業省、文部科学省による選定委員会での審査の結果、グローバル拠点都市を全国で4か所選定しました。今後、政府、政府関係機関、民間サポーターによる支援が実施されます。

<国の支援内容>

①ランドマークプログラム(アクセラレーションプログラム)の実施

②世界への情報発信、起業家・投資家の招致の支援

③政府のスタートアップ支援の積極的な実施

④規制緩和の推進等

⑤民間サポーターによる支援

「世界に伍するスタートアップ・エコシステム拠点形成戦略」について

国が、日本の強みである優れた人材、研究開発力、企業活動、資金等を生かした世界に伍する日本型のスタートアップ・エコシステムの拠点の形成と発展をめざし、一定の集積、潜在力を有する都市において、地方自治体、大学、民間組織等が作成したスタートアップ・エコシステムの形成を推進する拠点形成計画を認定し、政府、民間サポーターによる支援を実施する取組。

参考URL: https://www8.cao.go.jp/cstp/openinnovation/ecosystem/index.html(外部リンク)

2.ひょうご神戸、京阪神の取組について

(1) ひょうご神戸の取組

ひょうご神戸スタートアップ・エコシステムコンソーシアムを通じて構成員のリソースを集結し、兵庫・神戸地域内から新たなビジネスを生み出しやすい環境を整えることで起業の裾野を拡大するとともに、神戸大学等と連携したスタートアップ人材育成支援や500 Startups Kobe Accelerator 、UNOPS GICなどと連携した海外起業家支援により、多様性のあるエコシステムの形成を図ります。

hyogokobe

(2)京阪神の連携した取組

京阪神の強みであるバイオ・ヘルスケア・ライフサイエンス・ものづくりや情報通信の分野を中心に、都市の枠を超えてそれぞれの共通点と強みを活かした資源や支援メニューの相互活用、情報発信を進め、優れた製品・サービスをスピーディ・継続的に生み出せるエコシステムの構築をめざします。また、スマートシティへの対応や大阪・関西万博の機会の活用についても京阪神一体となって取り組みます。keihanshin

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

企画調整局医療・新産業本部新産業部新産業課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館23階