現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2021年10月 > 「Urban Innovation KOBE」新商品の認定~ 行政が抱える課題を解決した「新サービス」をスタートアップから調達 ~

更新日:2021年10月6日

「Urban Innovation KOBE」新商品の認定~ 行政が抱える課題を解決した「新サービス」をスタートアップから調達 ~

ここから本文です。

記者資料提供(令和3年10月6日)

起業・スタートアップ支援による神戸経済の活性化を目指す神戸市は、スタートアップと市職員が協働して地域・行政課題を解決する国内初プロジェクト「Urban Innovation KOBE(アーバンイノベーション神戸)」を平成30年より実施しており、令和元年には「Urban Innovation KOBE」によって開発された新サービスを神戸市が随意契約にて調達できる制度を創設しています。
これまで4つのサービスを新商品として認定しており、今回、神戸市では新たに新商品として1件認定しましたので、お知らせいたします。

1.認定商品の概要・導入効果

商品名:FAQサイト(ナレッジセンサー)

概要:FAQの文章推敲・校正・メンテナンスだけでなく、市HPからFAQページへの導線改善といったコンサルティングサービスを付帯したFAQ検索システム。市民が知りたい情報を“探せる”“理解できる”FAQを提供。

導入効果:ネットモニターを対象に既存のFAQサイトと新商品であるナレッジセンサーを比較する実証実験を行い、約1700人のうち、8割以上がナレッジセンサーの方が満足度が高いと回答。また、使いやすさ、サイトの反応、分かりやすさの全ての設問において、新システムが上回っており、市民の知りたい情報を的確に提供することで、結果としてコールセンターへの問い合わせ削減が期待される。

2.認定企業情報

企業名:株式会社アスコエパートナーズ
代表者:安井 秀行
本社:東京都港区虎ノ門5丁目12ー13 ザイマックス神谷町ビル2F
事業:ユニバーサルメニューに関するコンテンツ、データベース、サイト構築支援事業、自治体コンサルティング事業 など
https://www.asukoe.co.jp/(外部リンク)


※Urban Innovation KOBEとは
柔軟な発想や優れた技術力を持つスタートアップと社会・地域課題を詳しく知る市職員が協働して最適な解決手法を見出し、サービスとして構築・実証までを支援する、国内自治体で初めての取組み。
神戸市が抱える課題テーマを提示し、その課題解決を目指すスタートアップやエンジニア、NPOなどを広く公募。選考により選ばれたチームと市の担当職員が、約4ヶ月間協働開発を行い、市民によるテスト利用や市役所業務の中での試行導入、実証実験を通じて、本当に活用される新たなサービス開発を目指しています。https://urban-innovation-japan.com/(外部リンク)

※新商品認定制度について
UIKnintei
地方自治法施行令第167号の2第4号「新商品の生産により新たな事業分野の開拓を図る者として普通地方公共団体の長の認定を受けた者」の規定を活用し、UIKによって新たに開発されたアプリやシステムを、神戸市が随意契約できる調達制度を令和元年11月創設。
調達に関する公平性と公正性を担保するために、外部有識者による審査会において、①課題への適合性、②価格の適正性について審査を行い認定しています。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

企画調整局医療・新産業本部新産業部新産業課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館23階